ベンチャーキャピタルの申し出を受けるメリット


ベンチャーキャピタルの申し出を受けるのは本当にメリットになるのかどうか多くの企業が迷う事だと思います。ベンチャーキャピタルの特徴やベンチャーキャピタルのメリット・デメリットを理解しなければ適切なベンチャーキャピタルの利用をする事ができません。しっかりとベンチャーキャピタル企業の利用を判断する事ができるように適切な知識を身につけておきましょう。

1ベンチャーキャピタル企業の利用に要注意

ベンチャーキャピタル企業というのは多くの投資家や金融企業などから資金を集めるファンド形成を行い、ファンドによって作られた資金を元にベンチャー企業や中小企業の株式を保有する企業の一つです。

株式保有をする事で企業に資金提供を行うので、企業からすると資金提供をしてくれる非常に頼りになる存在だと思います。ベンチャー企業などからするとこれから資金提供をしてくれる非常に頼りになる存在だと思いますし、株式企業として成長を遂げる上でこの企業の存在を欠かす事ができません。

ベンチャーキャピタル企業は株式を保有す事で株式の値上がり益であるキャピタルゲインを得る事ができ、この資金をファンド形成者に分配する事で利益を提供しています。このようなベンチャーキャピタル企業の特徴をよく理解し、適切な企業経営をしておくように心がけておきましょう。

 

2ベンチャーキャピタルからの申し出

ベンチャーキャピタルから投資の申し出があったときにどのように応対するのが良いのか迷うかもしれません。ベンチャーキャピタル企業から資金提供を受ける事ができると多くの資金を手に入れる事ができるのですが、実は注意しなければいけないデメリットもいくつかあります。

ベンチャーキャピタル企業は株式を保有する事で企業に投資を行うので、実は保有される株式の分量によっては投資先の企業の自由度が著しく低下してしまい、最終的には企業の思ったような運営ができなくなってしまう事があります。このような自体を避けるためにはまず、申し出を受けたときに適切な対応を下す事が非常に重要です。しっかりと基本を理解しておきましょう。

 

3申し出が来たら契約内容にこだわる!

ベンチャーキャピタルからの投資の依頼がきたときにはまず、契約の内容についてしっかりと精査していく事が非常に重要です。投資をしてくれるのはありがたいかもしれませんが、企業経営の自由度が大幅に失われてしまうのは非常に厄介なもので、どうしても企業の自由度が失われてしまうと経営に際して困ってしまうはずです。

契約書の内容で特に注意したいのが、実現不可能な要求が含まれているかどうかです。トラブルが起きた際の訴訟の応対や、問題が発生した際の資金引き上げの条件、このほかにも経営に際してどれだけの拘束を与えてくるのかなど、幾つもの注意点があります。

特に、ベンチャーキャピタル企業に所属する社員がどのように経営支持に関与してくるのかをしっかりと注意しなければ経営をうまく進める事ができなくなってしまいます。

ベンチャーキャピタル企業から経営に長けた社員を派遣してもらえる事で企業の経営状態が改善し、大きく企業が成長するというメリットがあるのですが、やはり今まで精力的に続けてきた事業を途中で断念しなくてはいけなくなってしまったり、企業の意向を全て変更しなくてはいけなくなります。

もちろん、ベンチャーキャピタル企業の裏にはファンドの出資者がいるので、利益をファンド形成者に還元しなければいけないので、このような事態に陥ってしまうのはどうしても避けられない側面もあります。

ベンチャーキャピタル企業を利用するときにはまず、ファンドが裏側にあり、出資者に利益を還元しなければいけないという立場を踏まえて契約に望む事が重要です。完全に投資を受ける側の意向だけを押し通すことは得策ではありません。ベンチャーキャピタル企業の立場も踏まえ、妥協できる点は妥協し、しっかりと契約に臨む事が出来るようにきちんと交渉を重ねて投資を受け入れるようにして行きましょう。

4資金不足でも過度な妥協はしない

ベンチャーキャピタル企業の投資はメリットだけでなく、デメリットもあるものですが、資金不足に陥っているときにはこのような事を考える余裕がない事があるのも事実です。しかし、このような資金不足の時にこそ、過度な妥協をしてはいけません。

妥協を繰り返してしまうと自分の企業にとって不利になる契約を結ぶことになり、企業としての特徴を失ってしまったり、予想しない方向に企業が向かってしまいます。このためにはある程度資金不足に陥っても回復する他の手段を講じておく事が非常に重要で、資金不足を補うような手段を身につけておくと役立ちます。

ファクタリングや手形の割引は非常に便利な資金獲得手段なので、ベンチャーキャピタルとの交渉を進めている間も資金獲得の材料として利用する事ができます。ファクタリングは特に最近広がりつつある資金獲得法なので、しっかりと有効活用して経営に活かして行きましょう。