ファクタリングの出張査定とは|利用のメリットを徹底調査


ファクタリングによって資金繰りを改善させる、という会社が増えています。売掛金を早期現金化することで資金のショートを防いでいるわけです。

そのファクタリングですが、必ずしも業者の事務所へ契約しに行かなければならないわけではありません。郵送契約がOKな業者もあります。ネット契約がOKな業者もあるのです。そして中には出張査定がOKな会社もすくなくありません。

こちらではファクタリングの出張査定について徹底解説します。出張査定とはどのようなものになっているのでしょうか?メリットについて詳しくお伝えします。

 

出張査定(来店不要)のメリット

・首都圏以外の会社に大きなメリットあり

基本的にファクタリング業者は東京に集中している、といった特徴があります。東京の会社であれば、来店契約も特に大きな負担にはなりません。片道1時間もかからないのであれば、即日に資料を揃えて業者の事務所へ向かうことも可能なわけです。

問題となってくるのは首都圏以外の会社です。わざわざ東京へ向かわなければならない、というケースもあります。仕事が忙しい場合には会社を離れられない、というケースもありますよね。
出張査定であれば何も問題はありません。会社に居ながらにして査定を受けられるわけです。東京へ向かう時間というものも節約可能です。

・交通費が節約できる

来店見積もりを利用するとなると、交通費も馬鹿になりません。地域によっては、片道10,000円や20,000円かかるようなケースもあるでしょう。
しかし出張見積りを利用すればその交通費がかからないのです。交通費をカットすることが可能です。

出張査定について費用がかかるのでは、と心配している方もいるかもしれません。しかし一般的に査定に関しては費用を請求されることはありません。無料で利用できるのです。

仮に査定の費用が請求してくるような業者がある場合には危険なので利用はなるべく避けましょう。

 

ファクタリングの出張査定の注意点

・対応地域あり

全国対応している業者は数が少ないので注意してください。
関東にある会社であれば基本的には対応されているとは思いますが、地方となると対応地域外に該当してしまう可能性も出てきてしまうのです。対応地域外となってしまうと出張査定は受けられません。

地方にある会社を経営している場合には、まずは自社の地域に対応しているかを確かめておきましょう。

・複数の業者に見積もりを取ること

出張査定を受ける時ですが、1社だけに依頼をしてその業者と契約してしまう、というケースが極めて多くなっているのです。
しかし1社だけで契約するかを判断してしまうと、不利な契約である可能性も捨てきれません。もしかしたら手数料率が高く設定されているかもしれないのです。

出張査定を受けるときであったとしても、必ず複数の業者から見積もりを取りましょう。そのうえで最も有利な手数料率を設定している業者へ申し込むのです。

例え手数料率1%の違いであったとしても、100万円の売掛金であれば1万円の差になります。1,000万円で10万円であり、5,000万円であれば50万円となります。ほんの少しの手数料の違いも見逃せません。

出張査定を受けた時もなるべく複数の業者に見積もりをしてもらいましょう。

 

出張査定をしていない業者の場合はどうしたらよいのか?

・郵送査定をお願いしてみよう

出張査定がベストと考えていたとしても、残念ながら業者の中には対応していないところもあります。そういった業者に対しては郵送査定をお願いしてみるのも一つの方法です。

郵送査定に関しては、必要書類を郵送でファクタリング業者へ送ります。その資料を元に査定をしてもらうわけです。
郵送費用はかかりますが、交通費に比べれば安いですよね。見積もりに関して節約ができるわけです。

ただしすべての業者が郵送査定に応じているわけではありません。前もって連絡をして、郵送見積もりをしてくれるか確かめておきましょう。もしもOKである場合には、どんな資料を送ったら良いのかも聞いておくべきです。

基本的には売掛金の関連資料や会社に関する資料、そして経営者本人の本人確認書類等を求められることになるでしょう。決算書なども求められるので準備しおくべきです。

・自社の近くに支店のある業者を探そう

ファクタリング業者の中には、東京に本社があり大阪に支店がある、というケースが多くなっています。
支店に関しては、関西だけではなく九州や名古屋にあるケースも珍しくありません。探してみると、自社の近くにファクタリング業者の支店がある場合も考えられるわけです。

地方のある会社だから出張査定は無理、とは考えないでください。支店が近くにあるということであれば、地方であったとしても出張査定を行ってもらえる可能性もあるのです。また近くであれば来店査定を受けたとしても大きな負担にはなりません。

ファクタリングを利用する会社も増えてきており、大手の業者であれば複数の店舗を持つことも珍しくなくなってきました。もしかしたら会社の近くにファクタリング業者の支店があるかもしれませんよ。