【なぜ?】ファクタリングが多くの企業に選ばれている理由とは


資金調達方法として、近年よく利用されているのがファクタリングです。まだ知らない方も多いのではありませんか?

こちらではファクタリングが多くの企業から支持されている理由を徹底解説します。なぜ支持されているかを知ることにより、利用したことがない経営者の方もイメージしやすくなるのではないでしょうか?

資金難で悩んでいる方は必見です。

支持される理由その1|簡単に利用できる

・手続き・システムが簡易である

資金調達できたとしても手続きが煩雑であったり難しかったりしたら選ばれにくいでしょう。ファクタリングは手続もシステムも簡単な内容になっているのです。

そもそも売掛金を売却して現金化する、という内容になっているわけです。融資とは異なっています。借金ではないので、その影響で手続もシステムも難しくはありません。

・審査もゆるい!?

審査がゆるいとは言えませんが、実は審査対象が一般の資金調達とは大きく異なっています。

融資は自社の経営状態が主に審査の対象となります。しかしファクタリングは売掛先の経営状態が審査の対象となっているわけです。自社の経営状態についてはそれほど厳しく見られるわけではないので、赤字経営であったとしても利用できる可能性があるわけです。

支持される理由その2|BSがスリム化する

・ファクタリングを実施してもBSの負債が増えるわけではない

BSとは貸借対照表のことを指しているわけですが、一般的な資金調達は負債が増えることになります。短期借入金や長期借入金が加算されるわけです。

一方でファクタリングは何を利用するでしょうか。売掛金を利用することになります。売掛金は流動資産を指しているわけですが、その流動資産が減るだけで負債が増えることはありません。貸借対照表がスリムな状態になるので、会社の評価を下げにくい、といった特徴があるのです。

ちなみに売掛金を多く保有している企業ですが低く評価される可能性があります。あまりに高額の売掛金を持っているということは、「不良債権化しているのでは?」と思われてしまうわけです。

ファクタリングを利用して売掛金を適切な額に引き下げることができれば、企業の評価を上げることになる、ということも理解しておきましょう。

「なぜ資金調達の審査で落ちるのだろう?」と悩んでいる企業も多いと思います。もしかしたら負債が多いのかもしれません。売掛金が多すぎるのかもしれません。貸借対照表の内容をチェックしておきましょう。

支持される理由その3|資金繰りが改善する

・入金が早く実施される

資金調達なので当たり前ですが、ファクタリングを実施すると会社に現金が入ってくることになるのです。しかも予定していたよりも早く入金されることになるので、キャッシュフローが改善します。資金繰りに良い結果をもたらしてくれるわけです。

売掛金の問題は、すぐに入金をしてくれない、というところです。売掛金を持っていても入金までにタイムラグがあるので、売上が良かったとしても資金繰りが悪化してしまう、という事例はいくらでもあります。黒字倒産になってしまうケースも珍しくありません。

ファクタリングを利用すれば1カ月や2ヶ月も早く入金してくれることになります。資金調達法として優秀なので、資金繰りが悪化している、という場合には利用を前向きに検討しましょう。

支持される理由その4|担保が不要である

・ファクタリングは売掛金を売却するだけ

銀行融資などを希望すると、不動産などの担保を求められてしまうことも珍しくありません。担保を持っていなければ融資が受けられないので、担保が大きな問題となってしまうのです。

しかしファクタリングには担保は一切必要がありません。売掛金を売却するだけなので、売掛金に価値があれば利用できるわけです。担保を求められることは皆無であり、不動産や有価証券などを持っていなかったとしても利用できます。

担保が不要であるからこそ手続きが簡単である、といったことも言えるわけです。

支持される理由その5|売掛先に知られずに利用できる

・自社の評価を下げることなく利用できる

仮に売掛先にファクタリングの利用がバレてしまえば、自社の評価を下げることになります。資金難の企業である、ということが取引先に知られることで資金難が加速してしまうことも十分に考えられるわけです。

売掛金を売却しなければならないほど資金繰りが悪い、と思われてしまえば取引を停止にされてしまうかもしれません。取引量を減らされてしまうかもしれないのです。

ファクタリングの2社間取引であれば、売掛先に通知は一切ありません。自社とファクタリング業者のみの契約で利用できるわけです。自社の評価を下げることもないので、今後の取引にも影響は与えません。

ただし3社間取引については売掛先に通知がされてしまいます。そのかわりに手数料率が低めに設定されているのですが、今後の取引に影響が出る可能性があるので気をつけましょう。