注目の資金調達方法「ファクタリング」を徹底分析


話題沸騰となっている企業の資金調達方法がファクタリングです。取引をすると売掛金を受け取ることになるわけですが、その売掛金を早期現金化する方法のことをファクタリングと呼んでいるのです。リスクが低くしかも審査がそれほど厳しくない、ということで多くの企業が資金調達法として採用しています。

しかしファクタリングについてまだ詳しく理解していない、という経営者が多いことも事実。

こちらではファクタリングを徹底分析します。どのような特徴があるのかを明らかにし、利用すべきものであるのか、それとも避けるべきものであるかをお伝えします。

 

どのくらいの資金調達ができるのか?

・数百万円から数千万円などバリエーションも豊富

一般的なビジネスローンとは異なり、融資額にはかなりのバリエーションが有るのです。
そもそもファクタリングの資金調達額で大きく関わってくるのが売掛金の額です。高額の売掛金を持っていれば、それだけ高額の資金調達が可能になります。

一方でビジネスローンに関しては、資金調達額は自社の信用に左右されるのです。信用度が高いと判断されれば高額の融資も可能です。しかし信用度が低いと判断されてしまえば、少額の融資しか受けられないかもしれません。融資自体も拒否されてしまうかもしれないのです。

ファクタリングであれば資金調達額をある程度コントロールできます。仮に5,000万円の売掛金を持っていたとしても、全額ファクタリングしなければならないわけではありません。必要額が獲得できる程度の売掛金を利用すればよいのです。
1,000万円の資金調達を希望しているのであれば、その1,000万円を獲得するために必要な売掛金をファクタリング業者に提供するだけです。資金調達額をコントロールしやすいのもファクタリングの大きなメリット、と言って良いでしょう。

 

ファクタリングの利用を分析|長期的な利用と短期的な利用

・ファクタリングは短期的な利用にとどめるべき

ファクタリングの利用期間は前もって分析しておく必要があります。
資金繰りが悪化した場合には資金調達を考えるべきですが、どの程度の期間に渡り資金調達を利用するのかも算定しておかなければなりません。

試算で短期間の資金調達で住む場合は問題ありません。特にファクタリングについては短期的な利用が適しているので、ぜひ有効活用しましょう。

一方で長期的なファクタリングの利用は危険と言わざるをえません。実はファクタリングの長期的な利用は、将来的な資金繰りの悪化を招きかねなのです。

なぜ長期的なファクタリングの利用が将来的な資金繰りの悪化を招くのでしょう。

そもそもファクタリングは1ヶ月後や2ヶ月後に入金されるはずの売掛金を現金化するものです。もちろん満額で現金化されるわけではありません。一定金額を差し引かれた状態で入金されることになるわけです。
待っていれば満額入金される売掛金を定期的にファクタリングで減額した状態で入金されるような状態にしてしまうと、予定した入金額とはならなくなってくるわけです。1回や2回の利用では大きな問題にはならないかもしれません。しかし数ヶ月や1年間など利用し続けるような場合には、どこかに根本的な問題が隠れているかもしれません。

長期的なファクタリングの利用を検討する前に、経営分析を実施して問題点を洗い出しましょう。

 

ファクタリングにおけるリスク回避効果を分析

・回収リスクが回避できる可能性が高い

売掛金については回収リスク、というものがつきまとってきます。
売掛金は必ず入金されるわけではありません。たとえば半分は現金で入金され、残りは手形になってしまうこともあるのです。中には入金が遅れるということもあれば、一切入金されないということもあります。

売掛金の回収リスクを回避する事ができるのもファクタリングの大きなメリットです。

まず仮に売掛金が入金されなかった場合ですが、返還請求権がついていない契約であれば代わりに返済する必要はありません。入金がなかった場合でも、弁済のようなことをする必要がないわけです。

さらに3社間取引を行った場合には、回収についてもファクタリング業者が実施します。回収に関する働きかけをしなくて良い、というメリットがファクタリングの3社間取引にはあるわけです。

※返還請求権がある契約を結んでしまうと、売掛金が入金されない場合でも支払いを実施しなければなりません。返還請求権がついているファクタリング契約は少なくなっていますがまったくないわけではありません。契約前には必ず返還請求権をチェックしましょう。

 

ファクタリングの分析まとめ|ファクタリングは利用する価値あり

ファクタリングは注意点もあることは確かです。長期的な利用にはリスクがある、ということもお伝えしました。
しかしデメリットを知った上で利用すれば問題はないのです。売掛金の回収リスクを避ける効果もあります。短期的であれば大きな効果をもたらす資金調達法でもあるわけです。

資金繰りで困った場合にはファクタリングの利用も前向きに考えましょう。