ファクタリング の方法を徹底比較!仕組みを理解しよう


ファクタリング を利用する時に理解しておきたいのがファクタリング の方法です。ファクタリングの企業は日本にいくつかありますが、しっかりと特徴を理解しなければ良い企業を選ぶことが出来ません。ファクタリング の仕組みを理解し、しっかりと企業の比較をして見ましょう。

 

1そもそもファクタリングとは

ファクタリンングというのはそもそも売掛債権を現金に帰る仕組みのことで、掛取引で発生するタイムラグを解消するのに役立つ仕組みです。ファクタリングを行うことで、売掛債権を現金に換えることができるので、資金不足に陥っている時にこのような売掛債権の換金を抑えることができるので、しっかりとファクタリングを利用できると資金獲得に役立ちます。

ファクタリングでは売掛債権をファクタリング企業に売却し、その後ファクタリング企業の審査を受け、支払いに至るのですが、この仕組みをしっかりと理解しておくと役立ちます。

ファクタリングの理解のためにも、まずは2種類のファクタリング の方法を理解しておきましょう。

2ファクタリング の仕組みを理解しよう

・2社間ファクタリング

2社間ファクタリング というのはファクタリング 企業とファクタリングを依頼した売掛債権を保有する企業との間のファクタリング です。ファクタリング 企業が審査を行った後に売掛債権の金額から手数料分を差し引いた金額を依頼した企業に支払う仕組みなので、売掛債権の金額全てが支払われるわけではありませんが、売掛債権が早期に支払われるというメリットがあるので、非常に魅力のあるファクタリング です。

売掛債務を保有する企業にファクタリングを利用していることがバレないので、非常に便利なものなので、近年利用している企業が増えています。

 

・3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは2社間ファクタリング と同じようにファクタリング 企業とファクタリング を依頼した企業、さらに売掛債務を持つ企業の3つの企業の間で契約を結ぶファクタリング です。

相手企業にファクタリングを利用する言葉バレてしまうのですが、相手企業の理解が得られると支払いがスムーズに進み、資金が円滑に流れていくので、こちらの仕組みも多くの企業が利用しています。

 

3 どちらのファクタリング もメリットとデメリットがある

2社間ファクタリング と3社間ファクタリングにはそれぞれ、メリットとデメリットがあり、お互いによく特徴を理解しておくことが重要です。

2社間ファクタリングはファクタリング 企業とファクタリングを依頼した企業との間に売掛債務を保有する企業が介在しないので、どうしてもファクタリング企業のリスクが高くなり、ファクタリング にかかる手数料が高い傾向にあります。確かに相手の企業にバレないのは大きなメリットなのですが、手数料というのは利用する企業にとって欠かせない注目ポイントです。

取引の審査も3社間ファクタリング よりもやや基準が厳しくなることがあるので、ファクタリング 企業よく相談しながらファクタリングを利用する必要があります。ファクタリングを利用する時にはまず、手数料と審査の厳しさ、審査日数を元に考える必要があります。しっかりと2社間ファクタリング について理解してから利用するようにしましょう。

3社間ファクタリング の特徴は何と言っても手数料が安いことです。売掛債務を保有する企業とファクタリング 企業がつながることでファクタリング 企業の保有する債権の安全性が高まります。このため、ファクタリング 企業が提示する手数料も安く抑えることができますし、審査の基準も低くなる場合があります。

ファクタリングはこの2種類の仕組みを理解しておくとうまく利用することができます。相手企業の合意が得られる関係なのであれば2社間ファクタリングではなくて3社間ファクタリングを利用するのもいい判断ですし、相手企業に秘密にしたままファクタリングを進めたい場合には手数料がかかりますが2社間ファクタリングを選ぶ必要があります。

ファクタリング には審査があるので、企業によってファクタリング 審査の厳しさや、条件が変わってきます。ファクタリングを行う上で、審査は非常に重要な要素になります。ファクタリングを利用する時によくおさえておきましょう。

4ファクタリング企業を選ぶ時に

ファクタリング企業を選ぶ時にもこの視点は非常に役立ちます。2社間ファクタリングと3社間ファクタリングでは手数料や審査基準が変わるので、どのような企業を選ぶのか迷った時に参考にするとうまく企業を選べます。

ファクタリング企業の中にはもともと銀行を母体にしていた企業もあるので、このような企業ではファクタリング の審査が厳しく、なかなかファクタリング の利用ができないことがあります。手数料や審査の日数だけでなく、母体となっている企業にも注目をすると非常に効率よくファクタリング の利用ができます。しっかりと知識をつけて利用を検討して見ましょう。