【どこがおすすめ?】ファクタリングのおすすめ業者の選び方


ファクタリングを利用した資金調達を選択する会社が増えつつありますが、問題となってくるのが、どの業者を選ぶのか、という部分です。たくさんの業者がありすぎて、その中から適切なところを見つけ出すのが難しい、といった感想を持っている方も多いのです。

こちらではファクタリング業者の中でどのようなところを選択したら良いのかを明らかにします。ファクタリングを利用しようと思っている経営者の方は必見です。

運営実績からファクタリングのおすすめ業者を探す

・運営実績が長ければ長いほど安心して利用できる

運営実績が短い業者であると、その業者が悪徳業者の可能性も出てきてしまいます。一方で長く営業している業者であれば、顧客も多いと判断できます。リピーターがいるからこそ、長期間運営できている、といったことも言えるわけです。

・どの程度の運営実績があれば安心か?

少なくても3年から5年程度の運営実績があると安心です。
1年や2年の運営実績であると、まだまだサービスが確立されていない可能性もあるわけです。

長いところになると10年以上の運営実績を誇っている業者もあります。10年以上となると、悪徳業者なわけはありません。間違いなく安心して利用できる業者であるはずです。

手数料率からファクタリングのおすすめ業者を探す

・手数料率が低めに設定されている業者を利用すべき

手数料率は資金調達額にも直結してきます。
手数料率が高ければ高いほど、実際に得られる資金が少なくなってしまうのです。一方で、手数料率が低ければ低いほど高額の資金調達ができるチャンスが広がります。

手数料率に関しては、まずは相場を知ることが重要です。その相場を上回ってしまっているのか、それとも下回っているのかで業者を評価していくわけです。

相場に関しては「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」で異なっています。一律の相場があるわけではないので、どちらの相場も理解したうえで業者選びをしなければなりません。

・2社間ファクタリングの手数料率相場・・・10%から30%程度
・3社間ファクタリングの手数料率相場・・・1%から10%程度

かなり開きのある相場となってしまいましたが、上記の範囲内であれば一般的な手数料率、ということになります。それらの手数料率を下回っているのかを業者選びでは確かめていきましょう。

・見積もりを取らなければ正確な手数料率はわからない

ファクタリング業者の公式ホームページなどをチェックしてもらえれば分かるとは思いますが、正確な手数料率を明示していません。
たとえば「2社間ファクタリングの手数料は10%から25%」「3社間ファクタリングの手数料率は2%から7%」などと表記されているのです。アバウトな掲示となっているので、実際に見積もりを出してもらわなければ正確な手数料率はわかりません。
よって気になる業者があったら、とりあえず審査を受けてください。そしてどの程度の手数料率が示されるかを確かめてみるのです。相場の範囲内であったり相場を下回っていたりすれば、有利なファクタリング利用ができる可能性があるのでおすすめ業者となります。

調達までのスピードからファクタリングのおすすめ業者を探す

・資金調達の期限までに間に合うのか?

ファクタリングに関しては、2社間取引であれば最短即日対応も可能です。3社間ファクタリングであれば、最短即日は難しいですが1週間以内の対応ができるケースも珍しくありません。

ファクタリングは比較的早い資金調達が可能となっているわけですが、注目しなければならないのが資金調達までの期限です。今週中には資金調達をしなければショートしてしまう可能性がある、というケースもあるでしょう。自社の状況に合わせた対応をしてもらえる業者選ぶ必要があるわけです。

仮に資金調達の期限が1ヶ月以上先である、というケースであれば特に業者選びでは悩むこともないでしょう。ほとんどのファクタリング業者が1ヶ月以内に対応をしてくれるからです。

一方で3日以内に資金調達しなければならない、という状況であれば選択できるファクタリング業者には限りが出てきます。中には1週間程度はかかってしまう業者もあるので、前もって対応スピードを調査しておかなければなりません。業者によってかなりの性ある部分なので注意が必要です。

調達可能額からおすすめのファクタリング業者を探す

・業者によって対応できる金額は異なる

ファクタリング業者ごとに資金調達の限度額は異なっています。
1,000万円としているところもあれば、5,000万円としているところもあります。中には1億円や5億円まで対応できる、としているところもあるのです。

自社がどれだけの資金調達をしたいのかが重要となります。その金額をしっかりと上回っている業者を選択しなければ意味がありません。
業者の公式ホームページをチェックしたり、電話で問い合わせたりするなどして調達限度額を調べておきましょう。