ファクタリングのメリット|期日前現金化の真実とは


ファクタリングは売掛金を期日前に現金化する、といったメリットがあります。ファクタリングの最大のメリットとされているわけですが、実際にどのように会社の経営を助けてくれるのでしょうか?なぜ期日前に現金化出来ることがメリットに繋がるのでしょうか?

こちらではファクタリングのメリットについて徹底解説します。

 

そもそも売掛金のデメリットとは?

・入金されるまでに時間がかかってしまう

売掛金は将来お金を払う約束をしたものとなります。売上があったのに、その場で現金を受け取るわけではありません。現金はあとから得ることになるわけです。

売掛金は入金されるまで一定の時間がかかってしまいます。

例えば「月末締め翌月末払い」といった感じです。
仮に今月のはじめに売上があったとしても、入金されるのは翌月の末です。2ヶ月近くも入金にタイムラグが発生することになります。

本来であれば会社として利益がすぐに出てもよいはずなのに、その利益を受け取るのには時間がかかるのが売掛金の最大のデメリットとなります。

売掛金と似たものに受取手形もあります。受取手形に関しても、売掛金と同様に入金までにはタイムラグが発生します。

売掛金や受取手形の入金までの時間がかかれば無かるほど、資金繰りの悪化が発生する確率は高くなります。

 

売掛金の期日前現金化が出来るファクタリングとは

・売掛金を買い取ってくれる

ファクタリングは期日前の売掛金を買い取ってくれます。
本来であれば入金までにまだ時間があるのに、売却することで一定の資金を早めに確保するわけです。

「そんなことをしてファクタリング業者にメリットはあるの?」と不思議に思っている方もいるかも知れません。ファクタリング業者は売掛金の期日が来たら、売掛金の満額を受け取るのです。そしてファクタリングをした時には一定の手数料を差し引いています。よって売掛金が満額手に入れば利益が出る計算となっているわけです。

もちろん貸倒れる可能性はあります。審査を行っているので貸倒れ率を一定に抑える工夫はしているのです。

 

売掛金を期日前に現金化するメリットとは?

・資金繰りを改善する

会社にとって極めて重要なのが、資金繰りです。
資金繰りが悪化してしまえば、会社としての存続も危うくなってしまいます。営業にも不安が出てきてしまいますし、取引先に支払いができなくなれば業務が停止したような状況になってしまいます。

売掛金を期日前に現金化できれば、入金が前倒しできるような間隔です。根本的な資金繰りの改善策とはなりませんが、一過性の資金難である場合には極めて有効な対処法となります。

そもそもファクタリングは融資ではありません。利用後に、毎月返済が発生することはないのです。ファクタリングに利用した売掛金が受け取れないだけで、融資のように会社の資金繰りを長期的に悪くするようなマイナスの作用はありません。

短期的な資金繰りを改善させる方法として非常に有効なのです。

・売掛金の入金サイトの改善につながる

入金サイトが遅い設定になっていると、支払いが先に来て、入金があとに来る、といった状態になっています。支払いが先に来る設定になっていれば、支払いが来るごとに資金難に陥っている状態になってしまうのです。

安定経営をしたいのであれば、先に入金が来てあとに支払いがくるように設定しましょう。だからといって、いまさら入金サイトをいじるのは難しい、というケースもあるのではありませんか?入金サイトの期間を短くすると取引先にマイナスの印象を与えてしまうかもしれません。取引先にも都合があるので、困らせてしまうこともあるのです。

そこで注目したいのがファクタリングです。ファクタリングであれば、期日前の売掛金を早期に現金化できます。しかも最短即日現金化も可能となっているのです。一時的にではありますが、入金サイトと支払いサイトのズレを埋めるような効果もあります。どうしても支払いができないようなきつい時には、ファクタリングが「有効」というわけです。

・バランスシートに悪影響をもたらさない

一般的に資金調達を行うと負債をバランスシートに記載しなければなりません。負債超過の会社となってしまえば、資金調達が難しくなる恐れもあるのです。

しかしファクタリングについては負債とはなりません。売掛金の売却なので、融資ではないからです。売掛金が入金されたのとほとんど同じような仕分けをすることになるので、負債超過の企業となるわけでもありません。

バランスシート的にもおすすめの資金調達方法なのです。

・貸倒れのリスクが減る

売掛金は貸倒れる可能性もあります。取引先の都合で入金が遅れたり、支払いができなくなったりすることもあるのです。

しかしファクタリングをすれば、すでに売掛金は譲渡しています。さらに償還請求権がないノンリコースで契約していれば、貸倒れてしまったとしても返済義務はありません。

売掛金の回収リスクが減るメリットもファクタリングにはあるのです。