中小だけではない!?大企業も活用するファクタリングとは


ファクタリングを利用する会社がどんどんと増えています。いままでは資金力のない中小企業の多くが利用していたのですが、最近では大企業の取り入れるようになりました。

こちらではそもそもファクタリングとはどういったものなのか、さらになぜ大企業がファクタリングを導入しているのか、という点について解説します。

ちなみに大企業に関しては自社がファクタリングを導入するわけではありません。しかしファクタリングと大企業は密接に関わっているのです。大企業とファクタリングの関わりについて明らかにしていきますね

 

ファクタリングとは?

・売掛金の現金化である

売掛金ですが、期日が来なければ決済されません。期日が来たら売掛先より入金があるわけです。

売掛金は入金されるまでに一定の期間がかかってしまいます。現金決済のようにすぐにお金が手に入るわけではありません。一定のタイムラグのようなものが発生してしまうのです。

売掛金の入金までの期間ですが、だいたい1ヶ月から2ヶ月といったところです。その1ヶ月から2ヶ月といった期間であっても、資金繰りが悪くなっている起業にとってはきついわけです。売掛金が決済されるまでに、資金がショートしてしまうかもしれません。

そこでファクタリング業者に対して売掛金を購入してもらうわけです。1ヶ月先や2ヶ月先に入金する予定であった売掛金がすぐに決済されることになります。資金繰りが改善する、といった効能を発揮するのがファクタリングです。

ファクタリングには2種類ある

「2社間取引」と「3社間取引」の2つのファクタリングがあります。
2社間取引と3社間取引ですが、主に入金スタイルの違いを指しています。

2社間取引は自社で一度売掛金を売掛先から受け取ります。そのうえで、ファクタリング業者へ支払うわけです。
3社間取引は、売掛先から直接ファクタリング業者が売掛金を回収します。

要は、2社間は入金した売掛金の支払いに自社を挟むわけですが、3社間取引は自社を挟みません。よりシンプルな内容となっているのが3社間取引なのです。

ちなみに手数料に関しては3社間取引のほうが有利となっており、より多くの資金を獲得できます。

 

大手が導入しているファクタリングとは?

・大手がファクタリングをしているのではなく下請けに利用を勧めている

大手自体がファクタリングを導入して、売掛金の早期現金化をしているわけではありません。大手が下請けの企業に対してファクタリングの利用を促しているのです。

以前の大企業の多くは、約束手形で代金を支払っていました。しかし売掛金の支払いにシフトをし始めているのです。約束手形の発行は大企業にとって大きな負担となっていました。その負担を取り除くために売掛金へと移行しているのです。

下請けの中小企業は、以前であれば銀行に約束手形を持ち込んで割引をしてもらっていました。約束手形を元に資金を融資されるので、資金のショートを避けられていたわけです。しかし約束手形ではなく売掛金が発行されるようになるとい、割引利用はできません。売掛金担保融資というものもありますが、手形割引とは内容が異なっているので利用しづらいのです。

そこで出てきたのがファクタリングです。ファクタリングは売掛金を業者に買い取ってもらうもののことを指しています。最短で即日現金化も可能となっているのです。
大企業としても下請けに潰れてしまっては困ります。そこでファクタリングを利用するようにおすすめしている状態というわけです。

ちなみにファクタリングは融資ではありません。手数料は発生しますが、利息金が発生することはありません。場合によっては5%以下の手数料で利用できることもあるほど優秀なものなのです。

・大企業が約束手形の発行をやめたい理由

①発行はコストがかかるから
②作成に手間がかかるから
③管理が大変だから
④強い効力を持っているから

【約束手形とコスト】
コストの問題があります。約束手形には印紙を添付する必要があります。添付する印紙代だけでも、大企業となるとかなり大きな金額になってしまうのです。コストカットをするためにも約束手形の発行をやめたいのです。

【約束手形の手間】
約束手形は生成にそれなりの時間がかかってしまいます。
大きな企業であると、その約束手形をかなり多くの数を生成しなければなりません。時間的なロスがあるからこそ、約束手形の発行をやめたいのです。

【約束手形の管理】
約束手形ですが、企業にとってはかなり需要なものです。重要なものであり、しっかりと管理しなければなりません。
誤った管理をしてしまうと、後々大きな問題に発展してしまうのです。
維持管理に手間がかかる、という部分も大企業が売掛金に移行したい理由に入ってきます。

【約束手形の効力】
約束手形ですが売掛金よりも強い効力を持っています。
下請け企業としても、大手に対して入金を強く促せるものなのです。
しかし売掛金に関してはそれほど強い効力を持っているわけではありません。下請けの力を削ぎたいがために、売掛金にシフトし始めている、といった見方も可能です。