ランク外の悪徳ファクタリング業者を見分ける方法は?


資金調達の段階で様々なトラブルが発生することがあります。しかしお金が絡むことですのでトラブルは起こらないようにしなければ、さらに資金繰りを悪化させることになる可能性もあります。ファクタリングを利用する時にはできるだけトラブルの少ないランクの高い業者を利用したいところですが、そのためにも実際にどのようなトラブルが発生しているのかを知っておくと良いでしょう。

悪徳業者につかまると法外な手数料を請求される!

売掛債権を支払期日より前に現金化できるという便利な仕組みがファクタリングです。資金繰りが悪化し、短期的に現金を求める企業にとっては利用価値が高い手法だと言えます。しかしファクタリング業者に手数料を支払う必要が出てきますので、入金額は手数料を支払った分減ることになります。手数料は業者によって異なりますので、悪徳なファクタリング業者だと法外な手数料が発生しますので事前にどのくらいの割合の手数料が必要か確認しましょう。

しかも後になって契約内容の確認ができない?

ファクタリングを利用する場合には売掛債権の額、掛け目、手数料といった契約内容を文書として残すことが大切です。悪徳な業者では契約書を作成しないことがありますので注意しましょう。

悪徳なファクタリング業者の特徴とは?

悪徳ファクタリング業者の特徴として、必要書類がほとんどなく契約書なども作成されない状態であっという間に契約できます。しかも直前になって契約内容の変更を要求してきたり、良い条件しか伝えなったり、それでいて手数料が異常に高く確認してみると本社が存在しないということもあります。

もし悪徳なファクタリング業者を利用してしまったら?

悪徳なファクタリング業者を選択してしまわないために、手数料などの契約内容、そして書面上に残すなど適切な契約内容になっているかの確認が必要ですが、もし悪徳業者につかまってしまった場合などは専門家に相談して契約解除と債権譲渡を無効にする措置が必要になります。

信頼の高いランク上位の業者に相談してみては?

様々な口コミサイトやファクタリング業者を検索してみても、どこが信頼できる業者かの判断が難しいという場合にはファクタリング業者のランクなどを参考にしてみてはいかがでしょう。多くの人に信頼されている業者であるということは、実績が高く良心的であるケースが多いと言えます。ランクの高い業者であれば、まずファクタリングの相談をするとしっかりとヒアリングを行うことから始めるはずです。資金調達を急ぐからと、とりあえず業者を決めてしまうのは危険です。やはりしっかりと吟味した上で決定することが大切ですので、弱みに付け込む悪徳業者につかまらないためにも冷静な判断が必要です。