忙しい経営者でも来店不要で利用できるファクタリング会社は存在する?


資金調達の方法として、ファクタリングを検討しているものの、忙しくてなかなかファクタリング会社まで来店できないという場合もあるでしょう。

来店不要でファクタリングを利用することは可能なのか、その場合、何に注意すればよいのかなど、安心して資金調達するために必要な知識を得ておきましょう。

 

ファクタリングは基本的に面談が必須条件

多くのファクタリング会社では、基本的に来店を必要としていることが一般的です。法人を対象としたビジネスローンなどの場合であれば、来店不要で手続きできるものもありますが、ファクタリングの場合、来店の上、ファクタリング会社と面談した上で契約する流れになっています。

その理由として、ファクタリングにおける審査では、この面談が重要な要素を占めるからといえるでしょう。

 

なぜファクタリングでは面談が必要?

ファクタリングにおいて面談が重要視されるのは、売掛債権を現金化するためにファクタリング会社を騙そうとする方がけっして少なくないからです。

騙そうとする手法にはいろいろありますが、2社間ファクタリングを例に考えてみましょう。

 

依頼者が二重にファクタリングを申し込むケース

仮に売掛債権の譲渡登記を行わなかったとしたらどうでしょう。ファクタリングの依頼者がすでに他のファクタリング会社に売掛債権を譲渡していたとしたら、後で申し込まれたファクタリング会社が貸し倒れになる可能性も出てきます。

 

依頼者からファクタリング会社に売掛代金が入金されないケース

2社間ファクタリングの場合、売掛相手から入金があった場合には、そのお金をファクタリング会社にそのまま渡さなければなりません。しかし、もし他の返済に充ててしまい、ファクタリング会社に入金されなかったとしたら、やはりこの場合もファクタリング会社は貸し倒れになってしまいます。

 

依頼者と売掛相手が共謀して債権売却するケース

仮に倒産寸前の売掛相手と共謀して売掛債権を売却したとしたら、ノンリコースという売掛先が倒産したときの返済義務がないファクタリング会社は、損失分を請求する相手を失うのです。

 

悪意を持ってファクタリングを利用する方がいる?

このように、中には悪意を持った利用を考える方もいるため、ファクタリング会社はそのリスクを少しでも回避するために、面談で本当に信用できる相手かを見極めます

面談の中で、売掛債権の売掛相手との取引経緯や状況など、どこか怪しい部分はないか簡単なヒアリングを行う必要があるのです。そのため、面談は必須となり、基本、来店することが求められることになります。

 

来店不要で対応するファクタリング会社も存在する

優良なファクタリング会社などの場合、忙しくて来店ができない経営者の方に代わって、訪問や出張による面談を可能としている場合もあります。

来店が難しいけれどファクタリングで資金調達したいと考える経営者にとっては、大きなメリットといえますが、その分、出張費用などがかかるため手数料が割高になる場合もあります。

また、支店があるファクタリング会社の場合、全国で即日対応できる可能性が高くなるため、時間や費用を無駄にせず円滑資金調達が可能となるはずです。

もし出張訪問などの対応が可能なファクタリング会社を利用する場合、事前にどのくらいの手数料が発生するか確認しておくと安心です。

 

面談場所がカフェ?これって大丈夫?

ファクタリング会社が面談審査を行う場合、出張訪問であればファクタリングの利用を希望する方の会社まで足を運ぶはずですし、来店してもらえばオフィスに招き入れてその場で面談を行うはずです。

しかし、その審査をオフィスではなく、敢えてカフェなどで行うファクタリング業者がいるようですが、この場合、注意が必要になります。

そもそも、会社の経営状況や資金についてなど、他人にはあまり聞かれたくない話をわざわざ人の多いカフェなどを選んで行うことに問題があります。

ファクタリングの利用を希望する方がどうしてもと希望するのならまだしも、そうでない場合は信頼性が低い会社といえます。

最低条件として、ホームページなど立ち上げているのならサイトに記載された所在地であるオフィスで面談を行うことが求められるでしょう。

 

優良なファクタリング会社を見分けるには?

売掛相手に知られることなく、ファクタリング会社とだけ売掛金の取引を行う2社間ファクタリングを希望する企業は少なくありません。しかし、その場合にはやはりファクタリングを利用する方の信頼性が高いことが条件となるはずです。

ファクタリング会社でも、経営がギリギリという小規模事業者でも気軽に相談できる窓口を設けていたり、2社間ファクタリングに積極的に力を入れているところもあります。そのような高いスペックのファクタリング会社にまかせることができれば、その後の資金繰りも安定してくるはずです。

また、経営や財務管理を見直したい場合など、コンサルティング業務などを併用して行っているファクタリング会社に相談してみるとよいでしょう。

 

ファクタリングを来店せずに利用したいなら

ファクタリングは面談審査が重要であるのは、2社間ファクタリングの場合など、本当に経営者が信頼できる人物か、実際に会って話をしてみないと判断できない部分が多いからといえます。

ファクタリングを利用した顧客に売掛金が入金されても、そこからファクタリング会社にそのお金が本当に振り込まれるのか、使いこまれる心配はないのか見極めなければならないからです。

そのため、ファクタリングを利用するためには来店は必須となりますが、中には出張訪問などで対応してくれるファクタリング会社もあります。忙しくて時間が取れない場合などは、出張訪問の対応が可能なファクタリング会社に相談してみるとよいでしょう。