業者や契約内容によってファクタリング手数料に差が生じる理由とは?


中小企業の資金調達の手段として、これまでならどこか金融機関から融資を受けることが多かったかもしれません。しかし、近年ではファクタリングが中小企業の有効な資金調達方法として注目されつつあり、手元に現金を得るまで時間や手間もかからないと評判です。

ただ、売掛債権を買い取るファクタリング会社も慈善事業ではありませんので、会社を営んでいくためにファクタリング手数料を報酬として受け取ることになります。

このファクタリング手数料ですが、契約方式や依頼するファクタリング会社によって設定が異なるため、どのくらいが一般的な水準なのかご紹介します。

 

ファクタリングの契約方式は2つ

まず、ファクタリングの契約方式は、リコースファクタリングノンリコースファクタリングの2種類あります。それぞれ、設定されるファクタリング手数料が異なるのは、その手数料が金利なのか、それとも手数料なのかの違いです。

 

リコースファクタリングの場合

リコースとは、さかのぼって請求する権利のことを指しています。そのため、実態は融資という形です。

ただ、融資は銀行か貸金業登録を行っている金融会社のみが行うことを許されているため、発生する手数料は融資に対する利息であり、利息制限法による利率の上限を超えない範囲で設定されることになります。

 

利息制限法による利率の上限

  • 元本が10万円未満なら年20%まで
  • 元本が10万円以上100万円までは年18%
  • 元本が100万円を超えると年15%まで

 

ノンリコースファクタリングとは

リコースがさかのぼることを意味するのに対し、ノンリコースはさかのぼらないという意味になるので、ノンリコースファクタリングとは責任範囲を限定したファクタリングということになります。

そのため、売却した売掛金の取引先(売掛先)がもし倒産したとしても、リスクはすべてファクタリング会社が負担することになるので、責任を負う必要はありません。

ノンリコースファクタリングの場合、売掛金が抱えるリスクをファクタリング会社が査定し、そのリスクに応じて買取価格が決まる売買契約であり、法律上は債権譲渡契約に該当します。

債権譲渡は原則、銀行や貸金業者でなくても行うことができ、設定される譲渡価格も売る側と買う側の双方が納得すれば問題ないとされているので、法律上の制約もありません。ファクタリング会社に支払うのも、利息ではなく手数料ということになります。

 

ファクタリング手数料にはなぜ幅が生じるのか

ファクタリング手数料が安いほうが、手にすることができる現金も大きくなります。売掛金のリスクの審査次第で設定される手数料の割合は異なりますが、2社間ファクタリングの場合のファクタリング手数料5.0%~40.0%、3社間ファクタリングの場合は1.0~5.0%であることが多いようです。

2社間ファクタリングは手数料にずいぶん幅があると思うかもしれませんが、審査が甘いファクタリング会社ほどファクタリング手数料は高くなり、審査が厳しいファクタリング会社ほどファクタリング手数料は安くなる傾向がみられます。

審査が厳しいといっても、銀行などで実施される審査とは違い、比較的柔軟な対応ではありますが、ファクタリング会社の審査基準や売掛先信頼性の高低によって変動しやすい部分です。

 

高い手数料のファクタリングを継続利用すると赤字に転落の可能性大

中小企業の売上高経常利益率の平均値は3%台、大企業は4%台で、稼ぐことができている企業でも多くは10%に満たないことがほとんどです。

もしファクタリング手数料を10%で設定されたファクタリングを毎月継続して利用すると、売上が10%減になるとも考えられ、経常利益率が10%程下がることを意味します。

そうなると多くの中小企業は経常利益赤字転落すると考えられますので、ファクタリング手数料の設定はできるだけ安いほうがよいといえます。

 

ファクタリングは2社間より3社間のほうが手数料は安い!

ファクタリング手数料が10%未満で設定されるファクタリングを利用するのは、2社間ファクタリングより3社間ファクタリングを選ぶこと、そして複数のファクタリング会社から相見積もりを取得することが必要です。

多くの中小企業では、ファクタリングを行う事実を売掛先に知られたくないと考える傾向がみられます。ファクタリングを行う理由は企業により様々ですが、売掛先には資金繰りに問題があると判断されてしまう可能性があるからです。

そうなると、今後の取引に悪影響が及ぶことも考えられるので、ファクタリング手数料が高くなったとしても、売掛先に通知を行わない2社間ファクタリングのほうがよいと感じるのかもしれません。

ただ、ファクタリング手数料だけに着目した場合には3社間ファクタリングの方がファクタリング手数料は圧倒的に安くなります。

 

まとめ

良心的なファクタリング会社の場合、2社間ファクタリングでも3~5%、3社間ファクタリングになると1%前後で利用できるなど、ファクタリング会社によっても設定はかなり異なる傾向がみられます。

そのため、しっかり判断するためにも2社間ファクタリングよりは3社間ファクタリングがファクタリング手数料は安くなること、依頼するファクタリング会社を決めるときには相見積もりを取得して比較・検討することが大切だと理解しておくようにしましょう。