ファクタリングを徹底比較|業者選びのまとめ方とは


ファクタリングは売掛金の入金速度を早める、といったメリットがあります。著とした資金繰りの改善や差し迫って資金ショートに対して大きな効果を発揮する可能性も秘めているのです。

ファクタリングを利用する時には、もちろん業者を選んでいかなければなりません。問題となってくるのは、どの業者を選択するのか、という部分でしょう。比較をして決めていかなければなりません。

こちらでは業者選びのまとめ方についてお伝えします。どのような部分に注目していけばよいのでしょうか。

 

まずはファクタリングで本当に良いのかを考えてみよう

・ファクタリング以外の選択肢も用意しておこう

ファクタリングとその他の資金調達方法を比較しておきましょう。本当にファクタリングで良いのかをしっかりと考えていくわけです。もしかするとファクタリング以外にも自社にとって良い資金調達方法があるかもしれません。ファクタリングよりも良いと思えるものがあったら、そちらの利用を検討してください。なにもファクタリングしか資金調達方法がないわけではありません。

・ファクタリング以外の資金調達法のまとめ方

資金調達方法はたくさんあります。そのうちどれを選択すべきか検討しましょう。

・銀行融資
・ノンバンクのビジネスローン
・消費者金融の事業者向けローン
・不動産担保融資
・売掛金担保融資

ファクタリング以外にも上記したような資金調達方法があるわけです。
ファクタリングと似通っているのが売掛金担保融資です。売掛金担保融資は売掛金を売却するわけではありません。売掛金を担保に入れてお金を借りるローンとなっているのです。返済が必要になってくるので注意しましょう。

選択する方法についてはいくつかあります。
まずは返済の有無です。返済の有無についてはファクタリングだけ名無しとなっています。ファクタリングは売掛金の売却なので、厳密には返済は発生しません。単に売掛金が受け取れないだけです。

調達金額にも注目です。ノンバンクのビジネスローンと消費者金融の事業者向けローンは少額になりがちです。ファクタリングは売掛金の額によって調達金額が左右してくるので注意しましょう。

審査にも注目しましょう。銀行融資・ノンバンクのビジネスローン・消費者金融の事業者向けローンの3つについては審査対象が自社となります。不動産担保ローンは自社と不動産価値が審査の対象となります。売掛金担保融資は自社と売掛先が主な審査対象となり、ファクタリングは売掛先のみが主な審査対象となるのです。

 

売掛金の種類を確認してみよう

・業者によっては取り扱っていない債権もある

売掛金にも様々な種類があります。その種類によっては売却できないこともあるのです。持っている債権を売却できる業者を選んでいかなければなりません。

例えば医療系の債権もあります。介護系の債権もあれば建設業債権と呼ばれるものもあるのです。

ファクタリング業者選びのまとめ方として重要になってくるのは、自社の売却しようと思っている売掛金の取引を得意としている業者に売却する、ということです。不得意な債権を売却してしまうと手数料が高くついてくることもあるのです。

手数料はなるべく低く抑えましょう。手数料が低く抑えられれば、それだけ高額の資金調達ができるようになるわけです。

 

調達までの日数を比較してみよう

・資金調達までの時間的余裕はどれくらい?

資金調達目的も様々でしょう。
「買掛金の支払いのため」「銀行への返済のため」「従業員への給与の支払いのため」など様々な目的があるはずです。

問題となってくるのが調達までどれくらいの時間的な余裕があるのか、というところでしょう。1ヶ月や2ヶ月あるのであれば選択肢はより広がります。1週間や2週間となると選べない資金調達方法が出てきて、1週間未満となると限られてしまうのです。

ファクタリングについては時間的な余裕がなかったとしても十分に利用可能です。最短即日対応しているところもあるからです。

ただしファクタリング業者によっても調達までにかかる日数は大きく異なっています。最短即日対応をしているところもあれば、2日から3日程度時間がかかってしまう業者もあるのです。

 

ファクタリング業者の絞り方

・2社から3社程度にまずは絞ること

比較対象は多ければ多いほどよい業者と出会える確率が高まります。

しかし早い段階で数を絞っていかなければなりません。2社から3社程度に絞りましょう。

絞るための方法としては、いくつかの基準を設けることです。簡単な基準で良いので、それをクリアしているかしていないかを確認してください。そうすることによって業者の数を絞ってさらに比較しやすくしていくわけです。

・絞ったら見積もりをしてもらうこと

数を絞ったらファクタリング見積もりを受けましょう。どのくらいの手数料になって、どのくらいの調達額になるのかを調べるのです。最も有利な業者を選択してください。