ファクタリングによる資金調達を成功させる方法とは


ファクタリングは一般的な融資による資金調達とは異なります。そもそも審査対象のメインは自社ではなく、売掛金を支払う取引先なのです。よって審査も融資とは異なってきます。

こちらではファクタリングによる資金調達を成功させる方法について解説します。どのような方法であればファクタリングによる資金調達は成功するのでしょうか?

ファクタリングによる資金調達を考えている方は必見です。

前もって取引方法を決めておくこと

・2社間取引と3社間取引

ファクタリングには2社間取引と3社間取引があります。そのいずれかの取引方法を選択しなければなりません。

ファクタリング業者によっては2社間取引と3社間取引の両方に対応していることもありますが、2社間取引しか採用していない業者もあるのです。よって前もって取引方法については決めておかなければなりません。

・2社間取引とは

自社とファクタリング業者のみが手続きを実施します。売掛先へ通知があるわけではないので、今後の取引には影響がありません。
しかし手数料が高めに設定されているので気をつけなければなりません。

2社間取引の特徴として、売掛金は一度自社に入ってくる、というものがあります。そして入ってきた売掛金はファクタリング業者へ自社が振り込みで支払うことになるのです。手間がかかりますが、自社がファクタリング業者への振込対応をすることで、取引先にファクタリングの利用が発覚することはありません。

・3社間取引とは

自社とファクタリング業者と売掛先が関わってきます。3社間取引の場合は売掛先にもファクタリングの利用が通知されてしまうので気をつけなければなりません。一方で手数料が低めに設定されている、といった特色もあります。

3社間取引の特徴として、売掛金は自社には一切入ってこない、というものがあります。売掛金が直接売掛先からファクタリング業者へ振り込まれるからです。だからこそ売掛先へファクタリングの通知をしなければなりません。

売掛先の経営状態が良いこと

・審査の対象は取引先である

ファクタリングが利用できるか、利用できないかは売掛先にかかっています。売掛金が確実に入金される、という状況であればファクタリング業者は審査を通過させてくれるでしょう。しかし売掛金を支払う能力がない、と判断されてしまえばNGとなってしまうわけです。

ファクタリング業者は基本的に売掛先の経営状態をチェックしてきます。売掛先の経営状態が良ければ、審査を突破させてくれます。しかし経営状態が悪い、という状況になっていればファクタリングは利用できない可能性が出てきてしまうのです。

どのような会社の売掛金を持っているでしょうか?大企業で安定経営をしているところの売掛金を持っているならチャンスがあります。ファクタリング業者が高く評価してくれるでしょう。

・自社は審査対象とはならないのか?

審査対象にはなります。
しかし経営状況が多少悪かったとしても、自社が売掛金を支払うわけではありません。ですから経営状態が悪かったとしても問題視されないこともあるのです。

実際に赤字経営の会社も利用していますし、税金未納の会社がファクタリングを利用している事例もあります。
要は売掛先が赤字であったり税金未納であったりしなければ、ファクタリングは利用できる可能性が高くなるのです。

複数の業者から見積を取ること

・手数料を比較する
・調達可能額を比較する

ファクタリング業者は数多くあります。選択肢がそれだけ多い、ということになるわけです。
せっかく業者が多いのですから、しっかりと比較して自身にとって有利なところを選択しましょう。

ではどのような部分を比較していけばよいのでしょうか?

まずは手数料に注目してください。
手数料は業者側の取り分となるので、かなりばらつきがあるのです。ただし2社間取引と3社間取引ではある程度の違いがあるのです。

・2社間取引の手数料の目安・・・10%から30%程度
・3社間取引の手数料の目安・・・数%から10%程度

3社間取引のほうが有利な手数料となっているわけです。売掛先から直接売掛金が振り込まれるので、リスクが低い、といった理由があります。

調達可能額にも注目しましょう。
業者によって対応できる金額にはばらつきがあるのです。

1,000万円から2,000万円程度を限界としている業者もあります。中には5,000万円や1億円まで対応している業者もあるのです。
あなたの会社はどの程度の額の資金調達を考えているでしょうか。その額によって、どこのファクタリング業者を利用するのかを判断していかなければなりません。

・相見積もりサービスを利用することも検討すべき

複数の業者に同時に見積もりを依頼できるサービスの利用もおすすめです。
最も自社に適したファクタリング利用ができそうなところを探すことも可能なわけです。

相見積もりサービスに関しては基本的に費用が発生することもありません。どの業者を利用してよいのかわからない、ということであれば相見積もりサービスを有効活用しましょう。