【経営者必読!】資金調達になぜ財務管理が重要なのか?


財務管理には様々な業務があります。

・企業の価値の算定
・M&A・・・合併や買収
・資産運用
・資産や資金の構成
・資金調達etc…

これだけたくさんの業務があるにもかかわらず特に重要になってくるのが資金調達なのです。なぜ資金調達と財務管理は密接に結びついているのでしょうか?
実はそもそも財務管理の業務の目的は、「どのように必要な資金を調達してその資金をどのように運営してくのか」という施策を考え実行していくことにあるのです。資金調達が成功するも失敗するも、財務管理にかかっているといっても過言ではありません。

こちらでは財務管理における資金調達の適切な対応方法について解説します。

【基礎知識】財務管理と経理の違いとは

財務管理と経理を同じものだと理解している方も多いかもしれません。しかしその2つは同じものではありません。実は大きく異なっているのです。

経理は、会社に発生した取引を記録することにあります。売上が発生すれば、売上を仕訳するわけです。要は記録と計算することが主な業務です。何かの計画を立てたり、計画の実行をしたりといったことに関わっているわけではありません。実際に発生したことを記録するのが仕事なのです。

一方で財務管理に関しては、「資金の調達」が一つの業務となっています。さらに「資金の運用」も業務となっています。要は様々な施策の計画立案と実行が仕事なのです。経理と同じようにお金に関わっている業務ではありますが、その内容は大いに異なっていることを理解しておかなければなりません。

業務内容は異なるが経理と連携しなければならない財務管理

経理は各種取引の記録を実施します。要は会社の現状を把握していることにもなります。
これまでのデータの蓄積もあり、今後の予測にも役立つ記録をたくさん持っているわけです。財務管理としてもそのデータは活かさなければなりません。

経理からの情報提供を適切に受けることで、資金が入ってくるタイミングと出ていくタイミングもつかめます。資金の出入りが把握できるようになるのです。

資金の出入りがつかめるようになれば、資金調達の計画が立てやすくなります。そもそもどの程度の資金が足りなくなるのか、ということも分かるでしょう。さらに資金がいつなくなるのか、といいうこともわかるのです。

どの程度の資金が必要なのか、資金調達しなければいつ資金がショートするのか、といったデータは財務管理としては必須となります。それらの情報がなければ資金調達の計画も立てられたものではありません。

・経理が財務管理の仕事をしている会社もある

会社の規模によっても異なってきますが。経理が財務の仕事を兼務していることもあります。仕事内容は厳密には異なっているので、必ずしも適切とは言えません。しかし経理の情報にも精通している必要があるので、合理的と言えば合理的な考え方でもあるわけです。

基本的には人員に限りがある中小企業では経理が財務の仕事を兼務していることが多くなっています。一方で大手となると、より正確な財務管理が必要となるので、経理と財務がわけられていることが多くなっているのです。

財務管理の仕事で特に重要になってくる事とは?

キャッシュフローが特に重要になってきます。
財務管理は資金繰りを把握して、資金がショートしないように対処していかなければなりません。財務管理の責務、と言っても良いことです。

そもそも資金がショートして取引先への支払いができなくなってしまったらどうなるでしょうか?取引先からの信用を失ってしまうことになるのです。1回の遅れであったとしても、取引を手控えられる原因となってしまいかねません。

売上が交渉であったとしても会社から出ていくお金が多くなれば、黒字倒産する可能性もあります。そういった状況にならないようにするためにも財務管理は会社に対して警鐘を鳴らしておかなければなりません。売上が良いからといって、強気な経営をしていれば良い、というわけではないのです。

売上だけに注目するのではなくキャッシュを重視する、ということも考えていかなければなりません。

財務管理はキャシュの流れをまずは掴むことです。そのうえで、資金が不足しないような対策をねることが必要になってきます。

・資産管理にも注目すること

財務管理は会社の資産を管理しておかなければなりません。
資産の中で、すぐに現金化できるものと現金化できないものとを判別して把握しておくことも重要なのです。

資産は一般的に「流動資産」と「固定資産」に分類されています。
流動資産については、比較的早い段階で現金化できるものを指しています。流動資産が多い状態であれば大きな問題はありません。
固定資産は不動産など現金化するのは難しい資産を指しています。資産が多かったとしても大半が固定資産であった場合には、資金調達を考えておく必要もあります。

また不要な資産がある場合には、前もって売却して流動資産である現金を増やすことも検討しましょう。