ベンチャーキャピタルを利用して独立をするメリット


将来的には自分で商売をしたい、と思っている方も多いのではありませんか。独立を視野に入れている方も多いと思います。しかし問題になってくるのが資金です。独立をするためにはそれなりの資金がどうしても必要になってくるわけです。

独立をするために資金を集める必要があるわけですが、様々な資金調達方法があります。しかし中には創業前には対応していない、というケースもあるわけです。

創業前でも対応してくれるものとしてベンチャーキャピタルがあります。

こちらでは独立を考えている方に向けて、ベンチャーキャピタル(VC)を利用するメリットについてお伝えします。

 

VCのメリットその1|金利が発生しない

・ベンチャーキャピタルは融資ではない

銀行融資やローンなどは金利が発生します。返済期間中はずっと金利が発生するので、融資額よりも多くのお金を返済しなければなりません。融資による資金調達は金利がネックになってしまうのです。

ベンチャーキャピタルに関しては融資ではありません。出資となっているのです。
ベンチャーキャピタルは出資をして、その分の株式を受け取ります。融資ではないので返済義務というものは発生しません。

返済があると、毎月一定額を返済に回さなければなりません。しかしベンチャーキャピタルは毎月の返済がありません。会社の経営を安定化しやすい資金調達方法なのです。

 

VCのメリットその2|同じ目的を持った支援者を得られる

・ベンチャーキャピタルの目的は出資先を大きくすること

ベンチャーキャピタルは前述したように出資を行うことでその会社の株式を得ます。そしてその株式を将来的に高く売却する、ということを狙っているのです。

株式を高く売却するためには、出資先の会社に大きくなってもらわなければなりません。ですから出資先が大きくなるように様々な協力を惜しまないのです。

結果的に株式上場ができれば、会社としての知名度もアップします。さらに上場することで信用度が増し、大手との取引もできるのです。大きなビジネスチャンスを掴むことになります。

今は小規模な会社であったとしても、いずれは会社を大きく発展させたいと思っている経営者にとってはベンチャーキャピタルの利用がチャンスを広げることになるわけです。

 

VCのメリットその3|戦略立案・実行支援が受けられる

・人材を派遣してくれることも

はじめての企業という場合には、右も左も分からない、ということになるでしょう。戦略もどうやって立てていけばよいかわかりません。そこで注目してほしいのがベンチャーキャピタルの支援なのです。

ベンチャーキャピタルは単にお金を出して終了、ということではありません。お金だけではなく出資先に人材を派遣してくれることもあるのです。そして戦略の立案に関わって、実行支援まで行ってくれるわけです。

ベンチャーキャピタルとしても、リスクの高い出資をおこなっていることは理解しています。独立前の企業に対しても出資することもあるので、実際に見返りがほとんどなかった、というケースもあるわけです。少しでも大きなリテターンを得るために、経営の専門家を派遣することがあります。派遣された人材は、会社の役員となって様々なアドバイスをしてくれるのです。経営力を補ってくれるわけです。

 

VCのメリットその4|高額の資金調達ができることも

・希望額を上回る支援を受けられる可能性あり

ベンチャーキャピタルによっても資金力には違いがあります。中には高額の出資にも対応しているところがあるのです。

創業前であったり創業したてであったりした場合には、基本的には小額の融資しか受けられません。数百万円から2,000万円程度が一つの基準となるでしょう。

しかしベンチャーキャピタルでは魅力的な企業に対しては協力を惜しみません。将来的に上場が狙えると判断した場合には、数百万円から数億円までの大規模な出資も行ってくれるのです。

もちろん高額の出資を受けるのは簡単ではありません。ベンチャーキャピタルを納得させられるだけの材料が必要になってくるのです。事業計画書などを作成して魅力的なビジネス計画がある、ということをアピールしなければなりません。

 

VCのメリットその5|独立後の資金調達が容易になる

・ベンチャーキャピタルの利用が信用を高めてくれる

前述したようにベンチャーキャピタルからの出資は融資ではありません。毎月の返済が発生するわけではないので、実際に銀行融資を受けるときなどの邪魔にならないのです。

さらにベンチャーキャピタルを利用しているということはベンチャーキャピタルから評価されている、ということになります。将来性のある会社と判断されたからこそ出資を受けているのです。その事がアピールとなり銀行融資やビジネスローンが利用しやすくなるわけです。

今後の資金調達のしやすさも考えてベンチャーキャピタルを前もって利用しておく、ということもおすすめです。