会社を乗っ取られる!?ベンチャーキャピタルのデメリットとは?


会社の資金調達の方法として注目されているのがベンチャーキャピタルです。

ベンチャーキャピタルは融資ではありません。出資となっているので、返済は必要ないのです。さらに経営のアドバイスなどをもらうこともできるのデメリットが多い資金調達法です。

しかしメリットが多いベンチャーキャピタルであったとしてもデメリットがないわけではありません。

こちらではベンチャーキャピタルとは何か、ベンチャーキャピタルを利用することによるデメリットとは何か、について徹底解説しまう。

ベンチャーキャピタルとファンド

ベンチャーキャピタルというのは一般の投資家や金融機関などの母体を背景に資金を集めたファンドの元に成り立っている企業です。

この集めた資金を一般企業に投資することで利益を拡大させ、この利益をファンド形成の母体となる出資企業や投資家に還元していきます。

ベンチャーキャピタルはこのようなファンド形成者のための企業という側面もあるので、投資を希望する場合やベンチャーキャピタル企業に投資の申し出を行うときにはしっかりとベンチャーキャピタル企業だけでなく投資元のファンドにも利益を還元させるという意識が必要になります。

ベンチャーキャピタル企業は投資を受ける企業からしたら非常に魅力的な資金提供元ですが、ファンド形成者からすると投資先という立場になっています。しっかりとその立場を理解して資金を受けるようにしましょう。

デメリットその1|資金の回収が行われる可能性がある

・株式が売却されてしまう恐れあり

「経営がうまくいっていない」とベンチャーキャピタルに判断されてしまうと、保有していた株式を売却されてしまいます。資金を回収されてしまうことになるのです。

株式の売却先としては、株式の発行会社であるとか経営陣、さらには第三者となっています。意図していない相手に株式を保有されてしまう恐れもあるなどリスクが大きいので、資金の回収は避けなければなりません。

ちなみにベンチャーキャピタルの目的は出資した会社の上場です。上場することで、保有していた株式を高く売却できるのです。どのみち株式は売却される可能性が高いわけですが、企業として体力がついてからの売却ではなく、中途半端な時期に売却をされてしまうのは大きな負担となるので注意しなければなりません。

・資金の回収を避ける方法とは?

健全な経営をして利益を上げていくことが必須です。
黒字化していけば、基本的には資金の回収が上場前に行われる可能性は低いでしょう。

またベンチャーキャピタルの助言を受け入れることも重要です。ベンチャーキャピタルは会社の株主となっているので、経営的な要望を出してきます。すべてを受け入れる必要はありません。しかしコミュニケーションを取ってある程度の提案を受け入れれば、株式の保有状態を続けてもらえる可能性が高まるわけです。

デメリットその2|コストが増大する可能性あり

・上場するための準備費用がかかる
・上場後の維持のためにコストがかかる

ベンチャーキャピタルは前述したように、出資した企業の上場を希望しています。よって出資をされた企業は上場の準備をしていかなければなりません。上場の準備をするということはそれなりの費用がかかってきます。会社の体制づくりもしなければならないので、やらなければならないことが多くなってしまうのです。

上場をした後の維持のためにかかるコストも確認しておかなければなりません。企業は上場をしたら終了なのではありません。上場している状況を維持するためのコストも発生するのです。

・上場するまでにかかるコストとは?

4,000万円から5,000万円程度のコストがかかってきます。
もちろんいきなり4,000万円から5,000万円かかるのではありません。

コストの内訳としては以下のようになっています。

・有価証券届出書・目論見書・・・1,000万円程度
・上場コンサルティング費用・・・300万円から1,000万円程度(利用しないケースもある)
・証券会社コンサルティング費用・・・数百万円から1,000万円程度
・監査法人関連費用・・・1,000万円から2,000万円
・上場審査料・・・200万円
・新規上場料・・・100万円
・その他・・・数十万円

・上場後にかかってくるコストとは?

上場先などによっても異なってきます。さらに上場時の時価総額によってもコストは異なってくるので注意しましょう。

ちなみに東証2部で、上場時の時価総額が50億円以下であった場合には年間上場料は72万円となってます。時価総額が高ければ高いほど費用がかさみ、年間で500万円近くなることもあるので、かなりの負担となります。

デメリットその3|経営の自由度が低下してしまう

・株主の意向を尊重しなければならない

ベンチャーキャピタルは会社の一定割合の株式を取得しています。株主となっているので、意向を無視することはできないのです。

ケースバイケースとなりますが、株主総会で取締役を解任させられてしまう可能性もあるので注意しましょう。

ベンチャーキャピタルに見放されないようにするためにも、利益を確保した経営を行っていかなければなりません。企業価値を高めるなどして株主の利益を重視していかなければならないわけです。

・株式を51%取得されてしまうと・・・

経営権の問題が出てきてしまいます。

ベンチャーキャピタルからの出資を多く受けたい、と思っている企業も多いかもしれません。しかし出資を多く受ける、ということはそれだけ多くの株式を取得されてしまうのです。

仮に過半数を超える株式を取得されてしまえば、実質的に会社を操っているのはベンチャーキャピタル、ということになってしまいます。経営に関してはベンチャーキャピタルに言われるがままになってしまうわけです。

自分の思ったように仕事をしたいからこそ独立をしたのではありませんか?しかし株式の保有割合によっては、思っていることもできなくなってしまうわけです。