ベンチャーキャピタルの選び方!知っておきたい分析法


ベンチャーキャピタル企業は日本に数多くありますが、その選び方というのは非常に難しいものかもしれません。ベンチャーキャピタル企業を満足行くように選ぶためにはベンチャーキャピタルの分析が非常に重要です。ベンチャーキャピタルの利用を円滑に進めることができるよう、しっかりと分析手法を身につけておきましょう。

1ベンチャーキャピタル企業とは

ベンチャー・キャピタルとは、ベンチャー企業や中小企業などの小規模な企業の株式などを引き受けたり、株式公開のタイミングに合わせて株式を保有することによって企業に投資をする企業です。ベンチャーキャピタルは様々な経営母体からなっていていて、このベンチャーキャピタルがどのような背景、どのようなファンドから資金調達を行っているのか、どのような企業に投資を行う傾向があるのかをしっかりと理解しておかなければいけません。

ベンチャーキャピタルはキャピタルゲインを得ることで利益を確保している企業です。このため、投資を受けることで資金獲得はできますが、その性質を理解しなければ納得の行くような経営ができなかったり、そもそも資金獲得自体ができなくなってしまう可能性すらあります。しっかりと適切な経営を行うためにもベンチャーキャピタルの行う投資の性質や、ベンチャーキャピタル企業自体の性質をしっかりと理解しておくことは非常に重要なものなのです。

ベンチャーキャピタル企業の中にはハイリターンを狙ったハイリスク投資を行う企業もありますし、中には安全な投資しか行わない企業もあります。どちらにせよ投資先企業の価値を高め、株式を向上させることが目的なのですが、その性質を理解しなければ経営に支障をきたしてしまうので、よく理解しなければいけません。

しっかりとベンチャーキャピタル企業の性質を理解して、投資を受けることができるように、基本を理解しておきましょう。

2ファンドの母体を理解する

ベンチャーキャピタル企業を理解するためにはまずファンド形成の母体を理解しておくことが非常に重要です。ファンドというのは企業や一般投資家が資金を提供しあってできる集団のことで、ファンドの資金を運用するのがベンチャーキャピタル企業です。ベンチャーキャピタル企業は主にコーポレートベンチャーキャピタル・政府系ベンチャーキャピタル・大学系ベンチャーキャピタル・独立系ベンチャーキャピタルに分類されていて、近年ではさらにその多様性が増加しています。

コーポレートベンチャーキャピタルはファンド形成・出資・ベンチャー企業への接触と審査・投資・育成支援・イグジット・資金の回収・分配などを行ういわゆるベンチャーキャピタル企業のイメージ通りの企業で、ベンチャーキャピタル企業といえばコーポレートベンチャーと考えても問題ないでしょう。

大学系ベンチャーキャピタルは産学連携に強く、大学で開発した新技術や新知見を新たに世の中に広めるためのベンチャーキャピタル企業です。資金獲得をする上で大学などの母体に所属している団体であることが条件になったり、大学と連携をしている企業に投資を行うことがあらかじめ決められていることが多いので、利用をするハードルは高いでしょう。

政府系ベンチャーキャピタルは主に中小企業支援や地方創生というメリットを高めるために行われているベンチャーキャピタルです。

最近では独立系ベンチャーキャピタルというベンチャー企業の独立支援を目的にしたベンチャーキャピタル企業もあるので、これから起業を考える時に利用するといいかもしれません。

3企業の母体に要注意!

ベンチャーキャピタル企業の経営母体は非常に注意が必要なポイントです。ベンチャーキャピタル企業は資金提供の母体になっているファンドに利益の提供を行う必要があるので、資金を提供してもらった後にベンチャーキャピタルの都合だけでなく、ファンド形成をしている投資家にの都合などを考えながら企業の経営をしなくてはいけません。

このため、金融機関などが母体になっているベンチャーキャピタルから資金提供を受けようとする時にはベンチャーキャピタルの審査が厳しくなる傾向があり、投資を受けた後のベンチャーキャピタル起業からの関与も非常に強くなります。

ベンチャーキャピタル企業にはファンド形成者に利益を還元するという役割がある以上、どうしてもベンチャーキャピタル企業には責任がつきまといます。しっかりとベンチャーキャピタル企業が負っている立場を理解して、必要な資金獲得をすることが重要です。

このため、ベンチャーキャピタル企業から投資の話が出てきた時には投資の契約の内容を確認し、自社の独立性がどれだけ高まっているのかを理解しておくと役立ちます。

自社の経営を守り、企業としての独立性を保ちながら企業成長ができるように、しっかりとベンチャーキャピタル企業の分析を続け、付き合い方を考えて利用するようにしましょう。