【知ってる?】ファクタリング取引の流れを徹底解説


企業の資金調達の方法として多く取り入れられ始めているのが「ファクタリング」です。ファクタリングとは、売掛債権の譲渡(売却)を指しています。

売掛債権ですが、売上があった時に発生します。しかし入金までには一定の時間がかかってしまうのです。早くても発生から1ヶ月程度はかかってしまいます。状況によっては、発生から2ヶ月後であったり3ヶ月後であったりとかなり長くなってしまうこともあります。

売掛債権が入金してこなければ資金繰りは悪化してしまいます。そこで出てくるのがファクタリングなのです。
ファクタリングであれば、期日前に売掛金を現金化できます。資金繰りの改善に寄与してくれるわけです。

今回は資金繰りを改善してくれるファクタリングの流れをお伝えします。資金調達を検討している方は必見です。

ファクタリング取引の大まかな流れ

・商品やサービスを行う

・売上が発生する

・売掛債権が発生する

・ファ生歌リング業者へ申し込みを実施する

・売掛先は売掛金の譲渡を通知し承諾をしてもらう(3社間取引のみ)

・ファクタリング業者とファクタリングの契約を実施する

・ファクタリング業者から支払いを受ける

・期日に売掛先から売掛金が振り込まれる(3社間取引の場合は、ファクタリング業者へ売掛先が直接振り込む)

・終了

以上がファクタリング取引の一般的な流れとなります。何か難しいことがあるわけではありません。手続きとしてもそれほど煩雑なものではないのです。

ただし注意点もあります。
いくつか2社間ファクタリングと3社間ファクタリングでは、取引内容が違ってくる部分もあるのです。

上記したように、売掛先への通知という部分の違いには注目しておかなければなりません。2社間取引であれば通知をする必要はありません。ただし3社間取引になると、売掛先に対して必ず通知をしなければならないのです。
売掛先にファクタリングをすることが知られる、というのはダメージにもなります。売掛先から「資金繰りが悪い企業」といったレッテルをはられることになってしまいます。その結果、取引量を控えられてしまうかもしれません。取引自体ができなくなってしまうかもしれないのです。

3社間取引には一定のリスクもある、と覚えておきましょう。

一方で3社間取引の場合は、支払い手続きが楽になります。売掛金の期日には売掛先から入金があるはずですが、3社間取引の場合は直接ファクタリング業者へ振り込みがあります。自社を介することがないので、振込手続きをする必要もありません。

2社間取引のケースの支払いについては。多少面倒なことになります。売掛金の期日に関しては、予定通りに自社に売掛金が振り込まれるのです。その振り込まれた売掛金ですが、さらに自社がファクタリング業者へ振り込むことになります。2社間取引の場合は、自社の振込手続きも必要になってくるので注意してください。

ファクタリングの種類を徹底解説

・診療報酬ファクタリングとは

医療機関や介護施設などが利用できるファクタリングの一つとなっています。
医療機関が国民保険や社会保険に対して請求する債権をファクタリングすることになるのです。
医療や介護系のファクタリングとなるので、利用のハードルは極めて低くなっています。さらに信用もできるとのことで、手数料率も低めに設定されているのです。少しでもお得なファクタリングを利用したい、と考えているのであれば利用を検討しましょう。

※手数料率が低い理由・・・基本的な売掛先は国が運営している社会保険基金等となっています。倒産リスクがないので、手数料率を低く設定しても問題はないのです。

・保証ファクタリングとは?

信用を得るためにファクタリング業者の取引を補償して貰う方法となります。中小企業が大企業と取引する場合に用いられるタイプのファクタリングとなっているわけです。

保証ファクタリングがあることで、大企業も安心して中小企業と取引ができるのです。中小企業の売掛金が補償されていることになるので、会社の規模が小さいことを理由に取引が手控えられることもなくなるでしょう。

保証ファクタリングは、企業が売掛金を支払えなくなったときのみ対応してくれるものとなっています。現状で大企業と取引をしていたり、今後する予定があったりという会社は保証ファクタリングの利用も検討すべきです。

・一括ファクタリングとは?

元請け会社が下請け会社に支払いを実施する時に一括ファクタリングが利用されます。

一括ファクタリングを利用することで、手形発行のコストの軽減も可能です。さらに送金コストまで削減できるのです。

下請け会社側にもメリットがあります。一括ファクタリングの影響で現金振込になります。現金が得られやすくなることになり、資金繰りに高影響が出てくることは間違いありません。

・まとめ

ここに掲載したように、ファクタリングと言っても1種類しかないわけではありません。複数の種類があるので、自分にマッチしたものを選択すべきです。