【2020.10】ファクタリング業者選びは口コミを参考にすることも大切な理由


ファクタリングを利用する際には、どの業者が良いのか口コミや評判などを比較し検討することとなるでしょう。

しかし口コミなどのファクタリング情報だけでは、すべての業者が中小企業の経営者が抱えている悩みを解決してくれると判断できません。

そこで、口コミや評判などを確認しながらファクタリング会社を選ぶとき、どの部分に注視すればよいのか解説していきます。

 

口コミで2社間を利用するときに注意したいこと

2社間ファクタリングで資金調達する場合、多くの経営者は資金不足などで切羽詰まった状況であることが多い傾向にあります。

早く口コミや評判などを参考にしながらファクタリング会社を選び、すぐにでも資金を調達したいと考えてしまうものでしょうが、けっして焦って契約してしまわないことが大切です。

特に地方の場合はファクタリング会社の数も少なく、口コミや業者に対する評判など情報は多くありません。そのため限られた口コミを参考に業者同士を比べて選ぶことになり、結果として足元を見られてしまい、高い手数料を延々と取られ続けてしまう可能性にも注意が必要です。

 

契約の際に手数料を一気に引き上げてくる業者には注意!

ファクタリング会社側も、2社間ファクタリングを検討している企業が急いで売掛金を現金化しならけばならない状況であることは把握しています。

特に2社間ファクタリングは、ファクタリング会社によっては即日現金化が可能であるなど、急いで資金が必要という場合にも対応できる点が大きなメリットです。

そのためファクタリング会社も申し込み後の見積もり段階で、はやく契約してもらいたいと考え、驚くほど安い手数料を提示しようとする業者もあります。

しかしこの場合、契約当日になって信用力の低さや書類不備などを理由とし、手数料割合を一気に引き上げてくる悪徳業者も存在しますので注意してください。

即日お金が必要という場合でも、見積もり段階と契約段階の手数料があまりにかけ離れている場合には、口コミや評判などを確認してみることが大切です。

 

広告内容と異なる場合は口コミを参考に!

ファクタリングを利用することを決めた理由として多いのは、インターネット検索などでファクタリング会社の公式サイトを閲覧した際、『銀行融資を断られた方でも大丈夫』『即日資金準備可能』など魅力的なうたい文句がきっかけというケースです。

確かにファクタリングは銀行融資の審査で通らなかった企業でも利用可能となることが多く、さらにファクタリング会社によっては即日売掛金を現金化させることができる点がメリットです。

それに加え、手数料などが低めに記載されていれば安く売掛金を現金化できると魅力に感じてしまうものでしょう。ただ、実際には公式サイトに記載のあった割合ではなく、手数料が大幅に高い場合もあるようです。

あくまでも顧客を誘うために手数料を安く掲載しているだけという場合もあるので、実際に利用したことのある方の口コミや評判、ランキングなどを参考にしながら本当に相談してよいファクタリング会社か判断していきましょう。

 

ヒアリングを行わず書類の提示も求めない業者は危険

ファクタリングの審査では、ファクタリング会社に売却する予定の売掛債権の内容・売掛先企業からの入金予定日・売掛先企業の信用力など様々な項目が確認され、買取の可否や手数料が決定されます。

そのためファクタリング会社もファクタリングを利用しようとする企業と向き合うために、経営者には審査において現状をしっかり伝えてもらうことを必要としますし、書類の提示を要求されることになります。その上で、数字の意味や経営状態を確認・見極めるという作業を行っていくからです。

ファクタリング会社にとってヒアリングや書類の提示を求めることは欠かすことのできない作業ですが、情報や書類の提示を求めず即日契約させようとする業者悪徳業者である可能性が高いため注意しましょう。

 

ファクタリング会社との面談は基本!

ファクタリング契約の前にはファクタリング会社と利用者で面談を実施することが一般的ですが、この際に当初伝えられていたヒアリングの内容や過去の入出金記録などを確認し、ファクタリング利用後の資金繰りなども確認していきます。

遠方などで店頭まで出向くことができない企業に対しては、出張対応などでファクタリング会社から足を運び面談を行うケースもあるほどです。

しかし遭えて面談を行おうとしない業者や、直接対面することを避けようとする場合には、店舗などを持たない悪徳な業者である可能性が高くなるので注意してください。

特に即日お金が必要という場合は慌てず、口コミなどでもしっかり面談が行われている業者かチェックしておくと安心です。

 

ファクタリング手数料が安いからと飛びつかないこと

ファクタリングはうまく活用すれば資金繰りを改善できる仕組みです。しかし高い手数料で契約してしまうと、資金繰りが改善するどころか反対に悪化させる可能性も出てきます。

伝えられた手数料があまりに安いと感じる場合、口コミなどで本当に安心して利用できるファクタリング会社なのかチェックし、複数の業者から見積もりを取得して売却する売掛債権の相場も確認しましょう。

手数料は安ければ安いほど十分な資金調達につながりやすくおすすめではありますが、法人・個人事業主にかかわらず、手数料だけでファクタリング会社選びをしないようにしてください。