【緊急!】早急な資金繰りの悪化に対処できる方法とは?


資金繰りが悪化したとしても、キャッシュがなくなるまでに一定の余裕があれば様々な選択肢も採用できます。資金調達までに時間が少しかかってしまうものも選択できるわけです。

しかし資金のショートが1週間後であるとか5日後である、といったような緊急の場合にはそれほど多くの選択肢はありません。

こちらでは概ね1週間以内に資金調達できる方法についてお伝えします。

緊急な資金繰りの悪化に悩んでいる方は必見です。

緊急な資金繰り対策方法その1|リスケを実施する

・金融機関の返済を軽くする

銀行などから借り入れを実施しており、その返済金が用意できない、といったケースにおすすめの方法となります。

リスケとはリスケジュールのことを指しており、要は返済計画を変更することをそう呼んでいるのです。

例えば返済期間を延ばしたら月々の返済額はどうなるでしょうか?月々の返済金額は少なくなるわけです。そうすることによって返済の負担を軽くして対処する方法もあるわけです。

しかしリスケにはマイナス面もあります。その金融機関を利用した借り入れがしにくくなる、ということです。リスケジュールを行ってしまったので、予定通りの返済ができなくなったことを意味しています。信用度が下がってしまったので、再度の借り入れには応じてもらいにくくなってしまうわけです。

緊急な資金繰り対策方法その2|ファクタリング

・売掛金を最短即日現金化するのファクタリング

ファクタリングとは入金までに時間がある売掛金を早急に資金化する方法となっています。会社の資金繰りが一時的に改善するので、緊急対策として非常に有効です。

ファクタリングは特にスピードに優れており、多くの業者が即日対応しているのです。かかったとしても基本的には1週間以内に入金となるので、緊急時の資金調達としても問題はありません。

ファクタリングは高額の資金調達ができる可能性もあります。売掛金の額によって調達できる金額も異なってくるのです。例えば手数料率が10%であった場合で、1,000万円の売掛金をファクタリングしたら900万円が手元に入ってくることになります。

特に売掛金が入金されるまでに時間がかかる状態になっている会社では、ファクタリングの効果が高くなります。入金サイトに問題があって資金繰りが悪化している場合には、ファクタリングを活用してください。

・ファクタリングの注意点|2社間ファクタリングと3社間ファクタリング

ファクタリングには2つのタイプが有り、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングが存在しています。どちらを利用したら良いのか、という部分で頭を悩ませている方も多いのではありませんか?

2社間ファクタリングは自社と業者のみで契約できます。手続きも難しいものではありません。売掛先にファクタリングの利用が通知されることもありません。しかし手数料率が高く設定されているので注意しましょう。

3社間ファクタリングに関しては、売掛先に通知がされてしまいます。取引先から信用されなくなってしまう恐れもあります。しかし手手数料率が低くなるので、より大きな金額を確保できる、とのメリットがあるわけです。

緊急な資金繰り対策方法その3|ノンバンクのビジネスローン

・少額融資であるが最短即日で資金調達できる可能性あり

ノンバンクのビジネスローンはとにかく審査スピードが早いことでも知られています。最短即日で融資してくれることもあり、緊急の資金調達先として大いに役立ってくれます。

ただしノンバンクに対しては問題があることも確かです。
まずは調達額が低額に限定される、という部分です。基本的に数十万円から数百万円にしか対応していません。1,000万円や2,000万円に対応している業者もありますが、かなり難しいのです。

ノンバンクで高額の資金調達を受けたいのであれば、不動産担保ローンなどの担保型ローンを検討する必要がありますが、大きな問題があります。そもそも担保型ローンは審査に時間がかかってしまいます。緊急の資金調達先には適していないのです。

さらに金利の問題もあります。ノンバンクに関しては、金利が極めて高く設定されています。10.0%以上に設定されていることがほとんどであり、15.0%や18.0%に設定されていることも珍しくありません。高率の利息金を支払わなければならないので、借り入れを行ったことでさらなる資金繰りの悪化を招くかもしれないわけです。

緊急な資金繰り対策方法その4|法人カードのキャッシング

こちらの資金調達方法は、すでにキャッシング枠のある法人カードを持っている方限定です。

法人カードは法人向けのクレジットカードですが、最近ではカードキャッシングに対応しているものも出てき始めました。中には数百万円のキャッシングができるカードもあるのです。そのカードを利用して資金調達を行う、という方法もあります。

キャッシング方法としてはカードが利用できるATMへ向かうだけです。あとは一般的なキャッシングを利用するのと同じ感覚で資金調達が可能です。