ファクタリング企業の徹底比較!知っておきたい注目ポイント


日本にはファクタリング企業が数多くあり、どのような企業を選ぶといいのか迷ってしまう方も多いかもしれません。いくつかの企業を比較してみると企業の特徴が見えてくるかもしれません。一度企業を徹底的に比較してみましょう。

1ファクタリング企業は選び方が重要

ファクタリング企業を選ぶときにはまず、企業をしっかりと選ぶことが重要です。ファクタリング企業を選ぶにはまず、手数料・審査日数・取り扱い債権の金額の3つを条件にして企業を選定することが重要で、この基準をしっかりと考えなければファクタリング企業を選ぶことができません。

手数料の金額は近年徐々に低率になりつつあるものかもしれませんが、やはり売掛金が目減りしてしまうので、しっかりと手数料に注目しておくことは非常に重要です。

また、資金を急ぎで確保したいと思っているときには支払いまでの期間に注目することも非常に重要です。ファクタリング企業を選ぶ上でこのような基準を設けずに企業を選ぼうとしてもあまりにも企業が多すぎてメリットは多くありません。適切な企業選びができるように、しっかりとファクタリング企業を選ぶ基準を理解しておきましょう。

2ファクタリング企業を比較!

いくつかの日本を代表するファクタリング企業を徹底的に比較してみたいと思います。企業の背景や企業の情報を理解すると企業の特徴が見えてきます。しっかりと情報を整理して企業を診断するようにしましょう。

・三共サービス

三共サービスは東京に事務所を構えるファクタリング企業で、2社間ファクタリングや3社間ファクタリングのどちらにも対応しているファクタリング企業です。

三共サービスの特徴は最短2日の資金の支払いが可能というスピード感のあるファクタリングとファクタリング手数料の下限の手数料がやすいことです。

資金化までのプロセスが早いのは急な資金不足にとって非常に嬉しいポイントです。三共サービスは2社間ファクタリングでは5%が最低手数料と定められていて、ファクタリング企業としては比較的一般的な金額です。

3社間ファクタリングは1.5%の手数料が下限に設定されているので、利用のハードルは非常に少なくなっています。

最高取り扱い金額が3000万円なので、比較的小規模の取り扱い金額の売掛金に向いていると言えるでしょう。

・ビートレーディング

ビートレーディングは取り扱い債権の種類の多さが非常に特徴です。取引のスピード感も非常によく、最短で即日の着金が可能な企業として非常に大きな魅力があります。

手数料も1.5%〜3.0%と非常に低く抑えられているので、利用のハードルは非常に低く抑えられています。取り扱い金額は最大で3億円までの買い取りが可能なので、非常に便利な企業でしょう。

300万円以下の売掛金であれば即日着金も可能なので、しっかりと書類を揃えて審査に臨むのが一番理想的でしょう。

書類のやり取りは直接持ち込みだけでなくメールでの送信や郵送でも受け付けてもらえるので、あらかじめしっかりと準備をしておくといいでしょう。

・トップ・マネジメント

トップ・マネジメントファクタリングの特徴はサービスの良さにあります。全国対応で、個人事業主も利用可能なファクタリング企業として知られていて、長期に渡って支払い待ちになっている売掛金の応対もしてくれます。手数料は1.0%からと定められているのですが、審査の手数料が非常に低く抑えられているとの口コミも見受けられるので、問題なく利用することができるでしょう。

・JTC

JTCファクタリングは信頼性の高いファクタリング企業として知られています。スタッフの対応能力も高く、非常に好印象を抱ける企業と言えるでしょう。しかし、他の企業に比べて資金の支払いまでの期間が長くなるのが懸念材料の一つで、スピード感のあるファクタリングを求める場合には他の企業の方がいいかもしれません。

個人情報保護に関する国際規格の認証を得ているので、信頼できる企業ということができます。審査の基準も他の企業に比べたら厳しめの基準になっているので、注意が必要です。

JTCの方針として債権の金額が最低100万円以上、年商7000万円以上の企業を対象に取引を行っているので、少額の取引にはあまり向きません。しっかりと注意しておくように心がけておきましょう。

3ファクタリング企業は情報が命

ファクタリング企業を選ぶのは非常に難儀することだと思います。手数料も違いますし、中には手数料が公開されていない企業も数多くあるので、どのような企業にするのか非常に頭を悩ませることだと思います。

ファクタリング企業の情報を集めるにはやはり統一基準を設けてしっかりと選別することが重要です。いくつかの企業の候補が得られたらあとは個別のホームページの情報を見てどのような企業にしようかと選ぶだけで住むので、ファクタリングを利用する前にはこのような情報の精査が非常に重要になります。適切な企業選びができるように、しっかりと情報を集めるようにしてきましょう。