【必読】キャシュフローが回るために必要なこと!


キャッシュフローが回る。いわゆるキャッシュフローを生むために、会社の多くが頭を悩ませているのです。さまざまな対策を立ててても、キャッシュフローが回らないことも珍しいわけではありません。

こちらではキャッシュフローを生むための方法を伝授します。すべてが正解とは限りません。その会社ごとに適切な方法は異なっているのです。しかしチャレンジする価値があるものを紹介していくので経営者は必見です。

 

キャッシュフローを生む方法その1|短期間での回収を目指す

・売掛金や受取手形の早期回収を目指すこと

キャッシュフローが悪化する理由の一つとして、売掛金や受取手形などの売上債権の入金サイクルの遅さがあります。売掛金や受取手形が入金されるまでに時間がかかってしまうと、それだけ現金の確保が遅れてしまうのです。1週間でも2週間でも早めていかなければなりません。

一つの解決策となるのが、料金の前払いです。ただし前払いに関しては対応してもらえないケースも珍しいわけではありません。自社のほうが優位に立っている場合には対応してもらえるかもしれませんが、断られてしまうことが多くなっているわけです。

もう一つの方法としては現金決済があります。売上があった時に売上債権を受け取るのではありません。すぐに現金決済をしてしまうのです。売掛金や受取手形の受け取りに時間がかかってしまえば、それだけキャッシュフローに問題を抱えてしまいます。だからこそ現金決済を重視していくわけです。

しかし現金決済についても断られてしまうケースが珍しくありません。そこで現金決済をしてくれた場合には、割引などを実施するのです。「現金で即決済してくれる場合には5%オフにします」などということであれば、対応してくれる企業も出てくるかもしれません。試す価値はあります。

キャッシュフローを生む方法その2|債権回収を適宜行う

・不良債権化を防ぐこと

売掛金や受取手形ですが、期日を過ぎたものをもっていませんか?期日を過ぎても何もしなければ、結果として貸し倒れ状態となってしまします。貸し倒れ引当金で対処せざるをえなくなってしまうのです。

売掛金や受取手形ですが、期日がきたものに関しては適宜回収を実施しましょう。回収を実施することで、会社の資金が増えるかもしれないのです。

回収作業を手間に感じてしまい、対応が遅くなればそれだけ貸倒れる可能性が高くなります。倒産されてからでは対応は遅いわけです。まだ余力があるうちに少しでも良いので回収しましょう。

ちなみに入金が遅れている場合ですが、その業者に対して買掛金がある場合には相殺するのも一つの方法です。相殺しておくことでキャッシュが会社から出ていくことを防ぐことにもなるわけです。キャッシュフローが回る一つの解決方法になります。何も回収するだけが不良債権化を防ぐことになるわけではありません。

 

キャッシュフローを生む方法その3|資金調達を実施する

・会社のキャッシュの額を高める

かいしゃにキャッシュを増やす方法ですが、何も売上を強化するだけではありません。景気が悪いときなどは、何をしても売上がアップしないのです。売上がアップしづらい環境下でキャッシュフローを改善させようとしている時には資金調達も一つの方法になります。

資金調達を行うことで、会社に一定の現金が入ってくることになります。それだけ余剰資金が出てくることになるので、新たな事業展開の資金になってくれるかもしれません。運転資金にもできるわけです。設備投資資金としての利用もできます。

資金調達に関しては消極的な方も少なくありません。実際に借入金ともなると返済をしなければなりません。返済によってキャッシュフローに問題が生じてしまうこともあるのです。

ですから資金調達に関してはデメリット部分も確認しておくことをおすすめします。借り入れをする場合には、自社に返済返済能力があるかを確認しておきましょう。

 

キャッシュフローを生む方法その4|後払いの契約を結ぶようにする

・買掛金や支払手形の期日を先延ばしする

入金よりも支払いを遅くする、ということがキャッシュフローの改善につながるのです。
資金繰りが悪化している会社をチェックしてみると、その多くが支払いのほうが先に来ています。資金繰りが悪化しても仕方がない状況です。

キャッシュフローを改善させようとするのであれば、まずは支払いを遅くしましょう。買掛金や支払手形の期日を先延ばしできるようにお願いしてみるのです。1ヶ月遅くなるだけでも、資金繰りはずいぶんと変化してきます。

ちなみに支払いサイトを伸ばした場合ですが、必ず期日は守ってください。信用を失っては元も子もありません。取引停止にされてしまい、ビジネスが出来ないような状況に陥ってしまうかもしれないのです。企業間取引は信用第一です。信用を失っては掛け取引もしてもらえなくなってしまいますよ。