ベンチャーキャピタルからの資金調達を成功させるポイント4つ


創業時や創業間もない時の資金調達方法として洗濯されることが多いのがベンチャーキャピタル(VC)です。投資家集団に出資をしてもらう資金調達方法であり、返済の必要がない、ということで人気になっています。さらに経営のアドバイスもしてもらえるので、経験不足の経営者の方からも人気になっているのです。

しかし必ずしもベンチャーキャピタルから資金調達ができるとは限りません。

こちらではベンチャーキャピタルからの資金調達を成功させるポイントについていくつか紹介します。資金調達を考えている方は必見です。

 

VCから資金調達を成功させるポイント1|事業計画書の精度をアップする

・より正確な情報を提供すること

ベンチャーキャピタルはリスクの高い投資です。ベンチャーキャピタル側としてもなるべくリスクは背負いたくありません。そこで様々な情報を得ようとしてくるのです。そこで重要になってくるのが事業計画書です。精度の高い事業計画書を提出できれば、ベンチャーキャピタルとしても判断しやすくなります。

ではどのような情報を事業計画書で伝えればよいのでしょうか?

まずは「市場分析の概要」が重要になってきます。
市場分析の概要では、あなたの市場の動向に関する観察眼を確かめようとしているのです。明らかに誤っている、という場合には投資してもらえません。
具体的には事業の今後の動向や消費者のニーズ、さらには消費需要のある場所などを確認してきます。ベンチャーキャピタル側の考えと大幅に異なっている場合には、審査落ちの原因となってしまうので気をつけましょう。

「資金計画」についても明らかにしておかなければなりません。ベンチャーキャピタルで資金調達をした後にも、銀行融資やノンバンクのビジネスローンを利用しなければやっていけないような計画であれば「危険である」と判断されて審査落ちになってしまうでしょう。
もちろん実現不可能な非現実的な資金計画もいけません。現実的であり、資金計画に問題がないと感じさせる内容にしなければならないのです。

・特に重要なのが「売上計画」

重要なのが売上予測の裏付けです。なぜその金額になったのか、ということをベンチャーキャピタル側に説明しなえればなりません。
市場規模や競合会社の売上の推移などを調査して、自社の売上を算出していきましょう。

希望がある程度含まれてしまうのは仕方ありませんが、希望だけで記載するのもNGなのです。

 

VCから資金調達を成功させるポイント2|株式公開への意欲を見せること

・VCの目的は株価の価値の上昇である

ベンチャーキャピタルは出資をして株式を得ます。そして将来的に株式が上場され、その結果高額で売却する、ということを目的にしています。ですから株式上場の意思がない企業に対して出資することはありません。

もちろんすぐに成就押しなければならない、というわけではありません。株式上場への道筋を説明できるようにしておかなければならないのです。経営者の意欲も重要です。意欲があればベンチャーキャピタル側としても、大きなリターンが期待できるかもしれません。出資したい、といった気持ちになってくれるのです。

「5年後の上場を目指している」などと説明し、どのような計画で上場に至るのかを説明できる資料を用意しておくのも良いでしょう。売上の推移などを掲示し、会社の資金計画なども参考にして資料を作成すると説得力をもたせることも可能です。

 

VCから資金調達を成功させるポイント3|商品やサービスに魅力があること

・将来に期待できる企業であることが大前提

そもそもベンチャーキャピタルが魅力のある企業だと判断してくれなければ出資してくれるわけがありません。ですからベンチャーキャピタルを魅了するような商品やサービスを取り扱っていることも必要になっているのです。

もちろん競合会社が多いビジネスに参入するケースもあるでしょう。そういった場合には、他社とどのような違いがあるのかをはっきりとさせましょう。そしてなぜ他社に比べて売上が良くなるのか、ということも説明できるようにしておかなければなりません。

市場においての優位性が確実である、とベンチャーキャピタル側から評価されればほぼ資金調達には成功したようなものです。

ちなみにいっとき売上がアップするような商品やサービスでは出資は受けられません。長期的に売上が確保できるような事業内容でなければ、投資はしてもらえないのです。

 

VCから資金調達を成功させるポイント4|経営者が優秀である

・経営者に魅力があれば投資を受けやすい

ベンチャーキャピタルは経営者の資質も確認してきます。そもそもベンチャーキャピタルの中には、過去に経営者だった方が多くいるのです。ですから人を見抜く目を持っています。優秀である、と判断されなければ出資してもらうのは難しいでしょう。

経営者が優秀であると判断されるためには、ここまで紹介したことを確実に行っていれば大丈夫です。精度の高い事業計画書が提出できるということは、経営能力があるのです。商品やサービスに魅力があるということは商才がある、ということになるでしょう。