【知っていますか?】ファクタリングの上手な使い方について


ファクタリングは資金調達の一つの方法として市民権を得てきました。しかし単に資金調達として利用しているだけで、うまく活用しているとは言い難い方も少なくありません。

こちらではファクタリングの上手な使い方をお伝えします。あまり知られていませんが、ファクタリングには節税効果もあります。さらに融資が受けやすい状態することも可能なのです。

ファクタリングについてより詳しくなりたい、という方は必見です。

ファクタリングの上手な使い方その1|節税対策として活用する

・損金を計上できるファクタリング

ファクタリングは利用する時に一定の手数料が発生することになります。ファクタリング業者の取り分もあるので、額面金額が調達できるわけではありません。

そのファクタリング手数料ですが、「売上債権売却損」というものを計上します。「ファクタリング手数料=売上債権売却損」となっているわけです。

たとえば、売掛金代金が100万円であり、ファクタリング手数料が20万円であったとします。
仕訳は以下の通りになります。

(借り方)現金 80万円 (貸し方)売掛金 100万円
売上債権売却損 20万円

上記の場合には20万円を損金として参入できるわけです。利益から20万円減らせるので、結果的に法人税を引き下げることになります。その上で一定の資金調達ができることになるわけです。

近々大きな設備投資をおこなうために、税金として会社から出ていくお金を抑えつつ資金調達をしたい、というケースもあるでしょう。そういった場合にもファクタリングが活用できるのです。

ファクタリングの上手な使い方その2|融資を受けやすい状態にする

・貸借対照表の見栄えが良くなるファクタリング

ファクタリングには融資に対する大きな効果が期待できます。
一般的に過去に融資を受けていると、次の融資は受けにくくなります。その理由に負債があります。

融資を受けると短期借入金や長期借入金といった負債が増えてしまうのです。負債が多いということは返済がある、ということになり、返済能力に問題がある、と判断されてしまうわけです。融資の審査ではかなりマイナスに見られてしまいかねません。

一方でファクタリングは売掛金を利用した資金調達です。売掛金を売却するだけなので、利用したとしても負債が増えることはありません。貸借対照表に悪い情報を残さない、といったメリットがファクタリングにはあるわけです。

さらにファクタリングを利用することで現金という流動資産が増えることになります。実は現金がどれだけあるのか、という部分も融資の審査ではチェックされます。現金をより多く持っていれば、それだけ返済能力がある、ということになり高く評価されるわけです。

もちろん売掛金も現金と同じく流動資産です。しかし同じ流動資産でも売掛金よりも現金のほうが高く評価されます。売掛金は不良債権化する可能性もあるので、低く評価されやすい、といった特徴があるわけです。

ファクタリングの上手な使い方その3|貸し倒れリスクを引き下げるために利用する

・回収できなかったとしても問題なし

売掛金は前述したように不良債権化する可能性があります。入金する約束で取引は行ったものの、売掛先に支払能力があれば入金されません。仮に倒産をしてしまえば、全く回収できなくなってしまうことも考えられるのです。売掛金には貸し倒れリスクもある、ということは知って置かなければなりません。

一方でファクタリングを利用してしまえば、対象の売掛金の貸し倒れリスクは全くなくなります。ファクタリングは売掛金の売却であることを思い出しましょう。売掛金の所有権はすでにファクタリング業者にうつっているのです。

仮に売却した売掛金が不良債権化したとしても回収するのはファクタリング業者となります。「償還請求権」というものがありますが、ファクタリング契約の場合は「なし」に設定されています。貸し倒れが発生したとしても自社が対応する必要はありません。

売掛金の貸し倒れ率は企業によっても異なってくると思います。業者によっても異なるのでしょう。しかし中小企業を相手に商売をしていると、定期的に貸し倒れは発生してしまうものなのです。頭を悩ませている経営者の多いでしょう。
貸し倒れ率の高さに頭を悩ませているのであれば、ファクタリングを有効活用すべきです。貸し倒れリスクを少しでも減らすのです。

ファクタリングの上手な使い方その4|キャッシュフローを改善させる

・現金を増やす

売掛金はいくら持っていたとしても現金としては利用できません。資産ではありますが、現金でなければ経営には活用できないわけです。

ファクタリングであれば期日前に売掛金を資金化できます。仕入れや設備投資資金などにも利用できるわけです。ファクタリングを利用すればキャッシュフローが改善する、ということにもなるので積極的に活用しましょう。

ファクタリングに関しては継続的な利用には適していませんが、イレギュラーな資金繰りの悪化などには特におすすめです。