【資金調達】ベンチャーキャピタルの3種類と4つの分類


資金調達先としてにわかに注目を集めているのがベンチャーキャピタルです。ベンチャーキャピタルからは出資が受けられます。要は融資とは異なり返済の必要がありません。

資金調達を受けると返済を続けていかなければなりません。返済金が負担となり、資金繰りが悪化することもあるのです。ベンチャーキャピタルはあくまでの出資なので、資金繰りに関して悪い影響をもたらすことはありません。安定した経営を行っていきやすい、といったメリットが有るのです。

こちらではそんなベンチャーキャピタルの3つの種類と4つの分類についてお話します。要はベンチャーキャピタルには複数の種類があり、さらに4つに分類されるわけです。ベンチャーキャピタルごとに目的も異なっているので、ミスマッチが起こらないように前もって確認しておかなければなりません。

ベンチャーキャピタルからの資金調達を計画している方は必見です。

 

ベンチャーキャピタルの3つの種類とは?

①政府系ベンチャーキャピタル
②コーポレート系ベンチャーキャピタル
③銀行・証券会社系ベンチャーキャピタル

ベンチャーキャピタルは大きく分けて3つの種類に分類されます。それぞれ会社としての母体が異なっている、ということなのです。3種類のベンチャーキャピタルを簡単に解説します。

【①政府系ベンチャーキャピタルの特徴とは】
産業革新機構、日本政策金融公庫や東京都などといった地方自治体も参加しています。要は政府系の会社が関わっているベンチャーキャピタルのことを総称しているのです。
彼らの目的は「政策目標の達成」です。要は起業家を助け、景気を良くする目的のために出資をするのです。

【②コーポレート系ベンチャーキャピタルの特徴とは】
有名どころをあげるとすると、ジャフコがあります。他にもヤフーやサイバーエージェント、さらには伊藤忠商事やGREEなども参入してきています。要は事業の一環としてベンチャーキャピタルを実施しているのです。
彼らの目的は既存の自分たちで行っている事業とのシナジー効果を創出するため、となっていることが多いです。ですから関連事業を行っているベンチャー企業に対して出資することが多くなります。

【③銀行・証券会社系ベンチャーキャピタルの特徴とは】
銀行や証券会社などの金融機関が行っているベンチャーキャピタルです。
比較的資金力が豊富で高額の資金調達ができる、といった特徴と持っています。

有名どころをあげるとすると、りそな銀行や三井住友銀行、さらにはりそな銀行やみずほ銀行などがあります。銀行なので、出資をきっかけとして自社の顧客にしよう、との目的もあるのです。ベンチャーキャピタルとしても定期的な資金調達ができる金融機関と付き合い始められるので、Win-Winの関係となります。

 

ベンチャーキャピタルの4つの分類について

①シード
②アーリー
③ミドル
④レイター

名称だけ見てもよくわかりませんよね。ベンチャーキャピタルにおける4つの分類について以下に詳しく解説します。

【①シードとは】
企業前後の段階での出資をすることを指しています。
企業の銀行融資やノンバンクのビジネスローンなどは、基本的に創業してから一定期間経ってなければ利用できません。しかしベンチャーキャピタルの中には起業前でも取り扱ってくれていることがあるのです。

実際に起業前のアイデアの段階でも対応してくれるベンチャーキャピタルは存在しています。ビジネスモデルがある程度固まった状態で相談する、ということも可能なのです。

もちろん計画が甘い場合には出資を断られてしまうので注意してください。

【②アーリーとは】
読んで時のごとくですが、基本的に起業しはじめの初期の段階で出資を受けることを指しています。売上が出始めた時に資金調達が必要になったケースにこちらの分類のベンチャーキャピタルを利用することになるわけです。

前述したように一般的な企業融資は創業してからある程度経ってなければ利用できません。しかしアーリーに対応したベンチャーキャピタルであれば初期の段階でも出資対象としてくれるのです。

【③ミドルとは】
売上がある程度安定化して、創業してから一定期間経っている状態を指しています。
簡単にいってしまえば、成長期に差し掛かっている企業のベンチャーキャピタルの利用を指しているのです。

ミドルの時期については銀行融資やノンバンクのビジネスローンの利用も可能かもしれません。しかし融資に関しては毎月返済が必要になります。今後の経営に悪い影響をもたらさないとは言えません。安定気に入ったベンチャー企業としてもベンチャーキャピタルを利用するメリットは有るわけです。

【④レイターとは】
企業としての成長と経て、大きく事業展開するような時期を表しています。
この時期になると大規模な出資を受ける必要もあります。しかし銀行やノンバンクから大きな融資が受けられない、という場合もあるのです。

そこで資金力があるところのベンチャーキャピタルを利用しよう、ということになるわけです。ベンチャーキャピタルとしては提携先の企業を探す目的も含めて、レイターに力を入れているケースも珍しくありません。