ファクタリングでよく使われる「債権譲渡」とは何を意味する言葉?


資金調達にファクタリングを利用しようと、どのような方法や仕組みになっているか調べたとき、「債権譲渡」という言葉を目にすることがあるでしょう。

しかし、実際にこの債権譲渡とはどのようなことを意味する言葉なのかご存知でしょうか。

そこで、債権譲渡とは何のことを示す言葉なのか、ファクタリングと債権譲渡とどのような関係があるのかなどご説明します。

 

そもそも「債権」とは?

「債権」とは、財産に関してある方が他の方に対してある行為を請求しうる権利のことですが、この説明だけではイメージにしくいかもしれません。

たとえばモノを購入したとき、購入者は販売者に金銭を支払う義務である「債務」を負いますが、その代わりにモノを受け取る権利である「債権」を得ます。

その一方で、販売者は購入者から金銭を受け取る権利を「債権」として得ることになり、代わりにモノを購入者に引き渡す義務である「債務」を負うことになります。

 

「債権」を「譲渡」することで資金を得るのが「ファクタリング」

本来であれば購入者から金銭を受け取ることができるはずの「債権」について、支払いがなされなかったらどうでしょう。最悪の場合、裁判所を通じて財産を差し押さえることができたとしても、手続きや費用がかかってしまいます。

そこで、債権を回収する業者に債権を売り、手数料を差し引かれたのちに債権の買取代金を払ってもらう方法として、ファクタリングが多く用いられるようになりました。

債権回収に手間や時間、費用をかけず、早期に債権を手放して現金化したいというニーズに合致した資金調達の手法なのです。

 

ファクタリングはまとまった資金が必要なときにも対応可能

ファクタリングは、利用の申し込みを行った企業が、ファクタリング会社に売掛債権を売るという意味では「債権譲渡」の1つといえます。

利用するためには売掛金などの「売掛債権」を保有していることが前提ですが、売掛債権は流動性が極端に低いので、期日までは手元に入金されることはほとんどありません。

しかし、その流動性の低い売掛金を債権譲渡という形を用いて流動化させ、急にまとまった資金が必要になったときに対応するのがファクタリングです。

もしファクタリングを使った資金調達を検討しているなら、悪徳な業者に依頼してしまわないよう、業者の見極めも大切になります。

 

悪徳なファクタリング業者に引っかからないことが重要

売掛金などの債権をファクタリング会社に譲渡することにより、債権を早期に現金化できるだけでなく、資産をオフバランス化できるので資産のスリム化も図ることが可能です。

しかし、悪徳な業者でファクタリング会社か判断するためには、そのファクタリングが本当に債権譲渡なのか、それとも売掛債権担保付賃金契約なのかを見極める必要があります。

ファクタリングは借入れではありませんので、当然、ファクタリング会社も貸金業者ではありません。しかし、中にはファクタリング会社と謳い、売掛金などを担保に金銭を貸し付け、法外いえる高額の手数料を請求されるケースもあるようです。

そのような悪徳な業者に引っかからないためにも、信頼できるファクタリング会社はどこか見極めが肝心となります。

 

3社間ファクタリングで売掛先への通知が必要な理由

また、ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがありますが、3社間ファクタリングでは売掛先に対して債権者が変更になったことを通知されることになります。

債権譲渡は、債権を譲るファクタリングを利用する方とファクタリング会社の合意があれば成立します。しかし、売掛先企業にしてみれば、まったく知らない業者などが自社の債権を保有し、その代金の支払いを請求されても納得できるはずもありません。

そこで、「債権譲渡の対抗要件」として、債権譲渡が行われた場合は、新しく債権者になったファクタリング会社が売掛先企業に対し、自社が権利者であることを主張することが求められます。

権利者として主張するためには、債権者が変わったことを売掛先企業に通知を行うか、または、売掛先企業から債権者変更について承諾を得るかが必要になります。そのため、3社間ファクタリングにおいては、売掛先企業に対し、売掛債権譲渡の事実を通知することを行うのです。

 

ファクタリングに必要な書類

ファクタリングで資金調達するためには、基本的に次のような書類が必要になりますので、事前に準備しておくと手続きがスムーズに行えます。

 

2社間・3社間のどちらでも必要な書類

・決算報告書(3~5期分必要ですが、直前の決算月が半年以上前であれば、当年度の試算表を求められる可能性もあり)
・預金通帳
・売掛金額が確認できる請求書や注文書など
・発行して3か月以内の法人の印鑑証明書
・登記事項証明書(法人の商業登記簿)
・本人確認書類(代表者の運転免許証等)

 

3社間でのみ必要な書類

・債権譲渡に対する承諾書

 

基本契約書があるとさらにスムーズ

また、審査を円滑に進めたいなら、基本契約書など、売掛先企業と継続して取引を行っていることが確認できる書類があるとよいでしょう。

ファクタリング会社は、もし買い取った売掛債権の支払いがない場合、損失を抱えることになる不良債権化リスクを負います。

そのため、ファクタリングを利用するときに行われる審査では、ファクタリングを利用する企業の経営状況よりも、売掛先企業から売掛金の支払いがしっかり行われるのかが重視されます。

長期で安定した取引が行われている売掛先企業であり、いつまでに支払いが行われるのかなど明確にわかっていれば、ファクタリング会社も審査を進めやすくなりますし、高額買取にも繋がりやすくなる可能性もでてくるでしょう。

そのため、基本契約書など準備できるのであれば、必要書類の1つとして用意しておくようにしてください。

 

大切な債権を譲渡するファクタリング会社選びは慎重に

ファクタリングに必要になる書類については、ファクタリング会社により異なる部分もあるかもしれませんので、利用するファクタリング会社から求められる書類の準備を行うようにしてください。

また、必要書類の中に準備できない書類がある場合、代替書類で対応できるかもたずねてみましょう。別の書類で対応してくれるファクタリング会社もあるかもしれません。

いずれにしても、信頼できるファクタリング会社に売掛金など大切な債権を譲渡することが重要です。急いで資金調達しなければならないと焦ってしまい、悪徳業者に引っかからないよう、慎重にファクタリング会社選びをするようにしましょう。