悪徳なファクタリング会社にファクタリングを依頼しないために


売掛債権を資金化するファクタリングを資金調達の方法として利用する中小企業は増えつつあります。ただ注意したいのは、売掛債権の買い取りを行うファクタリング会社によって、ファクタリングにかかる手数料の設定や、取引形態、内容などが異なる点です。

中には法外ともいえる手数料を設定する悪徳業者ともいえるファクタリング会社も存在します。

資金繰りを改善させるためにファクタリングを利用したのに、悪徳なファクタリング会社を利用してしまうと十分な資金を調達できなくなってしまいます。

そこで、悪徳なファクタリング会社にファクタリングを依頼してしまわないための方法をご紹介します。

 

ファクタリングの手数料はどのように決まるのか

ファクタリングの依頼をファクタリング会社が受けると、売却の対象となっている売掛債権の信用力を調査します。

調査の結果、売掛債権の信用力が高く十分に回収が見込めると判断された場合、低い買取率が適用されて手数料もその分安くなります。

反対に信用力が低く回収不能に陥るリスクが高いと判断されてしまうと、買取率は高めに設定されて手数料も上がり、ときには買い取ってもらえない可能性も出てくるでしょう。

 

ファクタリングは償還請求権なしでの契約が一般的

ファクタリングにおいては、買い取った売掛債権が、もし売掛先の倒産などで回収不能となった場合でも、ファクタリングを利用した会社はその責任を負う必要はありません

ファクタリング会社からも弁済を求めることはされませんので、貸し倒れリスクはすべてファクタリング会社が負う形となります。

そのため売掛債権の信用力は審査において非常に重要視される部分であり、リスクの高低によって買取率が変わることが一般的となっています。

 

ファクタリングは取引形態によっても手数料が異なる

ファクタリングには2社間と3社間という2つの取引形態が存在します。このうち2社間ファクタリングでは、ファクタリングを利用する会社とファクタリング会社だけで取引を行うこととなり、売掛債権の売買が行われる事実は売掛先に知られることはありません。

日本の商習慣においてはまだファクタリングが根付いていない状況であり、売掛債権を売却して資金を得ることは、経営状態が悪い会社であるとイメージされてしまうこともあります。

そのため、売掛先に知られずにファクタリングを行いたいと考える中小企業がほとんどのため、多くが2社間での取引を希望します。

 

ファクタリング会社にとってはリスクの高い取引

問題なのは、2社間ファクタリングにより売掛債権が現金化された後、その売掛代金の支払いはファクタリングを利用した会社の口座に入金される点です。

すでに売掛債権は売買されているため、入金された売掛代金はファクタリング会社にスライドさせることが必要となります。

しかし、資金繰りに困った状況であれば、ファクタリング会社にスライドさせず他の支払いに流用してしまうかもしれません。

このような未回収リスクの高さから、3社間よりも2社間は買取率が高く設定される傾向が高く、相場としては10~30%での取引となることが多くみられます。

 

3社間ファクタリングの相場

なお、3社間ファクタリングにおいては、間に売掛先を挟む取引形態となり、売掛債権が譲渡される事実も売掛先に通知されます。

ファクタリング後の売掛代金も、売掛先からファクタリング会社の口座に支払われることになるため、流用される心配はありません。そのため、買取率は2社間よりも低く、1~5%で設定されることが多くなります。

 

悪質なファクタリング会社が行う取引内容

正規のファクタリング会社であれば、コンプライアンス体制も整備されているため、相場どおりの買取率での手数料での取引ができるはずです。

しかし悪質なファクタリング会社の場合、相場よりかなり高めの買取率が適用されるなど、本来のファクタリングでの資金調達の意味をなさない取引となってしまいます。

悪質なファクタリング会社を利用した場合の事例をいくつかご紹介しますので、何かおかしいと疑問を感じるときには取引を行わないようにしましょう。

 

  • ・電話で行った審査での買取率と契約時の買取率が大きく異なるケース
  • ・審査に必要な書類をFAXで送信しただけなのに勝手に契約を結んだことになっていたケース
  • ・提示された契約書について何の説明もされず、押印を迫られたケース
  • ・2社間なのに売掛先に売掛債権を譲渡すると脅されたケース

 

初回の審査では20%での買い取りできると伝えられていたのに、いざ契約の段階になるとリスクを勘案して40%の買取率で取引することになったなど伝えられ、契約するまで帰してもらえないといったケースもあるようです。

また、契約内容の説明をしっかり受けて、納得した上で取引を行いたいのに何も説明してもらえなかったり、そもそも契約書の控えが渡されないというケースもみられます。

足元をみた契約内容で少ない資金を提供しようとしたり、一方的に契約を結ぼうとする行為にも注意してください。

 

まとめ

ファクタリングは中小企業が資金を調達する上で便利な手法ではあります。しかし、悪徳なファクタリング会社を利用してしまうと、本来であれば得ることができた金額を受け取ることができなくなり、十分な資金調達ができなくなってしまいます。

安心して資金を調達するためにも、第三者目線でもっともよいと判断できる優良なファクタリング会社に依頼するようにしてください。