私がこのファクタリング業者を選定した理由をご紹介!


ファクタリングは簡単にいえば早く現金の確保を可能とする資金調達方法で、金融機関から融資を受けることができない経営者でも利用できる方法です。しかしファクタリング業者は数多く存在しており、どこの業者を選定すればよいか初めての時は特に迷いが出ます。ここでは私が経営を立て直すにあたり、どのような業者を選び、どこに注目したのかなどをご紹介しますので業者選定の参考にしてみてください。

ファクタリングの特徴

保有している売掛金をファクターというファクタリング業者に償還請求権無しで売却し、売掛先の支払サイトの期日前に資金が支払われます。融資とは異なる仕組みですので、返済の必要もなく利息もかかりません。短期間で資金が必要な人、信用情報に傷があることや債務超過などで金融機関から資金調達できない人、税金や年金の滞納がある人、金融機関への返済が苦しいので返済計画を変更している途中の人など、ファクタリングを活用した資金調達を検討することで資金繰りがスムーズになる可能性があります。

比較サイトを参考に数社をピックアップ

私の場合には金融機関から融資を受けることが困難なため、ファクタリングを利用することを検討したわけです。業者選定の際に悪徳業者を利用しないため、実績の高い業者はどこか注目しながらいくつかピックアップしていくようにしました。比較サイトなどを参考に評価が高いところから選んだのですが、その中にファクタリング業者としてのサービスだけでなく、経営コンサルティング会社としても運営をしているところがありました。

経営コンサルと同時にファクタリング

経営と資金繰りの支援を同時に行っているということは、経営状況や事業を把握した上で何が問題なのかを整理し、解決できる方法を支援してもらえると感、相談してみようと思い連絡してみました。そもそもファクタリングは日本ではあまり馴染みのない方法で、手形とも異なるようだしどのような仕組みかも良くわかってなかったと思います。しかしそのような疑問点にもしっかりと答えてくれるなど、対応の良さがまずは決め手となりました。

問題解決のための改善計画の策定

さらにこちらの経営の実態を把握した上で、問題点の抽出、組織の構造や事業形態なども踏まえた分析が行われ、その後の戦略シナリオを策定した問題の改善計画を立ててもらえました。また、ファクタリングの手数料はどうじても高く感じてしまいますので、その場限りの資金繰りではなく、さらにその先の資金繰りをどのような流れで行うかという中長期的な視点での分析をしてもらえたことが良かったです。

親身になってくれる業者が一番!

実際にファクタリングが資金繰りにどのようなメリットを与えていくのか、その後の資金繰りについて一緒に考えてもらえることは非常に心強かったです。ファクタリングを始めて利用する場合は特に不安が大きいものです。そのような不安な点を質問した時に、面倒がらずにしっかりと対応してくれるのか、その場だけのファクタリングによる資金調達で一時しのぎをするだけではなくその先までアドバイスしてくれるのか、など長くお付き合いができる業者を選んだことが経営を改善させることに繋がったと思います。