ファクタリングの比較対象となるABLの特徴|それぞれに適した活用方法


資金調達を行う上で、ファクタリングの利用はここ数年で増加傾向にあります。ファクタリングでよく比較の対象として考えられる資金調達の方法ABLがありますが、どちらも売掛債権を対象として資金を導入する仕組みですが、内容や効果はまったく異なったものとなります。

そこで、ファクタリングとABL、それぞれの特徴などを把握し、どちらを用いた資金調達方法が合っているのか判断するようにしましょう。

 

ファクタリングの仕組み

ファクタリングとは、企業の売掛金など売掛債権を、売掛金を買い取るファクタリング会社に手数料を支払い売却し、売掛先の決済日より先に資金を調達する方法です。

ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがありますが、このうち3社間は自社とファクタリング会社、そして売掛先企業の3社の間でファクタリングが成立します。

そのため、売掛先企業にもファクタリングを行う旨の通知を行い、承諾を得た上で実行されるため、自社が緊急資金を必要としている状況であることを売掛先企業に知られたくないという場合は不向きです。

そこで、手数料は3社間ファクタリングよりも高くなりますが、売掛先企業を除く2社間で取引を完了させることができる2社間ファクタリングが多く利用されるようになりました。

 

ABLの仕組み

ファクタリングと比較対象にされやすい資金調達の方法で、「Asset Based Lending(アセット・ベースト・レンディング)」の頭文字を取って「ABL」と呼ばれています。

企業が保有している商品や原材料などの在庫、機械設備、売掛債権など、これまではあまり担保として活用されていなかった資産を担保に融資を受ける資金調達の方法です。

 

具体的なファクタリングとABLの違い

どちらも売掛債権を使う点は共通していますが、次のように具体的に明らかに異なる部分もありますので確認しておきましょう。

 

対象となるものの違い

ファクタリングは債権だけが対象となるのに対し、ABLは債権だけでなく、その他、在庫や機械設備などの動産も対象です。

 

審査基準の違い

ファクタリングはその売掛債権が継続した取引での債権なのか、売掛先企業の信頼性などが審査で重視されます。

対するABLは、融資を受ける企業が安定して経営を行っているかという信用力の高さ、そして担保となる動産の資産価値が審査の基準となります。

 

行う登記の種類の違い

ファクタリングの場合は、債権が譲渡されたことを記録するために債権譲渡登記が行われる場合もあります。

ABLの場合は、すでにある売掛債権はもちろん、将来発生する売掛債権なども債権譲渡登記の対象となる他、在庫や機械設備などの動産が対象の場合には動産譲渡登記が行われます。

 

負担するものが手数料か金利かの違い

ファクタリングは貸金業には該当しませんので、ファクタリング会社に支払うのは金利ではなく手数料です。

ABLは融資制度ですので、担保となる資産の信用リスクや保全度合いなどに応じた金利が設定されることになります。

 

資金として調達できる額の違い

ファクタリングは売掛債権を現金化する仕組みですので、売掛債権の範囲内で資金を調達することができます。

一方ABLの場合、売掛先企業や売掛債権などの評価が高ければ、多く資金を調達できる可能性も出てくるでしょう。

 

ファクタリングのメリットとデメリット

ファクタリングの審査では、売掛債権の償還能力が重視されますので、数年赤字続きで利益が出ていない企業が利用する場合でも、取引が長期に渡り安定して入金がなされている売掛金なら利用できる可能性が高くなります。

企業の経営状況がおもわしくなく、銀行融資などを申し込んでも審査で断られてしまったという場合でも利用しやすいことがメリットです。また、ファクタリングは融資でないため返済義務は生じませんし、万一、売掛先企業が倒産した場合でも支障はないこともメリットといえます。

ただし、3社間ファクタリングを選択した場合には、売掛先企業通知が行われることになるため、取引先からの信用性が低下してしまう可能性は否定できません。

 

ABLのメリットとデメリット

商品や農畜産物、原材料などの在庫なども担保の対象となるため、固定資産を保有していない企業でも融資を受けることができることがメリットです。

ただし、担保価値の判断が難しく、過剰担保になる場合などもある点は注意が必要です。

担保に差し入れる資産の割合が高くなると、万一の場合、会社が倒産する要因となる可能性もあるのでその点も注意しましょう。

 

まとめ

ファクタリングとABLを比較した時、それぞれの使い分けを行うことが大切であるといえます。

まず、ファクタリングは、建設業のように売掛金の支払いサイトが長期に渡る場合や、IT業やサービス業などのように、人件費や資材費などの諸費用が多く発生し、一時的に赤字経営に陥ってしまう傾向にある場合などに利用するとよい資金調達方法です。また、車両や機器の故障などで急な資金を要する場合などでも対応できます。

ABLは、商品を仕入れてから販売までにタイムラグが発生する中古車販売業や、担保にできる高価な機械設備などを使っているなど、設備の規模が大きい企業などにはよい資金調達方法です。

資金調達の迅速性や、審査の柔軟性、費用の安さで選ぶのならファクタリングがよいでしょうし、長期的に負担する金利の安さで選ぶならABLのほうがよいと考えられるでしょう。