口コミから確認!ファクタリングで大切なのは業者選び!


ファクタリングを利用したいけれど仕組みが良く理解できないという人や、本当にファクタリングを利用した人の口コミ情報が知りたいという人など、ファクタリングを検討する場合にまず知っておきたいことは様々です。しかし知り合いや取引先などにファクタリングについて詳しい人がいるわけでもなく、仮にいたとしてもなかなか資金繰りに苦戦している状況は伝えにくいものでしょう。そこで実際にファクタリングを利用していた経営者の方に、利用したきっかけや業者選びのポイントなどを教えてもらうことが出来ましたので参考にしてみてください。

ファクタリングを利用したきっかけは何ですか?

お話をしてくれた経営者の方は建設業を営む方で、ファクタリングを利用したのは事業開始後の軌道に乗る前段階だったようです。資材を調達や労働者の給料など、毎月支払う必要のある費用は発生し続ける中で売掛先からの入金までに時間がかかることを当初理解できていなかったそうです。

ファクタリングでトラブルや問題はありましたか?

実際に利用されたのは3社間ファクタリングだそうですが、売掛先に建設業という業種の特徴を理解してもらえたそうで、売掛先との信頼関係が築けていたことが大きかったそうです。しかし注意したいのはファクタリング会社の中で悪徳業者と言われる業者で、しっかりと見極めを行うことが大切だということです。

建設業はランニングコストで苦しむ?

建設業のような業種では売上計上と入金までに差があり、手持ち資金がないとランニングコストの捻出が困難な状況になる可能性があります。ファクタリングは銀行やノンバンクからの融資も不可能という状態でも活用できるため、一刻も早く資金調達を考えるのであれば有用な手法です。売掛先にも知られることなく資金繰りがスムーズに流れることができれば、事業も軌道に乗ることができるでしょう。

売掛先に知られたくないなら2社間ファクタリング

もし売掛先にファクタリングの事実を知られたくないのであれば2社間ファクタリングという方法もあります。業績が悪化すれば銀行から融資を受けることができなくなります。そのような状況になれば資金繰りは改善されず、結果として倒産という状況に陥る可能性もありますので迷っているなら2社間ファクタリングという方法を選択することも必要になるでしょう。

重要なのはやはり信頼できる業者を選ぶこと

今回お話してくださった経営者の方は、売掛先に黙っていることができなかったので承諾を得た上で3社間ファクタリングを利用されたようですが、企業と取引先との関係は色々です。自社に合うファクタリングの方法を選ぶことも大切だと言えますが、最も大切なのはやはり親身になってくれるファクタリング業者との縁を持てるかだと教えてくれました。こちらのサイトでも口コミで評判の良いファクターを紹介していますので、間違いのないように実績や信頼性の高い業者を選ぶようにしてください。