ファクタリングの導入|利用の流れを徹底的に解説


資金調達する時の一つの方法として大いに注目されているのが、ファクタリングです。融資ではない資金調達なので、比較的多くの企業が気軽に導入しているのです。

ファクタリングを利用したことがない企業もまだまだあると思います。今回はファクタリングの利用の流れについて簡単に説明していきます。それほど難しい内容ではないので、こちらをチェックしたら導入したくなるかもしれません。

 

ファクタリング利用の流れ~2社間取引~

・売掛金が発生する

・ファクタリングの利用を検討する

・ファクタリング業者へ問い合わせを実施する

・ファクタリング業者の審査を受ける

・審査突破

・売買契約を締結する

・お金を受け取る

・売掛金を回収する

・ファクタリング業者へ支払う

 

ファクタリング利用の流れ~3者間取引~

・売掛金が発生する

・ファクタリングの利用を検討する

・ファクタリング業者へ問い合わせを実施する

・ファクタリング業者の審査を受ける

・審査突破

・売買契約を締結する

・売掛先へファクタリングの利用が通知される

・お金を受け取る

・売掛金は売掛先からファクタリング業者へ直接入金される

2社間取引と3者間取引では若干異なる部分があります。
まず売掛先企業への通知の有無です。2社間取引に関しては売掛先に一切通知がありません。売掛先に知られることなく利用できる、とのメリットがあるわけです。
3者間取引に関しては、売掛先へ売掛金譲渡の通知がされます。ファクタリングを利用したことが発覚してしまうのです。資金難であることが取引先に知られてしまうわけですが、3者間取引のほうが手数料は低い、といった特徴があります。

もう一つの違いがファクタリング業者への入金です。
2社間取引に関しては売掛先から自社がまずはお金を受け取ります。そのうえで自分がファクタリング業者へ支払いを実施するわけです。支払いという部分では多少手間がかかってきます。
3者間取引については、売掛先から直接ファクタリング業者へ振込が行われます。入金手続きという面では特にすることはないわけです。

以上の2つが2社間取引と3者間取引の手続きにおける違いとなっています。

 

ファクタリング利用の流れを個別に解説

・売掛金の発生について

基本的に企業間取引の場合は掛売となります。ですから売掛金については常時社内にある、といった状態になっているはずです。

その売掛金をファクタリング業者に査定してもらい、買い取ってもらうことになります。

・ファクタリング業者探しについて

ファクタリング業者を探す、ということを難しいと感じている方もいるかも知れません。
探す方法としては2つあります。

①自分で直接業者を探す
②仲介業者を利用して探す

前々から気になっている業者があるのであれば、自身で直接的に探して申し込みを行ってみましょう。数多くの業者が参入しているので自分で探すのは難しいかもしれませんが、いくつかの業者をピックアップして手数料などで比較してみることもおすすめです。

「どんな業者があるのか全くわからない」
「はじめてのファクタリング導入である」

上記のようなケースが仲介業者を利用するのがおすすめです。
ファクタリング業者を紹介してくれるサービスを実施しているところもあり、そちらを利用することで自社にマッチした業者を選んでくれるのです。
仲介業者ですが基本的に無料で利用できます。

・ファクタリングの審査について

審査は自社と売掛先の療法に対して実施されます。
2社間取引の場合は、自社も審査に大きく関わってきます。
一方で3者間取引の場合は、主な審査対象は売掛先なのです。

2社間取引の場合ですが、一度売掛先から入金したものをファクタリング業者へ振り込みます。ですから自社の信用というものも審査に関わってくるわけです。ファクタリング業者としてもしっかりと振り込んでくれるか心配なので、依頼している会社の審査にも力を入れてきます。

3者間取引の場合は、支払いに関して基本的に自社は関わりません。売掛先からファクタリング業者へ直接的に入金されるシステムになっているからです。だからこそ審査の中心は売掛先となります。

・審査にはどれくらいの時間がかかってくるのか?

申し込み時間にもよりますが、最短即日対応しているところもあります。ファクタリングの導入は時間的にもメリットが有るわけです。

入金についても翌日に対応してくれるところが少なくありません。急な資金難といった状況にも、ファクタリングで対応できるのです。

・ファクタリング業者への支払いについて

融資ではないので返済は必要ありません。
しかし売掛金が入金したら、そのお金をファクタリング業者へ振り込まなければなりません(3社間取引のケース)。

問題は資金の回収ができなかった場合です。売掛先が期日になっても振り込んでくれない、というケースはありえます。

資金の回収ができなかった場合に大きく関わってくるのが「償還請求権」です。

・償還請求権ありのケース・・・回収できなかったとしても支払わなければならない
・償還請求権なしのケース・・・回収出来なかった場合は支払う義務なし

償還請求権なしの契約のほうが安心である、ということは覚えておきましょう。