評価の高いファクタリング業者の特徴とは?


ファクタリングを扱う業者にも種類があり、銀行系、銀行系以外のファクタリングを専門とする業者、売掛金だけでなく商品在庫や家賃収入、備品といったものの資金化全般を行う業者など色々です。しかし中には悪徳な業者も存在しており、実際にファクタリングを利用する場合には業者選びが重要になります。どのようなファクタリング業者が評価の高い優良な業者なのか、その特徴を知っておくと悪徳業者につかまることはなくなるでしょう。

ファクタリング業者選びで注意したいこと

ファクタリング業者を選ぶ時には、その業者の評価や財務状態なども確認することが必要になります。事務所が存在していることはもちろんのこと、対応する担当者が誠実かどうかも確認したほうが良いでしょう。そしてファクタリングの場合、基本的には面談審査が必ず発生すると言えます。相手が信頼できるかどうかはまず会って話をしなければわからない部分ですが、悪徳業者の場合にはオフィスではないカフェなどで事前に合うことになるようです。また、連絡先が固定電話ではなく携帯電話のみの場合なども悪徳業者の可能性が高いため注意しましょう。

優良業者は必要書類が多い?

優良な業者になるほど、ファクタリングの審査にかかる書類が多くなる可能性が高いでしょう。審査に必要になる書類は、一般的には全部事項証明書(登記簿謄本)、代表者の本人確認書、決算書、納税証明書、売掛金請求書の控え、売掛先との取引契約書、通帳の写しなどです。悪徳業者の場合には必要書類がほとんど必要ないというケースもありますので、信頼性が高い業者を選ぶためにも注意しておきましょう。

優良業者だと経営コンサルティングの相談も可能

そして優良なファクタリング業者の場合、経営コンサルティングにも力を入れていることがあります。経営コンサルティングでは集客やブランド力の向上、経費削減、節税と様々な部分で相談やアドバイスを受けることができますが、資金繰りもその1つです。ファクタリングを行う目的が資金繰り改善のきっかけであれば、それも踏まえたその後のアドバイスをしてもらえる可能性が高くなります。また、売掛金に加えて商品在庫や備品、設備など資金化できる資産については資金化を可能とするサービスも行っているケースもあります。

資金繰り改善はファクタリング業者次第?

ファクタリングさせて終わりではなく、資金繰りが改善できるためのコンサルティングまでしっかりお世話してくれる業者のほうが、その後の資金繰りを改善させるためにも安心です。継続的にサービスを受けることによって、経営が少しずつでも改善できるきっかけになる可能性があります。そのためにも良い業者を選び、ファクタリングを利用するようにしましょう。