ファクタリングって何!?わかりやすく徹底解説します!


ファクタリングを資金調達として利用する方が増えています。今後も多くの方が利用すると考えられているファクタリングですが、経営者の方の中にはまだ知らない、という方もいるかも知れません。

こちらではファクタリングとはいったいどのようなものなのか、という部分を明らかにしていきます。資金調達初心者の方にもわかりやすく解説します。

ファクタリングって何だ?

・売掛金を期日前に譲渡して資金化すること

売掛金は期日があります。
売上が発生してから30日から60日で期日がやってくるわけですが、その期間まで待っていられない、ということもあるのではありませんか?資金繰りの悪化が急にやって来る、ということも考えられるわけです。

そこで出番になるのがファクタリングです。
ファクタリングは売掛金を期日前に現金化出来るものであり、資金繰りが悪化した時の対処法の一つとして注目を集めているわけです。

・そもそも売掛金って何だ?

商品やサービスを提供し、その売却代金や利用料金を請求できる権利のことを指しています。そもそも企業間取引の多くは掛取引となっています。現金決済のほうが稀であり、売掛金を用いた取引のほうが圧倒的に多い、といった特徴があるわけです。

ちなみに掛取引は信用取引、といった言われ方もしています。信用がある相手でなければ売掛金を用いた取引はできないからです。そもそも掛取引は口約束のような感覚で行われる取引を指しています。法的な契約をして取引をするわけではありません。

ファクタリングのシステム(仕組み)とは?

①掛取引を実施する(売掛金の発生)
②売掛金をファクタリング業者へ売却する
③売却代金が入ってくる
④売掛金が期日にファクタリング業者へ払い込まれる

ファクタリングについては、以上の流れで実施されることになります。基本的に難しいことが実施されるわけではありません。

まずは売掛金をゲットしなければなりません。掛取引を実施すると売掛金が入ってきます。その売掛金を利用することになるわけです。

売掛金が入ってきたら売掛金をファクタリング業者へ売却することになります。契約を行うことになるわけですが、注意してほしいのは審査が行われる、という部分です。審査なので必ずしもファクタリングが利用できるわけではありません。審査落ちしてしまう確率も少なからずあるわけです。

売掛金をファクタリング業者へ売却すると契約に基づいて一定の資金が入ってきます。その資金の使途は限定されるわけではありません。自由に利用してよいのです。運転資金としての利用も可能ですし、設備投資資金としての利用も可能です。借金返済に利用してもよいのです。

最後に売掛金の期日にファクタリング業者へ売掛金の入金額が振り込まれることになります。振込方法は2つのパターンに分かれています。2社間取引であれば、自社が仲介して振り込むことになります。通常通りに売掛金が自社に入金されてくるので、その売掛金をファクタリング業者へ払い込みます。
3社間取引の場合は、売掛先から直接ファクタリング業者へ払い込まれます。自社が何かしらしなければならないことはありません。

ファクタリングの種類って何?

・2社間取引と3社間取引あり

ファクタリングには2社間取引と3社間取引があります。どっちを選ぶのかによっても内容がだいぶ異なってくることがあるわけです。

2社間取引については自社とファクタリング業者のみの契約となります。売掛先にファクタリングの通知がされることはありません。

3社間取引については、自社とファクタリング業者の契約となりますが、売掛先へ通知があります。売掛先へファクタリングの利用がバレてしまうわけです。

手数料についても違いがあります。2社間取引よりも3社間取引のほうが手数料は有利に設定されています。

・診療報酬ファクタリング・保証ファクタリング・国際ファクタリングについて

一般的なファクタリング以外にも3つのファクタリングがあります。

診療報酬ファクタリングは医療機関の診療報酬のファクタリングサービスとなっています。保険診療は入金までに3ヶ月間ほどのタイムラグがあるので、それを埋めるために実施されるファクタリングなのです。期間が長いということもあり、ファクタリング手数料が高く設定されている、というデメリットにも注目しておきましょう。

保証ファクタリングは通常のファクタリングとは大きく異なっています。売掛債権を買い取るのではなく、保証する形のファクタリングサービスになっているのです。要は売掛先が倒産して売掛金が支払われない、というケースにおいて補償してくれるタイプのファクタリングとなっています。貸し倒れが発生しなければ支払いはありません。

国際ファクタリングに関しては貿易業などを実施する会社が利用するものです。海外の会社との取引に不安がある、という方が利用するケースが多くなっています。要は回収をアウトソーシングするわけです。