ファクタリング手法の徹底比較!2社間と3社間の違いは何?


ファクタリングには一般的に2社間ファクタリングと3車間ファクタリングという2種類の方法があり、どちらの方法が適切なのかと悩む方も多いのではないでしょうか。ファクタリングを利用する時にはこの2つのどちらの方法が適切なのかしっかりと理解しておく事が重要です。

 

1ファクタリングの基本

ファクタリングというのは売掛金を現金にかえる非常に便利な手段で、多くの企業がファクタリングを利用して資金獲得を行っています。資金獲得を行う時に皆さんに注意してもらいたいのが、自分の会社に負担をかけない資金獲得の有効活用です。ファクタリングは売掛債権をファクタリング企業に買い取ってもらい、一定の手数料を支払う事で売掛金の回収を行う仕組みのことです。ファクタリングを利用する時にはこの手数料に注目する事が非常に重要で、手数料の差は実は2社間ファクタリングと3社間ファクタリングで異なっている事が多いので、仕組みをしっかりと理解して利用する必要があります。

手数料以外にも審査の日数もファクタリングの仕組みによって変わってきます。ファクタリング企業の中には2社間ファクタリングや3社間ファクタリングなどのファクタリングのシステムの差によって支払いまでの審査の日数が異なっている企業がいくつかあり、ファクタリング 企業の都合までしっかりと理解しなければいけません。ファクタリング は非常に便利なものですが、仕組みを理解しなければ適切なファクタリング の利用ができなくなってしまいます。基本的な知識を身につけて利用する事が最も重要なのです。

 

22社間ファクタリングと3社間ファクタリング

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの基本的な知識を確認します。ファクタリングを行う時には自分の企業とファクタリング企業の2社間の間でだけファクタリング契約を結び、売掛金を支払う企業を介入させない2社間ファクタリングと、自分の企業とファクタリング企業、さらに売掛債務を負う企業の3社の企業を交えてファクタリング契約を行う3社間ファクタリングがあります。どのファクタリングも非常に便利で似ているものなのですが、なぜこのような差が出るのでしょうか。

この秘密はリスクにあります。2社間ファクタリングは売掛債務を負う企業が契約に関与しないので、どうしてもファクタリング企業にとって貸し倒れなどのリスクや支払いのがれなどのリスクが高くなっています。このため、ファクタリング企業としてはこのリスクを負う分、2社間ファクタリングの手数料を高くし、審査を相対的にみて厳しく設定する事があるのです。

3社間ファクタリングではファクタリング 企業から依頼をした企業に資金の支払いを行い、売掛金を直接売掛債務を負う企業から回収します。このため、支払いのがれなどのトラブルを回避する事ができますし、ファクタリング 企業にとっては相対的に安全です。このようなリスクの差があるので、手数料や審査の基準が3社間ファクタリング の方が緩やかに設定されているのです。

3 2社間ファクタリングにはメリットがある

それではなぜ、多くの企業が2社間ファクタリングを利用するのでしょうか。これは実は自社の経営状態を他企業に知られる事なく資金獲得ができるというメリットがあるからです。2社間ファクタリングでは自社とファクタリング企業のみでファクタリング契約を行い、支払われた売掛金を自分でファクタリング企業に振り込みます。このため、ファクタリング企業を利用する時に相手の企業に資金不足になっているのをバレる事なく取引を続ける事ができ、非常に大きなメリットがあるのです。

製造販売業などで、資金不足に陥っている事がバレてしまうと取引の縮小や取引リスクの懸念などデメリットしかありません。このような取引の形はファクタリングを利用する企業にとってありがたいやり方なので、2社間ファクタリングを利用する企業が多く、手数料を支払っても問題ないと考える企業がいるのです。

 

4ファクタリングは仕組みを理解して利用する

ファクタリング の手数料は2社間と3社間のファクタリングで異なっています。この点をしっかりと理解して利用しないと思っていた取引と違う取引を行うことになってしまいます。

ファクタリングを利用するということはある程度資金が不足している状態で、資金を獲得するのにニッチもサッチも行かなくなっているという状態の企業にとって他の企業に資金不足が悟られるのは非常にまずいことでしょう。

このような状態の企業が3社間ファクタリングを利用するのはあまり違反弾ではありませんし、何よりも経営にとってマイナス面しかありません。ファクタリングを利用したいと考えるのであれば、適切な知識を身につける必要があります。

申し込み・審査・支払いまでのスケジュール感の知識や手数料の知識だけでなく、ファクタリング のシステムの知識までしっかりと身につけてから、ファクタリング企業を探して見ましょう。