ファクタリングで資金を調達するときに必要な書類とは?


ファクタリングを資金調達に利用する場合、ファクタリング会社で実施される審査を受けることが必要です。

審査といっても融資を利用するときのような難しい内容ではありませんが、申し込みに必要な書類を準備しておくことで、よりスムーズな資金調達が可能となります。

そこで、ファクタリングを利用するためにはどのような審査の流れになるのか、それに伴う必要な書類を把握しておきましょう。

 

ファクタリングの審査が実施されるまで

まず、ファクタリングには、ファクタリングを利用する会社、そしてファクタリング会社との2社だけで契約を結ぶ2社間ファクタリング、それ以外に売掛先も契約に加わる3社間ファクタリングがあります。

3社間ファクタリングの場合、売掛先に売掛債権を譲渡することの承認を得ることになるため、審査から契約までの手続きが2社間よりも複雑です。

中小企業の場合、取引先との関係にひずみが生じると、その後の取引に影響が及びやすいといえます。そのため、資金繰りで困っている事実を取引先に知られたくないというニーズも高く、2社間ファクタリングが多く行われている状況です。

 

2社間ファクタリングの審査の流れ

 

仮審査

仮審査においては、ファクタリングを利用する会社の信用調査、売掛先が実在するのか、希望する金額が枠内に収まるのかなどの整合性を確認するために実施されます。

資本金や売上規模、業種、希望するファクタリング金額、売掛先、入金を希望する時期などを求められることが一般的です。

 

本審査

仮審査の後で本審査となりますが、仮審査で伝えた情報に虚偽がないか、証拠書類の提出を求められます。

 

書類審査と面談

ファクタリング会社が書類を確認し、直接ファクタリングを利用する会社との面談を行います。

 

契約

契約締結後、売掛債権の売却代金から手数料を差し引いた金額が入金されます。

 

ファクタリング審査で必要な書類

ファクタリングの申し込みを行い、審査を受けるためにはさまざまな書類の提出が必要です。

なお、2社間ファクタリングは売掛先の同意を必要としない手続きですが、、必要とする書類は代わりません。

 

  • ●決算書(税務申告済み捺印があるものを2~3期分)
  • ●直近の取引入金が確認できる書類(銀行の通帳や当座通帳照合表など)
  • ●取引先との基本契約書
  • ●成因資料(発注書・請求書・納品書など)

 

ファクタリングを利用する会社と売掛先との取引の存在を確認するため、基本契約書で確認することになります。

ただし、実際に発注が行われているかを発注書で確認し、売掛債権がいくら発生しているのか請求書で確認できます。また、商品やサービスの提供が行われ納品が済んでいるかについては、納品書で確認ができます。

柔軟な対応が可能なファクタリング会社であれば、基本契約書がなくてもその他の書類で代替え対応してもらえる可能性があります。ひとまず簡易審査だけ受けたいという場合でも、通帳と請求書だけで対応できる場合もあるので、まずは相談してみましょう。

 

ファクタリングを利用する会社に対しても審査を行う理由

他にもファクタリングを利用する会社のパンフレットや3か月以内の商業登記簿などの提出を求められることもあります。

いずれにしても、ファクタリングを利用する会社に対する審査で重視されるのは、経営状況や財務状況などではなく、債権を回収した後でその売上代金を送金してくれるのかという部分といえるでしょう。

 

ファクタリング契約を締結するときの書類

2社間ファクタリングの場合、

  • ●債権譲渡契約
  • ●集金業務に対する業務委託契約

という2つの契約を結びます。

売掛債権が売却することに伴う債権譲渡契約の他にも、なぜ集金業務に対する業務委託契約も必要なのか疑問を感じる方もいるでしょう。

2社間ファクタリングの場合、ファクタリング会社が売掛先に直接、売掛代金の支払いを請求することはありません。代わりにファクタリングを利用する会社が売掛代金を受け取り、その後、ファクタリング会社に回収した代金を支払うという流れです。

通常通り、期日に売掛金の代金を受け取り、すでに現金化させた売掛代金をファクタリング会社に支払うことになるため、ファクタリング会社の代わりに集金してもらうという意味合いで業務委託契約を締結します。

 

まとめ

ファクタリングは急いで現金を準備しなければならないという場合でも対応可能な資金調達の方法です。

特に中小企業が多く利用する2社間ファクタリングであれば、申し込みから審査、面談、契約、入金という流れまで、一般的には2~3日、早ければ即日で手続きが完了します。ただし、即日に審査を完了させたいのなら、事前に必要な書類を揃えておくことが必要です。

また、利用するファクタリング会社によって、設定されている手数料は差があります。手数料が高いと、もともと受け取ることができたはずの売掛代金を大きく下回ることとになり、一時的な資金繰りの解消にしかなりません。

継続して資金繰りを改善させるためにも、どのくらいの手数料が発生するのか事前に確認することも忘れないようにしましょう。