資金繰り表のチェックポイント|うまく作成して経営に活かそう


資金繰り表は多くの企業が作成しているでしょう。大企業はもちろんですが中小企業も作成していることだと思います。創業したてのベンチャー企業も資金を管理するために作成しているはずです。

資金繰り表ですが単に作成しているだけで終わっていませんか?せっかく作成したのに何も利用しなければもったいない状態になってしまいます。うまく作成して経営に確実に活かしていくことが大事になってくるわけです。

では資金繰り表のどのような部分をチェックしていけばよいのでしょうか?こちらでは重要な項目について詳しく解説します。

 

売掛金の項目を必ずチェックしておくこと

・請求漏れはないか?
・入金予定が変更になっていないか?
・回収が出来ていない売掛金はないか?

資金繰りで特に重要なのが入金です。その入金で注目すべきなのが「売掛金」です。

企業間の取引については、基本的に現金は利用されません。現金決済がまったくないわけではありませんが、現金を利用した取引をしてしまうとかえって手間が増えてしまうのです。そこで月に1回程度の間隔で支払いや入金がくる「掛け」による取引を実施しているわけです。

要はツケによる取引なので、問題は入金がされない、というケースです。

そもそも売上があったとしても資金繰り表にすぐには反映されません。入金の事実をもって、はじめて資金繰り表に反映されるわけですから。

売掛金については資金繰り表で必ずチェックしておきましょう。例えば先月と売掛金の入金額の違いなどを確認してみるのです。増えていれば回収率がアップした、と判断できます。一方で先月と比べて入金額が少額になっている場合には、入金の遅れが発生しているかもしれません。貸し倒れが発生しているかもしれないのです。

入金期日が来ているのに入金されていない売掛金が発見された場合には、回収活動を重視しなければなりません。確実に回収して資金繰りが悪化しないように対処するわけです。

・売掛金の管理方法

売掛金管理簿を作成しておくことがおすすめです。
精度の高い売掛金管理簿を作成しておけば、売掛金の管理が楽になります。期日が来ているのに入金されていない、ということも即座に判断できるので回収活動にも役立ちます。

 

買掛金の項目をチェックしよう

・支払いの漏れはないか?
・請求金額があっているのか?

資金繰り表では入金だけが重要な項目ではありません。支払いもしっかりとチェックしていかなければならないのです。

買掛金の支払いですが、極めて重要です。支払いの漏れが発生してしまうと、取引先からの信用を失ってしまいかねません。危険な企業であると判断されてしまい、取引が停止させられてしまったり取引量を減らされてしまったりするリスクも有るのです。

資金繰り表をチェックして先月と比べて買掛金の支払額が減っている場合には、その理由を探らなければなりません。支払いの漏れが原因であった場合には、早急に対処しなければならないのです。

誤って買掛金を多く請求されてしまう、ということも考えられます。請求があったら、その金額が正しいかを必ずチェックしてください。誤って多く支払ってしまえば、そのぶん会社の経営は厳しくなります。多く支払いすぎてしまえば、その回収活動も面倒になってしまうのです。事前におかしなことに気づく、ということも必要になってくるわけです。

 

手形の項目もチェックしよう

売掛金と買掛金と同じようなものに手形があります。受取手形や支払手形です。それらも資金繰り表には大きく関わってくるのでしっかりとチェックしておかなければなりません。

・受取手形について

受取手形を確認するためには手形管理簿をチェックします。
手形の残高が貸借対照表や試算表の金額と一致しているのかを確かめましょう。受け取った手形がしっかりと記載されていれば問題はありません。

いっぽうで手形を裏書きしていたり割引していたりする場合には、その手形が除かれているかも確かめてください、誤って記載されたままになっていることも実際に多く報告されているのです。

最後に手形について銀行に取り立てを行っているかもチェックしておきましょう。取り立て漏れがあると資金繰りが悪化する可能性もあります。

・支払手形について

こちらも手形の残高が貸借対照表や試算表の金額と一致しているのかを確かめてください。
支払手形を切った手形が記載されているのでしょうか?未取り立ての手形を相手の会社に連絡しているかも確認しておく必要があります。

・手形の管理について

手形管理簿は5日ごとや10日ごとに集計しておきましょう。集計漏れがないように、前もって集計日を設定しておくことも必要です。集計が正しく行っていなければ資金繰り表のチェックも意味がないものになってしまうかもしれません。今後の資金繰りを良くしていくためには手形管理簿の作成が極めて重要なのです。