ファクタリング業者を比較分析する手法を徹底解説


売掛金を売却する資金調達方法をファクタリングと呼んでいます。ファクタリング業者が巷には多くあり、その中でどれを洗濯したら良いのか悩んでいる経営者も多いでしょう。

こちらではファクタリング業者を比較分析する手法について解説します。

ファクタリング業者といってもすべてが同じ条件ではありません。たとえば手数料率が高いところもあれば低いところもあるのです。サービス内容にも違いがあります。

より自社にマッチングするサービスを実施しているファクタリング業者を見つけ出したい、と考えている方は必見です。

 

大前提!相見積もりを実施すること

・複数の業者から見積をとること

資金調達まで一定の余裕があることが条件となってしまいますが、より比較と分析をしやすくするためにも相見積もりをとるべきです。複数の業者に対して見積もりを依頼する手法となっているわけですが、良いファクタリング業者と出会うためには必須、といっても過言ではありません、

そもそも1社だけに見積もりを依頼したとしても、その業者が自社にとって有利であるかはわかりません。示された手数料率が相場を下回っているのか、それとも上回っているかも相見積もりをとってはじめて理解できるわけです。

・見積もりには費用はかからない!

ファクタリング業者に見積もりを依頼するとお金がかかってしまうのではないか、と思っている方も多いのではありませんか?見積もりに関しては一切費用がかからないので安心してください。ですから時間的余裕がるのであれば、なるべく多くの業者に対して見積もり依頼をするべきなのです。

仮に見積もり費用を請求してくるような業者に関しては、ヤミ金に近いようなサービスを実施している可能性もあります。見積もり費用がかかるところの利用は避けましょう。

・何社程度に見積もり依頼を出すべきか?

少なくても3社から4社程度に見積もりをだしましょう。3社から4社程度であれば、精度の高い比較分析が出来るはずです。

2社程度だと、2つともに不利な条件を掲示している可能性もあります。3社以上の見積もりであれば、有利な業者が発見できる可能性が高まるわけです。

ちなみに10社であるとか20社など多すぎるのも問題です。かえって頭が混乱してしまい、どの業者を利用してよいのかわからなくなってしまいます。ある程度気になる業者を絞って、5社程度に見積もり依頼を出すのがおすすめです。

 

手数料率を比較分析する手法

・最高手数料率を比較すること

手数料率ですが、最低手数料率だけに注目してしまうのは危険です。そもそも最低手数料率でファクタリングが利用できる可能性は極めて低いのです。売掛金の質(売掛先の規模など)も関わってきますし、複数回利用してはじめて設定される、といった状況になっています。

手数料率はなるべく最高手数料率をチェックしておきましょう。特に初回利用時に関しては最高手数料率が設定されることが多くなっているのです。ですからファクタリング業者の手数料率を比較分析するためには最高手数料率をチェックしましょう。

しかし中には最高手数料率を明示していない業者もあります。例えば「2社間取引:5%から」「3社間取引:2%から」といったように、最低手数料率しか示していない業者もあるわけです。そういった業者に対しては、電話などで実際に問い合わせて確認してみましょう。

問い合わせても教えてもらえない場合には、見積もりだけをまずは受けてみる、ということもおすすめです。最高手数料率を示していない業者であると、上限が分からはいわけです。分からないまま利用してしまうと、手数料が掲示された時にビックリしてしまうかもしれません。

 

業歴を比較分析する手法

・業歴が長いほうが信頼できる

ファクタリング業者の業歴ですが、長ければ長いほど安心できる、ということになります。長きに渡ってファクタリング事業を行っている、ということになるわけですからね。ファクタリングのノウハウもしっかりと持っているので、安心しておまかせできるわけです。

業歴については各社のホームページなどで確認できます。ただし業歴に関して明示していない業者もあるいので注意しましょう。業歴を明記していないということは、業歴が短い可能性もあります。利用は慎重になるべきでしょう。

業歴が短い業者ですが、まだ固定客がついていない可能性もあり手数料率を高く設定しているケースも珍しくないのです。業歴の比較分析は極めて重要なので忘れないでください。

ファクタリング業者の業歴のボーダーラインとなるのが5年程度です。5年以上の業歴がある業者であれば、ある程度は信頼できるでしょう。

 

最大調達可能額を比較分析する手法

・高額の調達を希望している経営者は重視すべき

ファクタリングによる最大の資金調達額ですが、各社によって異なっています。数千万円というところもあれば数億円というところもあるのです。
億単位の資金調達を考えている方は、業者選びを慎重にしなければなりません。各業者によって調達可能額は異なっているのです。

最大調達額がいくらであるのかを比較して、自社の条件に見合っているところを見つけ出してください。