ファクタリングって難しい!?他の資金調達方法と比較


ファクタリングを利用している企業が増えてきていますが、まだまだ選択する企業が少ないのが現状なのです。資金調達方法としてファクタリングは難しい、と思われてしまっているからです。

こちらでは資金調達方法としてファクタリングは採用しやすい、ということについて他の資金調達方法と比較して明らかにしていきます。

ファクタリングを避けていた、という経営者の方は必見です。

 

審査難易度に関する比較

・ファクタリング・・・審査は比較的やさしい
・不動産担保ローン・・・不動産の価値によって審査難易度が変わる
・銀行融資・・・審査は難しい
・ノンバンクのビジネスローン・・・審査は比較的やさしい
・銀行保証協会付融資は・・・審査はやや厳しい
・公的融資・・・審査は厳しい、厳しい利用条件が設定されている

審査難易度に関しては、ファクタリングが極めて有利となっています。
そもそもファクタリングの審査のメインは自社ではありません。基本的に売掛先が審査対象となっているのです。

例えば、自社が赤字であろうとも関係ありません。税金未納であったとしても利用できた例は多いわけです。そもそもファクタリングは売掛先から売掛金が入金されればよいのです。自社の経営状態は審査に影響をほとんど与えません。

その他の資金調達に関しては、すべて自社の経営状態が審査のメインとなってきます。赤字決算が続いていたり、税金が未納状態であったりすると利用できないのです。

他の資金調達の審査に落ちた経験がある方であったとしても、ファクタリングの審査に通過できる可能性は高くなっています。

 

利用後のリスクに関する比較

・ファクタリング・・・リスクは低い
・不動産担保ローン・・・リスクが高い
・銀行融資・・・リスクはある
・ノンバンクのビジネスローン・・・リスクはある
・銀行保証協会付融資は・・・リスクはある
・公的融資・・・リスクあり

資金調達を利用した後には、一定のリスクが発生することになります。返済が出来なくなってしまったときに、返済義務があるので何かしらの対応を迫られてしまうのです。

しかしファクタリングに関してはそもそも融資ではありません。月々の返済といった概念もなく、売掛金が入金されたら業者に入金したものを支払うだけです。
受理かけ先が売掛金を入金してこない、ということも考えられます。この点も問題ありません。償還請求権なしのファクタリングであれば、入金されなかった場合には自社で賄う必要はありません。リスクが極めて低い資金調達方法がファクタリングなのです。

ちなみに償還請求権ありのファクタリングについては、売掛金が入金されなかった場合でも対応しなければなりません。十分に気をつけましょう。

その他の資金調達方法に関してはリスクがつきまとってきます。
特に注意しなければならないのが不動産担保ローンを始めとした担保付きのローンです。担保がついているので、返済ができなくなってしまうと競売にかけられて現金化されてしまうのです。会社や工場の不動産を担保に入れていた場合には経営ができなくなってしまうかもしれません。
その他の資金調達を選択していたとしても同様のリスクがあります。返済ができなくなると訴訟などを起こされてしまう可能性もあるのです。訴訟を起こされた上で返済が出来ないと、強制執行の対象となってしまいます。強制執行されると財産なども処分されてしまうので、実質的に会社として成り立たなくなってしまいます。

リスクについてもファクタリングのほうが圧倒的に有利となっているわけです。リスクが低い資金調達を行いたい、という場合にはファクタリングを計画しておきましょう。

 

資金調達までの期間を比較

・ファクタリング・・・最短即日融資も可能
・不動産担保ローン・・・1週間から1ヶ月程度掛かることも
・銀行融資・・・2週間から1ヶ月程度掛かることも
・ノンバンクのビジネスローン・・・最短即日から1週間程度掛かることも
・銀行保証協会付融資は・・・2週間から1ヶ月程度掛かることも
・公的融資・・・・1ヶ月程度掛かることも

資金調達までの期間についてもファクタリングのほうが有利に設定されています。ファクタリングの場合は、最短即日で対応してくれる業者も数多くあるのです。ノンバンクのビジネスローンも最短即日融資が可能ですが、審査に関しては平均としてファクタリングのほうが早いです。

その他の資金調達方法ですが、審査に時間がかかります。不動産担保ローンに関しては自社の経営状況だけではなく、不動産の価値をも調べなければならないわけです。
銀行融資についても自社の経営状態をしっかりと調べ、その上で事業計画書の内容なども確認してくるので結果としてかなり審査に時間がかかってしまうのです。

少しでも早く資金調達をしたい、というケースもあるでしょう。資金的な余裕があまりない時には、時間がかからないファクタリングによる資金調達がおすすめなのです。