ファクタリング企業を比較検討!どの企業から選べば良いの?


ファクタリングは資金獲得に欠かせない存在ですが、しっかりと資金獲得の基本を理解しなければファクタリングを有効活用する事ができません。適切な資金獲得ができるようにまずはファクタリング企業選びの確認と、ファクタリング企業の比較をして見ましょう。

1ファクタリング企業選びの基本

ファクタリング企業を選ぶのはまず企業を比較する基本を理解する事です。しっかりと基本を理解する事ができるように、基準をいくつか理解しておきましょう。

・手数料
手数料というのは非常に重要な要素です。手数料というのは売掛金に対して発生するもので、一定の割合の手数料をファクタリング企業に受け渡すことになります。ファクタリング企業が売掛金から手数料分を差し引いた金額を支払ってくれるので、実際に差額を支払ったことになるのは支払われた売掛金をファクタリング企業に支払うタイミングになるのですが、この手数料の支払いは売掛金から支払われる金額に大きく影響を与えるので、しっかりと理解しなければ行けません。

手数料は2社間ファクタリングと3社間ファクタリングのどちらの種類になるのかで異なっていて、一般的に2社間ファクタリングの方が手数料が高額になります。2社間ファクタリングを利用しておくと相手企業に資金繰りの悪化を悟られなくて住むのですが、手数料に注意して利用しなければ行けません。

2社間ファクタリングは売掛先の企業がファクタリング企業と通じていないので、どうしてもファクタリング企業のリスクが高くなり、ファクタリングの手数料が高くなりがちです。しっかりと理解しておきましょう。

・審査日数
審査の日数も非常に重要です。審査日数をしっかりと理解しておくと役立ちます。ファクタリング企業に審査の申し込みを行ってから審査を受けることになるのですが、この審査の日数は非常に重要な要素です。

ファクタリングを利用すると資金獲得できるのですが、資金獲得にまで時間がかかりすぎてしまうと資金繰りに間に合わなかったり、審査から支払いまでの期日がさらにかかってしまい、どうしても資金が入らなかったりと様々なトラブルを経験する事が想定されます。

審査の日数をしっかりと確認しておくと企業選びに役立ちます。しっかりと確認しておきましょう。

・取り扱い債権の種類
取り扱い債権の種類にも注意が必要です。取り扱い債権の種類が合わないとファクタリングの利用が全くできなくなってしまうので、しっかりと確認する事が重要です。特に医療債権などの特殊な債権をファクタリングしたいと思うときにはこの項目を欠かす事ができません。合わせて取り扱い債権の金額まで確認すると利用できる企業を絞り込めるので、合わせて調べておきましょう。

2ファクタリング企業を比較してみよう!

ファクタリング企業を選ぶのは非常に悩ましいものだと思います。いくつかのポイントに絞って企業の比較をして見ましょう。

・手数料で比較!

手数料でファクタリング企業を比較してみるといくつかの傾向が見えてきます。三共サービスというのは日本でも比較的事業歴が長いファクタリング企業として知られています。この企業の手数料は5.0%が最低手数料と定められていて、取り扱い手数料としては比較的安価な部類に入るでしょう。一方、トップ・マネジメントという企業では最低取り扱い手数料が1.0%と取り扱い手数料が定められているので、非常に条件としてはいい企業に見えるかと思います。しかし、ファクタリング事務手数料がかかるのですが、この金額が公表されていません。この企業の手数料が実際にどれくらいかかるのかは全くわからないので、事前に注意しておくといいでしょう。

・審査日数

審査日数が短いので有名な企業はPMGファクタリングです。繰り込みでもスピードの良さが特に指摘されているので、安心できる対応が得られる企業でしょう。ビートレーディングという企業では資金化までのスピードが非常に早く最短で即日の資金獲得ができる企業なのですが、最低取り扱い金額が100万円以上からなので、少額の取引を行なっている企業には向かないかもしれません。また、ビートレーディングは取引手数料が公開されていないので利用にやや不安を感じる事があるかもしれません。

 

いかがでしょうか。企業によって実はそれぞれ特徴が異なっていて、しっかりと精査しないと企業選びができません。知識を身につけて企業を選ぶようにしましょう。

 

3ファクタリングは非常に重要

ファクタリングはこれからの経営に欠かす事ができない重要な資金獲得法です。しかし、ファクタリングを利用するときに必要な知識をしっかりと整理しなければ企業を選ぶ事ができません。

ファクタリング企業は資金獲得で活躍してくれますが、最近は悪質なファクタリング企業も数多くあるので、注意が必要です。しっかりと納得のいく企業選びができるように、ファクタリング全体の知識やファクタリングに関する実情をしっかりと考えながら利用していきましょう。