駄目なタイプのキャッシュフローの具体例を徹底解説


キャッシュフローからその企業が置かれている立場を把握することも可能です。キャッシュフローを見ることで、自社がどういった状況になっているかも分かるわけです。

こちらでは駄目なタイプのキャッシュフローについて徹底解説します。具体例を紹介していくので、自社がそのタイプに当てはまっていないのかを確かめてみましょう。もしも当てはまっている場合には、何かしらの対策を立てていかなければなりません。

ちなみにキャッシュフローですが、より分かりやすくするために「営業活動によるキャッシュフロー」「投資活動によるキャッシュフロー」「財務活動によるキャッシュフロー」の3つのプラスマイナスで判断していきます。

 

かなり危ないタイプのキャッシュフローの具体例

・営業活動によるキャッシュフロー・・・マイナス
・投資活動によるキャッシュフロー・・・プラス
・財務活動によるキャッシュフロー・・・プラス

こちらに該当している場合には注意しなければなりません。少しでもバランスが崩れてしまえば、一気に資金ショートへと向かってしまう可能性もあるのです。

まず営業活動によるキャッシュフローがマイナスなので、本業がうまくいっていません。本業で利益が出ていない、との状況があるのです。

投資活動によるキャッシュフローはプラスになっています。要は固定資産や有価証券等を売却して現金を得ている、という状況なのです。固定資産や有価証券を売却しなければ資金が調達できない状況に陥っている、とも考えられます。

財務活動もプラスになっていますが、新規株式を発行して資金を得ている可能性があります。さらに短期借入金や長期借入金を利用してプラスにしていると考えられるのです。

まとめると営業の不振を不動産や有価証券の売却、さらには借入金などで賄っている、との状況なのです。この状況が続けば倒産の可能性もあります。

もちろん事業に見切りをつけて新規事業を起こそうとしている時にもこちらのキャッシュフローになることはあります。しかし営業活動がうまくいっていないことは一緒なので、あまり良い状況とは言えないわけです。

 

融資がストップしてしまい窮地に立たされているキャッシュフローの具体例

・営業活動によるキャッシュフロー・・・マイナス
・投資活動によるキャッシュフロー・・・プラス
・財務活動によるキャッシュフロー・・・マイナス

かなりいびつなキャッシュフローとなっています。違和感があるタイプのキャッシュフローなので「経営に何かしらの問題が起こっている」と考えられるわけです。

まず営業活動によるキャッシュフローがマイナスなので、本業は不振の状況です。売上が下がっている可能性が高いわけです。

投資活動によるキャッシュフローはプラスとなっています。不動産や有価証券を売却していると考えられるわけです。

財務活動によるキャッシュフローはマイナスです。ここがマイナスということは、借金返済を進めている、ということになります。

ここまで説明すると、こちらのキャッシュフローが明らかにおかしいことが分かるのではありませんか。

まずは本業が不振なのです。そして不動産や株式を売却するといった資金が足りなくなっていることを感じさせるのにもかかわらず借金の返済をしています。要は新たな借り入れができない状態に陥り、不動産や株式を売却してまで資金を集めて返済している、と考えられるわけです。

危険な状態のキャッシュフローとなっています。

 

停滞している状態を表しているキャシュフローの具体例

・営業活動によるキャッシュフロー・・・マイナス
・投資活動によるキャッシュフロー・・・マイナス
・財務活動によるキャッシュフロー・・・マイナス

ここまで紹介したキャッシュフローに比べると、それほど緊急性はありません。しかし経営としてはあまりうまくいっておらず、停滞していることを感じさせるキャッシュフローの状態なのです。

営業活動によるキャッシュフローがマイナスなので、やはり本業はうまくいっていません。

一方で投資活動はおこなっています。不動産や株式などを購入するなど、新たな段階に入ってきていることを感じさせます。

財務活動によるキャッシュフローはマイナスなので、借金の返済をしていたり配当金などを支払っていたりしています。資金力を感じさせます。

こちらのキャッシュフローの状態ですが、まず自社に一定の資金を溜め込んでいます。以前は本業がうまくいっており、儲かっていた企業なのです。だからこそ資金力があり、本業が不振なのに投資活動によるキャッシュフローがマイナスとなっています。
財務活動のキャッシュフローもマイナスです。やはり資金があるので、特に借り入れをする必要がなく借金の返済や配当が出せる状態になっているわけです。

状況としては「転換期を迎えている」と言えるかもしれません。事業の再検討時期にもこのようなキャッシュフローの状態になることは珍しくありません。