借金のジャンプとは|ヤミ金と消費者金融のジャンプへの考え方の違い


あまり、一般的には耳にすることのない金融業界の用語にジャンプという言葉があります。

借金のジャンプとは、一般的に利息のみを支払うことですが、ヤミ金業者と正規の消費者金融などで使用される意味はまったく異なります。

そこで、ヤミ金業者と消費者金融、それぞれどのようなことを指す言葉として使われているのか、その内容をご説明します。

消費者金融で行われるジャンプとは

もし消費者金融でお金を借りたとき、返済日になっても返すお金が手元になかった場合、返済額の一部は後日に繰り越す利息一部払いを行うことジャンプといいます。

本当なら返済しなければならないお金の一部だけ返済することで、延滞扱いにはならず返済日を先延ばしするという方法です。

ただ、誰でもジャンプが可能であるわけではなく、整合性が認められ次回の返済日には返済されると確信されたときに許可される方法といえます。

消費者金融としても、返済できないといっているのに無理に追い詰め、利用者が債務整理や自己破産などに至ってしまえば貸したお金が返ってこなくなることを懸念して許可します。

せめて利息だけでも支払ってもらうことにより、次回からスムーズに返済してもらえるならと考え受け入れる形となるようです。

消費者金融でのジャンプは何度も利用できるわけではなく、すべての金融業者が認めているわけでもありません。

ヤミ金業者が行うジャンプとは?

消費者金融が行うジャンプとヤミ金業者が行うジャンプは、似ているようで目的がまったく異なります。

消費者金融の場合は、利用者からスムーズに返済してもらうことを目的としてジャンプを認めることになりますが、ヤミ金業者場合はジャンプにより利息を得ることが目的です。

もしヤミ金業者からお金を借り、期日に返済ができない場合にはヤミ金業者のほうからジャンプを勧めてきます。

返済できないのなら、利息分だけ支払ってもらえればよいと善良なフリをして勧めてくるので、それはありがたいとあっさりジャンプしてしまう利用者もいることでしょう。

ただ注意したいのは、お金を借りたときに発生する利息は元金に対しての金利であるという点です。

ヤミ金業者としては、返済されて元金が減ってしまえば、その分、搾取できる利息も少なくなるため、むしろジャンプにより元金はそのまま据え置いて欲しいと考えて勧めてきます。

そもそも違法な高金利で取引を行うのがヤミ金業者なので、元金を減らさないことで多くの利息を搾取できるジャンプこそが、一番の収入源となるわけです。

借金をジャンプすることは良いことではない

借金をジャンプするという言葉は、本来なら返すべき返済額のうち、元金部分は残して利息だけを支払うことです。

返済したくても出費がかさみ、支払いができず困った…という場合、消費者金融などに利息だけの支払いで対応してもらえないか相談することです。

決まった額すべては返すことができないけれど、一部だけ返済することで次の返済日に更新されることになるため、延滞せず返済を続けることができる手続きともいえます。

借金を抱えた方にとってはありがたい仕組みに感じるかもしれませんが、元金を減らすことはできず、単に返済期間を伸ばすだけなので、ジャンプを続けることは決して好ましいことではないと理解しておきましょう。

 

消費者金融はジャンプを懸念材料と考える

消費者金融でジャンプが認められるケースはそれほど多くなく、仮に認めてもらったとしても続けて何度もジャンプはできません。

もしジャンプの相談をしたとしても、なぜ返済ができないのか、いつなら返済ができるのかを必ずたずねられます。

相談内容に矛盾がなく、つじつまがあっていると捉えられた場合には、そのとき限りでジャンプしてもらえることはあっても、2回、3回と続ければ、いずれは連帯保証人に請求がなされる可能性もでてくると理解しておきましょう。

 

ヤミ金業者が使うジャンプの手口

仮にヤミ金業者に借金をしてしまい、支払いができないことを相談したとしたら、比較的簡単にジャンプを勧めてくるでしょう。

なぜなら、ヤミ金業者は貸したお金を完済してもらっては困るからです。ヤミ金業者の場合、違法な金利で発生する利息こそが収入源のため、できるだけ長く借り続けてもらう必要があると考えます。

そのため、返済日にお金が足りないので全額返すことができないと相談を持ちかけると、今回は利息のみ支払うように伝えられます。

 

もしヤミ金業者の借金をジャンプした場合…

しかし、仮に10日で1割の利息が発生するヤミ金業者で借金をした場合、5万円借りただけでも10日で利息は5千円です。

10日後の返済日に5万5千円を支払えば完済できますが、その金額を用意できなければ利息部分の5千円のみ支払いジャンプすることになります。

さらに10日後、には5万5千円の1割である5千500円を利息として支払うことになり、完済するためには6万500円必要と要求されます。

ジャンプを続けて利息分だけを支払うと、完済するために必要な金額がどんどん高くなるので、あっという間にとても返済できないような金額にまで膨れ上がってしまうのです。

 

更新手数料を請求されるケースもある

ジャンプの際には利息の支払いだけでよいと快諾し、その代わりに更新手数料を別途請求されることもあるようです。

もし更新手数料を支払うことができなければ、借用書の書き換えなどを行い、一度は精算して再度貸し出したような形で取引しようとします。

当初借りた金額と同額を上乗せで貸し付けするような形で契約し、そこからそれまでの利息と更新手数料を差し引いた額を貸し付けてきます。

しかし実際に手元に入るのは、利息と更新手数料が差し引かれたわずかなお金でありながら、借金の元金は当初の倍にまで膨れ上がってしまうのです。

次の返済日には、その膨れ上がった元金に対する利息を含めた金額を返済しなければ完済できません。

このように、一度ヤミ金業者からお金を借りてしまうと、たった数日で雪だるま式に借金が膨れ上がり、とても返済できる状況には至れなくなると理解しておくべきでしょう。

 

明らかに違うヤミ金業者と消費者金融のジャンプへの考え方

ヤミ金業者と消費者金融とでは、ジャンプに対する考え方はまったく異なります。

資金力にゆとりのある大手の消費者金融などであれば、ある程度はジャンプされたとしてもまだ余裕があるので問題ないと考えるかもしれません。

しかし、街金と呼ばれるような地元で貸金業を営む金融業者の場合、その人が返済不能に陥って残った残高が貸し倒れになるリスクの高さをまず考えます。そのためジャンプを容認しない傾向が高くなるといえるでしょう。

それに対して、ヤミ金業者はジャンプをあっさり快諾します。それは、ジャンプによりさらに自分たちの利益が増えるからです。

利用者が完済しようとすると、ヤミ金業者のほうから、「なるべく無理せず、今回は利息分だけ受け取るようにしてもよいですよ。」と声をかけてくることがあるほどです。

 

まとめ

消費者金融などで1度でもジャンプをした場合には、次の返済日には少しでも多めに返し、遅れた返済分を取り戻す努力事をすることが大切です。

たとえ千円や2千円というわずかなお金でも、少しずつ先に返済を続けることで早期に借金を完済させることに繋げることができます。

そしてヤミ金業者からは絶対にお金を借りないことが基本です。