売掛金の有効活用方法~ファクタリングの具体例とは~


売掛金の新たな利用方法として大いに注目をされているのが「ファクタリング」です。しかし馴染みのない経営者の方も多いかもしれません。

そこで今回はファクタリングの具体例についてお話します。どういった場面での活用がおすすめなのでしょうか?

ファクタリングの具体的な使い方が知りたい、という方は必見です。

 

ファクタリングの具体例その1|掛け払いができないようなケース

・現金決済しか選択肢がないケース

基本的に企業間取引は買掛金や売掛金といった「ツケ」を利用するわけです。ですから、そのときに現金がなかったとしても問題はありません。実際に支払いがあるときに現金を確保していればよいのです。

しかしいつでもツケで商売ができるわけではありません。特に「特定の企業とはじめて取引をする」といったケースにおいては、現金決済しか選択できない、ということもあるのです。

仮に現金払いしかできないとなると、契約時には現金を持っておかなければなりません。売掛金や受取手形の入金を待ってから支払う、ということができないのです。そんなときに有効活用できるのがファクタリングなのです。

ファクタリングについては決済の直前でも対応できる、といった強みを持っています。申し込みから最短即日、や翌営業日で対応してもらえることもあるのです。

 

ファクタリング 具体例2|融資が受けられないケース

・ファクタリングは融資よりも利用しやすい

融資については厳しい審査を突破しなければなりません。自社の信用というものが大きく関連してくるのです。場合によっては審査落ちになってしまうかもしれません。たとえば赤字決済になっていたり、すでに多重債務状態になっていたりしたら難しいでしょう。税金が未納になっている状態で審査を受けるのも自殺行為です。

一方でファクタリングは融資ではありません。あくまで将来お金が入ってくるものを早期に現金化するものです。売却なので融資とは異なる審査となっています。
そもそもファクタリングの審査で特に比重を占めているのは売掛先です。自社ではありません。売掛金は売掛先が支払うものなので、売掛先が問題なければファクタリングの利用はできます。自社が赤字決済になっていてもあまり関係ありません。税金未納状態であったとしても利用できるのです。

一方で融資に関しては、銀行についてはそもそも審査難易度が高いです。ノンバンクについては銀行融資ほど審査難易度が高いわけではありませんが、創業してから2年以内であるなどの条件に該当してしまうと審査も受けさせてもらえません。

 

ファクタリングの具体例その3|支払いまでのスパンが長いケース

・支払いまでの期間を短縮させる効果がファクタリングにはある

売掛金ですが、すぐに入金されるわけではありません。契約をしてから1ヶ月後であったり2ヶ月後であったりになってやっと決済日がやってくるのです。入金されるまでにかなりの時間がかかってくるので、その間に資金繰りが悪化してしまう、ということも考えられます。

特に大きな取引をした場合には注意しましょう。大きな取引をする場合には大きな利益にも繋がります。しかし経費もかさむので、入金が遅れるとそのぶん厳しい経営になってしまうのです。

ファクタリングであれば、1ヶ月後や2ヶ月後に入金する予定の売掛金であったとしても、早急に現金化できます。現金化までのスパンを圧倒的に短くする効力を持っているのです。

売掛金の決済まで時間がかかるようなケースについては、実際に多くの企業がファクタリングを利用しています。取引先に「支払いスパンを短くして欲しい」とお願いするのは難しいこともあるでしょう。特に下請けなどをしていると立場も弱いわけです。

支払いまでのスパンも考えてファクタリングを利用するかを判断するのもおすすめです。

 

ファクタリングの具体例その4|設備投資資金を得たいケース

・設備投資は時期を逃せない

設備投資をするということは業務の拡大などを考えているときです。
業務の拡大に関しては融資を受けられれば良いのですが、簡単に融資が受けられるわけではありません。自社の資金も利用するわけですが、それでは足りないことも多いわけです。

そこで設備投資資金を得る方法としてのファクタリングが出てくるわけです。入金までに時間がかかる売掛金を早急に現金化することで設備投資資金を確保し、設備投資の時期を逃さないようにするわけです。

ファクタリングで得た資金ですが、融資ではないので用途については指定されるわけではありません。自由に使っても良い、とのメリットがあるわけです。
設備投資資金としても構いませんし、運転資金へ使っても良いのです。融資を受けている場合には返済金に利用しても構いません。

銀行融資などでは事業計画書などを提出し、得た資金をどのように利用するのかを決めておきます。そういったことをする必要がないのもファクタリングの長所です。