ファクタリング利用におけるリスクの実態を徹底調査


ファクタリングは資金調達法の一つとして注目を集めています。しかしファクタリングにはメリットもあればデメリットもあります。利用するのであれば、デメリットにも注目しなければなりません。

そこで今回はファクタリングのリスクの実態を徹底的に調査してみました。実際にファクタリングを利用した方は、どのようなリスクを感じているのでしょうか。

翌月の収支に大きな問題が発生する可能性あり

・ファクタリングを利用すると翌月の収入が下がる

ファクタリングは将来的に入金予定である売掛金を売却して資金を得る資金調達方法となっています。勘が鋭い方は気づいているとは思いますが、ファクタリングを利用してしまうと、将来入ってくるお金の金額が少なくなってしまいます。要は給与の前借りをしているのと同じような感覚になるわけです。

たとえば毎月1,000万円の売掛金が入金する会社があるとします。資金繰りが悪化したので、翌月入金予定の売掛金300万円を売却して資金を調達しました。その場合の翌月の収入はどうなるでしょうか?300万円の売掛金が入ってこなくなるので、結果として700万円の入金となるわけです。

ファクタリングには現状の資金繰りを改善させる効果しかない、という部分に注意すべきです。継続的な資金繰りの改善には役に立ちません。毎月利用するような状態にしてはならないわけです。

ファクタリングを利用すると、将来的に入ってくるキャッシュが少なくなります。その点をしっかりと理解した上でファクタリングを利用するかを判断してください。

売掛金の額面よりも確保できるキャッシュは少ない

・手数料が差し引かれてしまう

ファクタリングのリスク調査で特に多くの方が気にしているのが手数料です。ファクタリングを利用すると手数料が発生します。ですから売掛金の額面通りの金額を確保することにはなりません。

売掛金は1ヶ月や2ヵ月待てば額面の金額が入金をされてくるはずです。売掛金の額面が500万円であれば、期日に500万円のキャッシュが確保できるはずなのです。
しかしファクタリングを利用すると業者側の利益もあります。その利益分の手数料が差し引かれた額しかお金を確保できない、ということになるわけです。

例えば500万円の売掛金があり、手数料率が20%であったとします。500万円の20%なので100万円が手数料となるので、実際に受け取る金額は400万円となってしまいます。
1ヶ月や2ヵ月待てば500万円の現金を確保できたかもしれません。しかしファクタリングを利用したがために、受取金額は400万円になってしまうわけです。

確かにファクタリングには資金繰りを改善させる機能があります。しかし売掛金の額面よりも確保できるキャッシュは少くなる点は理解しておかなければなりません。期日まで待って満額受け取るか、それとも少しでも早く手数料を差し引かれても良いので受け取るのか、という部分をしっかりと考えてください。

もしもまだ資金に余裕がありショートまで猶予があるのであれば、期日まで売掛金を保持し全額受け取るほうが良いです。

取引先を失う可能性あり(取引量を減らされる可能性あり)

・ファクタリングが売掛先に発覚するリスクがある

ファクタリングは売掛金を譲渡する取引であり、売掛先に譲渡の通知がいってしまう可能性があるのです。

ファクタリングには2社間取引と3社間取引があります。そのうち3社間取引を選択すると、自社とファクタリング業者だけの契約で済ませられません。かならず売掛先へのファクタリングの通知をしなければならないのです。

ファクタリング自体は違法性のあるものではありません。しかし売掛先の受け取り方が問題になってくるのです。

ファクタリングをするということは資金繰りが悪化している、というアピールになるわけです。資金繰りが悪化しているということは、いずれは倒産してしまうかもしれません。倒産するような会社と取引をしたい、と思う会社はないでしょう。

よってファクタリングの通知がされると、取引を停止してくるところもあります。取引量を減らしてくるところもあるのです。

ファクタリングを利用することで取引先を失う可能性もあるので、十分に注意しなければなりません。

リスクを少しでも引き下げたいと思うのであれば、売掛先への通知がない2社間取引を選択しましょう。手数料率が高い、といったデメリットはありますが自社とファクタリング業者のみの契約で済ませられます。売掛先に売掛金の譲渡が伝えられることはないので、安心して利用できるわけです。

ファクタリングのリスク調査まとめ

ファクタリングのリスクとして3つをあげました。

・翌月の入金額が少なくなる
・売掛金の額面よりも入金額が減る
・今後の取引に悪影響が出る

そのうち3つ目の今後の取引への悪影響に関しては2社間取引を利用することで対応できます。売掛先へ何も連絡がいかないので、今後の取引にも何の影響も与えないのです。

入金額に関するリスクを2つ挙げましたが、どちらも大きな問題となります。ファクタリングを利用すれば直月の入金額が少なくなりますし、売掛金の額面よりも確保できる金額が少なくなるわけです。

ちなみに3社間取引を利用すれば手数料率を引き下げることが可能です。1%から10%程度の手数料率になるので、受取額が大きくなります(2社間取引の手数料率は10%から30%程度)。ただし売掛先に通知があるので、今後の取引に影響が出てしまうかもしれません。