ファクタリングを検討するなら、他の資金調達と比較した上で決定を!


経営者なら、誰でも資金調達の問題に直面することはあるでしょう。事業資金が不足してしまう理由はいろいろですが、新規に受注は次々に発生していて後に入金される売掛金もあるのに、先出し費用の支払いや売掛金入金までの期間が長いことが、資金繰りを悪化させてしまっていたら、何とももどかしいことです。

そのような場合、後に入金される予定の売掛金を、先に現金化できるファクタリングで資金調達を検討する方もいるかもしれません。ファクタリングを資金調達に利用するなら、他の資金調達方法との違いを理解し、ファクタリングと比較した上で検討することをおすすめします。

 

ファクタリングの特徴

ファクタリングは、売掛金の入金を前倒しできる資金調達方法なので、入金サイクルが比較的長めの建設業や運送業などには広く利用されています。

ファクタリング専門業者に売掛債権を譲渡し、その代わりに現金を得ることができる資金調達方法なので、新たな借入れを増やするわけではないこともメリットです。自社の借入れ状況や、税金などに滞納があっても、審査に影響しにくく、しかも入金までも迅速に行われます。

 

政府系金融機関からの融資

日本政策金融公庫など、政府系金融機関からの融資であれば、低金利で資金を調達できます。

担保の有無によって基準金利が異なりますが、2%前後で融資を受けることができるのは大きなメリットです。また、固定金利なので、融資実行時の利率のまま、返済が完了するまで変わることなく、返済計画が立てやすいのも魅力です。

 

銀行などからの事業融資

事業資金を調達する最も一般的な方法として、銀行融資が挙げられるでしょう。金利は銀行や借入額、返済期間などによって異なりますが、2%から10%未満など、低コストで調達できます。

ただし、担保を差し入れる必要があったり、連帯保証人や信用保証協会などの保証などが必要となる上に、審査のために様々な書類準備など、時間や手間がかかります。

不動産担保ローンの場合、不動産を担保に差し入れることで審査のハードルは多少なりとも下がります。第三者の保証人を付けなくてもよく、返済期間も長く設定することができます。

ただし、不動産の評価額以上、借入れすることはできず、抵当権設定登記も必要になります。もし返済不能に陥ると、担保に差し入れた不動産は競売にかけられ、任意売却されて返済に充てられるので、最終的に不動産を失うことになる点は理解しておきましょう。

 

売掛債権担保融資

保有する在庫や売掛金などを担保にして借入れをする方法で、売掛金を使って現金を得るという点はファクタリングと同じですが、内容はまったく異なります。

まず、ファクタリングの場合は、売掛先など債権そのものの信用性を重視しますが、売掛債権担保融資では、借入れを行う会社や代表者の評価が重視されます。

また、ファクタリングの場合、売掛金未払いや売掛先倒産により売掛金が回収できなくても利用者が弁済責任を負うことはありませんが、売掛債権担保融資の場合は全額返済が必要です。

 

ノンバンクの無担保事業者ローン

消費者金融が融資を行う、ビジネスローンやカードローンなどの事業者向けローンです。担保を差し入れる必要なく、保証人も不要で、即日融資を可能とするなど、急いで事業資金を調達しなければならないという方には思わず飛びついてしまいたくなる資金調達方法です。

ただ、銀行融資と比較すると金利は高めです。利息上限法ギリギリの金利設定であることも多く、その上、初回は数十万円までの利用に制限されることもあります。

短期で一時的に少額資金が必要という場合には便利がよいですが、常時借入れを続けると資金繰り悪化の要因になりますので注意しましょう。

 

ファクタリングのメリット

ファクタリング以外の資金調達を確認した上で、ファクタリングを利用するメリットをあらためて確認してみましょう。

まず、審査が比較的柔軟であり、借入れではないので担保や保証人も必要なく簡単に資金調達できる点です。

そして、売掛金を売却して現金化するため、先の入金を前倒しで受け取り、資金不足を補いキャッシュフローを正常化できます。

最後に、売掛先が倒産しても利用者が弁済責任を負わなくてもよい、償還請求権のない債権譲渡を実行するファクタリング専門業者を選択することで、万一売掛金が回収できなくなってもリスクを抱える心配もありません。

 

ファクタリングを使って資金調達するとよいケース

他の資金調達と比較した場合、ファクタリングで資金を調達するとよいケースとは、銀行など金融機関から融資を受けられなかった場合などです。

また、売掛金の支払いサイトが長期に渡る取引先を多く抱えている場合も、ファクタリングでキャッシュフローが改善できます。

売上は上がっていて帳簿上は黒字なのに、手元に現金がなければ支払いができず黒字倒産する可能性もありますので、資金がショートする前にファクタリングの活用を検討してみるとよいでしょう。