ファクタリングの2社間取引と3社間取引の審査突破割合比較


ファクタリングには2社間取引と3社間取引があります。
ファクタリングを利用した資金調達を行おう、と思っている方も多いでしょう。しかし2社間取引と3社間取引のいずれを選んだらいいのかで頭を悩ませている方も多いのです。

こちらではファクタリングの2社間取引と3社間取引の審査突破割合の相場についてお伝えします。どちらのほうが審査通過率は高いのでしょうか?

またそもそも2社間取引と3社間取引にはどういった特徴があるのか、ということも明らかにします。

ファクタリングの2社間取引と3社間取引の特徴とは?

・2社間取引の特徴とは?

①売掛先にファクタリングをする旨が伝えられない
②手数料率が高めに設定されている
③入金した売掛金を自社がファクタリング業者へ振り込まなければならない

ファクタリングの2社間取引は、自社とファクタリング業者のみの契約となります。売掛先には通知されません。要は売掛取引先からの信用を落とさずにファクタリングができるのです。

リスクが低い代わりに手数料率は高いです。相場は10%から30%となっています。
振込に関しても自社が直接ファクタリング業者へ行わなければなりません。

・3社間取引の特徴とは?

①売掛先にファクタリングする旨が伝えられてしまう
②手数料率が低めに設定されている
③売掛先から直接ファクタリング業者へ売掛金が振り込まれる

3社間取引は売掛先にファクタリングを利用する通知がされてしまいます。ファクタリングを利用することが発覚してしまうので、売掛先から警戒されてしまう恐れもあるのです。経営状態が悪化している企業と見られてしまい、取引に影響が出てくるかもしれません。

リスクが高い代わりに手数料率は低く設定されています。基本的に10%以下に設定されており、1%から3%と低い手数料率で利用できる場合もあります。
売掛先から直接ファクタリング業者へ振込が行われるので、振込業務がない、といった特徴もあります。

2社間取引と3社間取引の審査突破割合を比較する!

・2社間取引の審査突破割合・・・7割から8割程度
・3社間取引の審査突破割合・・・4割から5割程度

2社間取引については、審査突破割合が極めて高くなっています。審査を受けた多くの企業が利用できている、といった現状があるのです。実は2社間取引の審査突破割合の高さは個人向け消費者金融サービスよりも高くなっています。大手消費者金融の審査突破割合は4割から5割程度です。いかに2社間取引の審査が易しいかがわかってもらえるはずです。

3社間取引については若干割合が下回っていることも事実です。しかしそれでも低いとは言えません。銀行融資やノンバンク融資と比較しても高い設定になっているのです。

ファクタリング全体に言えることは、利用できる可能性が極めて高い、ということです。利用しやすい資金調達方法がファクタリングなのです。

1つ疑問に思うのが、「なぜ2社間取引と3社間取引の審査突破割合に差があるのか」という部分でしょう。以下に徹底解説します。

なぜ2社間取引と3社間取引の審査突破割合に差があるのか?

・手数料率の違い

2社間取引はファクタリング業者にとって利益率が高くなります。手数料率の相場が10%から30%となっており、多額の収益を挙げられるのです。
一方の3社間取引の手数料率は1%から10%程度となっています。利益率が低いので厳しく審査をしてきます。

考え方を変えると、2社間取引については仮に売掛金を回収できなかったとしてもカバーできるわけです。収益率が高いので他の2社間ファクタリングが成功していれば、一定の貸し倒れがあったとしても問題ありません。
しかし3社間取引は利益率が低いわけです。少しの貸し倒れでも会社にとってはマイナスとなってしまうかもしれません。だからこそ貸し倒れ率を少しでも下げるために厳しい審査が実施されるわけです。

・特約で3社間取引が禁止されているケースあり

ファクタリングを利用すること自体には違法性はありません。売掛金の現金化は法律の範囲内でできることなのです。

しかし3社間ファクタリングの利用ができない「売上債権譲渡禁止特約」というものがあります。3社間ファクタリングは、売掛金を完全にファクタリング業者へ譲渡してしまいます。もしも特約がついているのであれば、3社間取引は利用できません。

契約という面もあって、3社間取引の審査通過率は低めになってしまうわけです。

・高額の資金提供になる可能性があるから

手数料率も関わってくるのですが、2社間取引よりも3社間取引のほうが取り扱い額は高額になるケースが多いのです。手数料率が低いこともあり、特に高額の資金調達を行いたい方が利用している側面もあります。

高額の資金提供ともなると、やはりファクタリング業者としてリスクが高いことになります。数十万円の資金提供と数千万円の資金提供では、どちらが厳しく審査されるのかは明らかでしょう。