ファクタリングは小口の売掛金や個人事業主でも利用可能?


銀行融資に依存することなく、資金を調達する方法として注目されているのがファクタリングという手法です。

保有する売掛金をファクタリング会社に売却し、即日現金化できることでも中小企業から注目されています。

ファクタリングのニーズが高いのは中小企業だけでなく、個人事業主も同じです。しかし、個人事業主が保有する売掛金は比較的小口のものが多いことなどを理由として、法人だけを対象とするファクタリング会社がほとんどです。

では、個人事業主や小口の売掛金ではファクタリングは利用できないのか、なぜ多くのファクタリング会社が法人を主に顧客対象としているのか解説していきます。

 

銀行融資だけに資金調達の手段を依存するのは危険

現在は超低金利時代といわれる状況のため、銀行との取引の実績を作るためにも銀行融資も有効活用したいところです。しかし、いくら低金利とはいえ、銀行融資も借金にはかわりありません。銀行融資だけに依存することは、経営を不安定にさせてしまう可能性があります。

また、銀行は常に安定している企業などにはすぐに融資を実行しますが、本当に資金を必要としている状況において、すんなりとお金を貸してくれるとも限りません。融資姿勢や審査のレベルなども頻繁に変わるため、安心できない部分もあります。

中小企業や個人事業主など、経営基盤が弱く規模が小さく事業者は特に、銀行融資だけに依存しているといざというとき資金を調達する方法を失ってしまう可能性があるといえるでしょう。

その点、ファクタリングは融資や借り入れではなく、売掛金を売却することによって回収期間を早める形で資金を調達できる方法です。

 

ファクタリングなら借金を増やすことなく資金調達が可能に!

ファクタリングは、売掛債権を、取引先の支払い期日前に資金化する調達方法です。

連帯保証人や、担保も必要ありませんので、資産に乏しい中小企業や個人事業主、事業継続年数が短くて、連帯保証人を頼める知り合いがいないという経営者にもおすすめの方法になります。

借入ではありませんので、ファクタリングで資金調達しても、借入金の残高は増加しません。借金の返済義務も負いませんし、借入金が増加して、財務内容が悪化するということもありません。

 

個人事業主は不可のファクタリング会社が多い!その理由

ファクタリングは売掛金など売掛債権を保有していることが必要です。そして、この売掛金の信用力の高さがファクタリングを利用できるかどうかを左右します。

実際、個人事業主の場合は売掛金を保有していない場合も多く、ファクタリングを利用したくてもできないケースも少なくありません。

仮に売掛金を保有していても、ファクタリング会社の中には個人事業主からの売掛債権は買い取り対象としていない場合がほとんどですが、その理由は次のとおりです。

 

売掛債権が不安定

ファクタリングは、保有する売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらわなければ成立しない取引です。そのため、売掛先の経営状況など信用力が重視されることになります。

もし売掛先の経営状況が不安定な場合、ファクタリング会社は買い取りを拒否することになるでしょう。

個人事業主の場合、継続した取引における売掛金を多く保有していることはそれほど多くなく、安定した売掛債権とは言い難い部分があります。

売掛先の規模が小さい場合は売掛債権の評価が低くなることも多いと理解しておいてください。

 

売掛債権が小口

個人事業主の場合、保有する売掛金の金額自体が少ないため、買取可能とする売掛債権に下限を設けているファクタリング会社では取り扱ってもらえなくなってしまいます。

 

売掛債権の支払期日までが長い

売掛金の代金が入金されるまでの期間が長期に渡る場合、ファクタリング会社には好まれにくくなります。それでも安定した信用力の高い売掛債権であれば問題ないでしょうが、個人事業主の場合は万一代金が期日どおりに支払われなかったとしても強く催促する手段が少ない傾向です。

そのため、回収ができないという貸し倒れリスクの高い売掛債権と判断されてしまい、ファクタリングに利用できないケースも少なくありません。

 

まとめ

もし小口の売掛金をファクタリングに利用したい場合や、個人事業主が利用を希望する場合には、事前に利用可能か、またその際に支払うこととなる手数料はどのくらいか見積もりをしてもらいましょう。

1社だけでなく、数社から相見積もりを取得することで、小口の売掛金でも買い取ってくれるファクタリング会社は見つかるはずです。

個人事業主が利用可能とするファクタリング会社を見つけて、何度かファクタリングの利用実績を作ることにより、かかる手数料も少しずつ低くなっていくはずです。

安定した資金調達源とするためにも、まずは小口の売掛金を買い取ってくれる、個人事業主でも対応可能なファクタリング会社を探すようにしてください。