ベンチャーキャピタルの利用ってどう?契約をしても良いの?


ベンチャーキャピタルは非常に頼りになる存在でしょう。しかし、しっかりと経営のポイントを理解しなければ契約をする時に不利になってしまうことがあります。資金獲得はできたのに、会社にメリットが無いのであれば非常に辛いものです。ベンチャーキャピタルとの契約の前に知っておきたいポイントについて適切な理解を深めておきましょう。

 

1投資契約は結んでも良いの?

株式公開を目指す起業家にとって欠かせないのがベンチャーキャピタルの投資です。一度に多くの資金を獲得できるので、これから株式会社として成長を遂げたいと考える時には非常にありがたい存在でしょう。

しかし、ベンチャーキャピタルの投資には契約が欠かせません。このような契約というのはあまり企業にとって頻繁に起こるものではなく、弁護士でも専門分野が異なっていると契約の内容が全くわからないということもありえるので、注意しなければいけません。

ベンチャーキャピタルから投資を受けるということを考えるとよくわかると思うのですが、実は契約を結ぶタイミングで一見お互いに利益があるような条件の提示に見えても、実際に経営を進めていくと著しく企業にとって不利益になるような契約を結ばなければならないようなトラブルも起こり得ます。

投資に関する契約の知識がない段階で契約を結ぶのは非常に怖いものだと思います。契約書のどのようなポイントに注目すべきか適切な知識を身につけるようにしましょう。

2契約の基本を知ろう

民法という法律に則って契約を結んだり、会社法や商法という法律の内容をもとに契約を結ぶのがベンチャーキャピタルの契約なのですが、この時に注意しておきたいいくつかのポイントがあります。一般的な契約書にある内容をもとにしっかりと考えていきましょう。

・契約に無理はないのか?
まず、契約に無理がないか確認しておくことが必要です。よくある例では訴訟を起こさないといった問題です。何らかのトラブルが起こったとしても訴訟を起こさずに解決を迫るような文言がある場合には契約書からの削除が必要になり、このようなトラブルを回避するためにも、あらかじめ契約書にしっかりと目を通すことが求められます。

この他にも、資金管理や企業の人事にどれだけベンチャーキャピタル企業が関与するかといった内容も注意が必要です。あまりにも無茶な要求を突きつけられた時にはこのような手段を取ることなく、しっかりと契約を跳ね返す努力が必要です。

・株式の買取条件

株式の買取に関する契約も重要です。株式の買取が発生する条件があまりにも不利な場合には契約を見送った方が良い場合が往々にしてあります。些細な問題でベンチャーキャピタルが保有する株式を買い取りするような条件があるとそれだけで非常に不利になってしまいます。資金の確保や資金管理に抵触してしまうので、注意するようにしましょう。

 

・役員の選任に関する条件に注意

役員の選任に関する条件にも注意が必要です。役員の選任権までベンチャーキャピタル企業に明け渡してしまうと、相手に都合の良いメンバーだけを選定されてしまい、ひどい場合には会社が気づかぬ間に乗っ取られてしまうというケースも考えなければいけません。会社の役員を選定する時にベンチャーキャピタルに過大な選定権を与えてしまうのは考えものです。ベンチャーキャピタル企業の支配の程度を弱めておきたい場合にはしっかりと争う必要があり、ベンチャーキャピタル企業の要求を受け入れない強い姿勢を持っておきましょう。

 

いかがでしょうか経営を考えるためにベンチャーキャピタル企業を利用するのは非常に良い判断かもしれませんが、しっかりと適切な知識を身につけなければ適切な経営ができなくなってしまいます。ベンチャーキャピタルは頼りになる存在ですが、利用には注意が必要です。徹底的に冷静な視線で資金獲得ができるように、あらかじめ注意しておきましょう。

3ベンチャーキャピタル以外の資金獲得も併せて考える

ベンチャーキャピタル以外の様々な方法を考えながら資金獲得を考えて行くことは資金獲得の基本です。必ずしもベンチャーキャピタルだけが資金の提供さきとは限りませんし、そのほかの手段をしっかりと活用しなければ資金獲得にデメリットしか得ることができません。

適切な資金獲得ができるように、まずはベンチャーキャピタル以外にファクタリングや銀行の融資を考えてみると良いかもしれません。特にファクタリングはバランスシートにダメージを与えることなく資金獲得を行う方法なので、短時間で資金繰が改善する方法として知られています。もちろん、手数料という問題もあるかもしれませんが、この手数料というデメリット以上に資金獲得にはメリットがあります。

資金が不足したからといってベンチャーキャピタル企業だけが唯一の道と考え込んで契約を結ぶのは適切な判断ではありません。しっかりと冷静な判断のもとに資金獲得を目指しましょう。