経営状態の変化に対応可能なファクタリングと融資を徹底比較


資金繰りが悪化した時には融資を検討するでしょう。しかし融資も万能とは言えません。経営状態の変化に柔軟な対応はできないのです。

一方でファクタリングによる資金調達に関しては経営状態の急激な変化にも柔軟に対応できます。使い勝手の良い資金調達方法なのです。

こちらではファクタリングと異融資の比較を行います。どちらの資金調達法を選択したら良いのでしょうか?

調達までの期間を徹底比較

・ファクタリング・・・最短即日対応も可能
・融資・・・最短即日対応も可能であるが1カ月程度かかることも

会社では急激に資金繰りが悪化することもあります。1週間以内に資金調達できなければ、資金がショートする、ということも十分に考えられるわけです。

ファクタリングに関しては、比較的早い段階での資金調達が可能となっています。即日対応できる業者も多いのです。かかったとしても1週間前後なので、急激な資金繰りの悪化にも十分に対応できます。

融資に関しては業者タイプによって大きく異なります。ノンバンクに関してはファクタリングと同様に最短即日対応が可能となっているので、経営状態の変化にも対応しやすいわけです。
しかし銀行融資になると審査に時間がかかります。1週間から2週間程度かかることも珍しくありません。
さらに日本政策金融公庫の制度融資となると3週間から1カ月程度は審査にかかってしまうのです。早急な資金調達ができない可能性が融資にはあるので十分に注意しなければなりません。

返済の有無を徹底比較

・ファクタリング・・・返済は不要
・融資・・・返済が必要(据置期間が設定できる可能性あり)

ファクタリングはそもそも融資ではありません。売掛金を売却するのがファクタリングなので、借入金ではないのです。よって返済は必要ありません。資金を受け取り、その見返りとして売掛金を譲渡しているのです。

返済が発生しない、ということで今後の資金繰りにも良い影響を与えます。定期的な支払いは発生しないわけです。

融資に関しては借り入れとなるので、返済は必須となります。早ければ翌月から返済が始まることになるので、大きなデメリットがある、といっても過言ではありません。今後の資金繰りに大きな影響を与えてしまうことになるのです。さらに利息金も発生することになるので、返済期間が長くなればなるほど返済金が増えてしまいます。高率な利息率が設定されている融資に関しては特に気をつけなければなりません。

日本政策金融公庫の制度融資に関しては多少内容が変わってきます。実は最大で1年間から2年間程度の据置期間が設定されているのです。一定期間は利息金だけの支払いで済むので、借り入れした当初の資金繰りについては安定する可能性があります。

資金調達後の財務内容を徹底比較

・ファクタリング・・・財務内容に悪影響は与えない
・融資・・・財務内容が悪化する

財務内容の良し悪しは今後の資金調達などにも大きな影響を与えます。これからも資金調達を行っていきたい、と考えているのであれば財務内容に関しては考慮していかなければなりません。

ファクタリングについては財務内容を悪化させることはありません。前述したようにファクタリングは借入金ではありません。借入金は通常「負債」の項目に記載されてしまうのです。負債が多いということは、財務内容が悪い、ということになります。しかしファクタリングを利用しても借入金が増えるわけではないので、財務的な問題が発生することはありません。

融資に関しては財務内容を悪化させてしまいます。今後さらに経営状態が変化しさらなる資金調達が必要になった時に、融資を受けたことが原因で審査落ちになってしまうかもしれません。
融資は借入金なので、負債のところに記載をされてしまいます。仮に融資を2,000万円受けたとしたら、負債額が2,000万円増加してしまうわけです。企業としての経営状態に問題がある、と判断されてしまう可能性もあります。

資金調達後の財務内容を重視するのであれば、ファクタリングのほうがおすすめです。

取引先への信用を比較

・ファクタリング・・・2社間取引きは問題なし、3社間取引は問題あり
・融資・・・基本的には問題なし

取引先への信用問題についても重要です。今後の経営にも大きく影響してくるからです。

ファクタリングについては、2者間取引であれば特に問題はありません。取引先に何も通知はないからです。しかし3社間取引を利用してしまうと取引先に通知がされてしまいます。売掛金を売却しなければならない厳しい経営状態である、と思われてしまうのです。

融資に関しては取引先に直接何かしらの通知があるわけではありません。取引先からの信用を落とさずに資金調達ができるのです。
ただし負債が増えることになるので、他の企業から信用調査を受けた場合には、問題がある企業、といったレッテルが貼られてしまう可能性も少なからずあるので気をつけましょう。