【経営者必読】ファクタリングって違法なの?合法なの?


ファクタリングは売掛金を売却して早期の現金化をするものです。経営者の方にとっては馴染みのある言葉かもしれませんが、全国的に広まっているとは言えません。

「ファクタリングは違法なのでは?」といったことも囁かれているのです

実際のところ、ファクタリングは合法なのでしょうか?それとも違法なのでしょうか?

ファクタリングは安心・安全に利用できるものであるかを徹底解説します。

 

ファクタリングは合法!

・100%合法なので安心して利用しよう

ファクタリングについては一切の違法性はありません。
正式に認められている金融取引の一つとなっているのです。違法であると思って利用を避けていた、という方も多いと思います。しかし利用しても何かしらの咎めを受けることはありません。

合法である証拠にファクタリングを専業としている業者も数多く存在しているのです。しかもインターネットなどで大々的に宣伝しているケースもあります。

仮に違法性があるサービスであったとしたら、大々的に宣伝はできませんよね。すぐに取り締まりを受けて営業停止にされてしまうはずです。処分を受けていないからこそ、長くファクタリング事業を続けられるのです。

 

クレジットカードの現金化は違法!ファクタリングとクレカ現金化の違いとは?

・そもそもクレジットカードの現金化とは?

クレジットカードにショッピング枠とキャッシング枠があります。キャッシング枠に関しては現金を借りるためのものです。一方でショッピング枠に関しては、買い物をするためのものです。

キャッシング枠を使い切ってしまえば、もうクレジットカードで現金は借りられません。そこで目をつけられたのがショッピング枠です。

ショッピング枠を使って現金化業者から何かしらの商品を買ったとします。ボールペンでも鉛筆でもよいのです。その価格を10万円とします。クレジットカードを利用して購入したら利用者に対して現金化業者は80,000円などを支払います。のちのち現金化業者は10万円を受け取ることになるので、今回のケースであれば約20,000円が利益となります。これがクレジットカードショッピング枠現金化のシステムです。

・なぜクレカ現金化は違法でファクタリングは合法なのか?

クレジットカードのショッピング枠の現金化ですが、そもそもショッピング枠はお金を得るために利用するものではありません。買い物やサービスを受けるために利用されるべきものです。クレジットカード業者としても、商品の購入やサービスを受けることを想定してその枠を設定しています。
想定したものと違う利用をする、ということが問題なのです。そもそもクレジットカード会社は規約でショッピング枠の現金化を禁止しています。利用すれば違法の前に規約違反ということでカードを強制解約されていまいます。

一方でファクタリングは1ヶ月後や2ヶ月後に入金される売掛金を売却して早期に現金化するものです。もともと現金に変えるものであり、それを売却したに過ぎません。
そもそも売掛金自体は自社で保有しているものです。資産の一種なので、その資産を売却する、という権利は会社に存在しています。
例えば有価証券も資産ですよね。商品も資産です。不動産も資産です。それらを売却することは禁止されているでしょうか?禁止されていませんよね。
売掛金も資産であり、売却に関しては法によって制限されることはありません。よって違法性は皆無なのです。

 

ファクタリングを国が推奨しているってホント?

・本当です

ファクタリングは国でも推奨しています。
特に中小企業に関しては、資金力があるわけではありません。ちょっとした景気の変動で資金難になってしまうのです。しかも銀行も貸し渋りを行ってくる可能性があるので、倒産してしまうケースも珍しくありません。

国としても倒産されてしまえば元も子もありません。利益を上げてしっかりと税金を収めてもらいたいのです。
そこでファクタリングを推奨しています。ファクタリングであれば、一時的な資金難であれば解消できます。しかもローンではないので、返済で自社の首を絞めるということもないのです。比較的安全性の高い資金調達方法としておすすめされているのが現状なのです。

 

ファクタリングが違法になるケースとは?

・保証人や担保を要求された場合は注意しよう

ファクタリングについては、無担保・無保証人で利用できるものです。
そもそもファクタリング業者の多くは貸金業の許可をとっていません。許可をとっていなくてもファクタリングの事業はできるのです。

一方で一般のローンの中には保証人や担保を求めてくるケースがあります。担保や保証人を求める行為ですが、実は貸金業法に関連してくるのです。貸し金業というくくりになるので、貸金業の許可をとっていなければなりません。

仮に貸金業の許可をとっていない業者がファクタリングで保証人や担保を要求してきたら違法、となるわけです。