すぐに資金を調達できると誘う詐欺まがいの悪徳業者には注意!


資金を調達しなければならないけれど、どこからも借り入れができずに困っている場合、甘い誘い文句で資金を調達できると促されると、ついフラフラと騙されてしまいがちになってしまうかもしれません。

しかし、個人や法人に関係なく、詐欺目的でファクタリング契約を結ぼうとする悪徳業者が増えていることに十分注意してください。

悪質な融資詐欺にもさまざまな手口がありますので、どのようなトラブルが多いのか事前に確認しておき、どれほど資金に困ったとしても詐欺に遭わないように心がけておきましょう。

 

詐欺まがいのファクタリング契約は法外な手数料請求が特徴

ファクタリングは、売掛債権の支払期日よりもにその債権を現金化することができるため、早く資金を得たいと考える場合には非常に有効な資金調達の手段です。

ただ注意しておきたいのは、ファクタリングを利用するときには売掛債権額から手数料が差し引かれることになるという点です。

差し引かれる手数料は、丸々ファクタリング会社の儲けというわけではなく、利用する際にかかる実費なども含まれています。

しかし、ファクタリングを利用した詐欺をはたらこうとする悪徳業者に依頼してしまうと、この手数料が法外ともいえる多額な料金設定となっており、資金繰り改善を目的に利用するつもりが資金ショートに繋がってしまう可能性もあるため十分な注意が必要です。

 

契約書が作成されていないのに現金化?

悪徳業者の場合、早く売掛債権を現金化できることを売りにしています。通常であれば、ファクタリング契約を結ぶときには、提示された情報に対する審査が行われるはずので、契約書作成などもなくあっという間に現金化されるということは悪徳業者である可能性が高くなります。

ファクタリングにかかる費用の請求も、本来なら契約書を作成し、契約内容に従った請求がなされることになります。しかし、その契約書が作成されていなければ、後出しで多額の費用を請求されることとなってしまいます。

 

控えを渡されていない場合も要注意!

また、作成されたはずの契約書の控えを受け取っていない場合も、その内容が書き換えられてしまう可能性がありますので、そのような場合は悪徳業者である可能性が高いと判断できるでしょう。

いざ契約を結んだ後に、契約内容とは異なることを要求してきたり、売掛先に内容証明を発行するなど脅迫し、ファクタリング契約を継続させようとするケースもあるようです。

 

いくら資金に困っても自分が詐欺を行う立場にならないように!

反対に、資金調達を行おうとする方がファクタリングを利用して詐欺行為をはたらこうとするケースもあります。

そもそもファクタリング契約のときには、ファクタリング会社に対して売却する売掛債権の情報や、ファクタリングに関する自社の状況などの申告が必要です。

しかし、実在しない債権をファクタリング会社に持ち込んで資金を得ようとする行為や、少しでも希望額に見合う額を調達したいと、嘘の申告を行う行為などもゼロではないようです。

ただ、ファクタリング会社もプロですので、嘘の報告や架空の売掛債権に気が付かないわけはありません。

このような詐欺行為や虚偽の報告は、結局、審査にかかる時間が長くなり、結果として双方の信用により成立する取引が行われなくなるため、ファクタリング自体利用できなくなると考えておくべきです。

 

ファクタリングの二重契約はファクタリング会社に対する詐欺行為になる

2社間ファクタリングを利用する場合には、売却される売掛債権を買い取ったことを証明するために、ファクタリング会社のものであるという登記を行うことがあります。

この登記を債権譲渡登記といいますが、登記を行っておくことで他社に対象となる売掛債権を買い取られる心配がなくなり、ファクタリング会社にとっては二重契約を防ぐことに繋げることが可能です。

ただ、債権譲渡登記を行えば、当然その情報は登記所(法務局)に登録されますので、万一、売掛先が確認に行けば売掛債権が譲渡された事実を知られてしまう可能性が出てきます。

そこで、ファクタリング会社によっては債権譲渡登記を留保してくれるなど、柔軟な対応を可能としている会社もあります。しかし、その善意を悪用して別のファクタリング会社に譲渡済みの債権を持ち込み、二重契約を結ぼうとするケースもあるようです。

二重契約を行うということは、債権が実在すると見せかけてファクタリング会社に詐欺を行ったことになります。行為が判明すれば資金調達ができなくなるだけではすまされず、法的措置を講じられる可能性も出てきますので絶対に行わないようにしましょう。

 

まとめ

資金を調達できずに困っていると、よい条件ばかりを並べてファクタリングを利用させようと詐欺をはたらく悪徳業者の甘い誘惑に乗ってしまいたくなるかもしれません。しかし一度利用してしまえば、資金繰りが改善されるどころか倒産の危機に追い込まれることになってしまいます。

詐欺をはたらく悪徳業者は、違法な高金利や脅迫を行って金銭の貸し付けを行う闇金融から派生していることが多いといわれています。闇金融を利用するということは、企業経営が継続できなくなることを意味することは十分に理解できることでしょう。

依頼するファクタリング会社を間違ってしまうと、その後の経営に大きな悪影響を及ぼしてしまうことになりますので、信頼できるファクタリング会社に依頼するようにしてください。